iPad iPadレビュー

脱失敗|iPadでお絵描きしたい人はどのモデルを買えばいいのか?

脱失敗|iPadでお絵描きしたい人はどのモデルを買えばいいのか?

悩んでいる人

・iPadでお絵描きしたいけれど、どれを選んだら良いの?

・iPadでお絵描きするための初期費用を知りたい。

 

このような方に向いている内容になります。

 

筆者

【筆者経歴】

美大卒でデザイナー8年目

アナログで5年以上描いた経験あり

現在|iPad第8世代32GBモデルを使用

 

この記事のポイント

・自分にあったiPad選びができる

・経験者がオススメするデバイスがわかる

お絵描きに向いているモデルはどれか?

お絵描きに向いているモデルはどれか?

結論:一概には言えません。

 

個人的な意見ですが『iPadAir第4世代+ApplePencil第2世代』を購入すれば、大半の人は問題がおきないと思っています。

 

ただその場合、オーバースペックになってしまったり、予算をこえてしまったりします。そのため、お絵描きにオススメできるモデルは『一概に言えない』という結論になります。

 

・デジタルアート初心者の方

・すでにアナログで作品を仕上げた経験がある方

・お絵描き以外の用途にも使いたい方

・極力価格を安くしたい方

・外出先でお絵描きしたい方

 

上記のように『使う場所・予算・お絵描き経験』などで、オススメできるiPadは変わります。

 

 

お絵描き用途でのiPadの選び方

筆者
では例をだしながら、選び方の目安を説明していきます。

 

初心者はiPad第8世代

初心者はiPad第8世代が良い

最新世代第8世代
価格38,280円~49,280円(税込)
重さ490g
画面サイズ10.2インチ
性能A12 Bionic
フルラミネーションディスプレイ×
端子Lightning
認証Touch ID
容量32・128GB
ApplePencil第1世代

オススメな方

・価格を抑えたい方

・お絵描き初心者の方

・趣味でお絵描きしたい方

 

このような方は、エントリーモデルの『iPad第8世代128GBとApplePencil第1世代』がオススメです。

 

iPad第8世代は1番スペックが低いモデルとはいえ、お絵描きをするだけならば十分な性能があります。

 

iPad第8世代だから、処理落ちする・上手に描けないということは一切ありません。なんなら動画編集も全然できますよ!

 

▼参考までに以前描いた絵

iPad第7世代フルラミネーションディスプレイ非対応モデルで描いた絵

 

iPad第8世代とApplePencil第1世代でも『線の強弱』『ペン傾き』も再現できており、アナログとの差はほぼないです。

 

わたしは、美術大学を経て5年以上アナログで絵を描いてきましたが、この再現性には本当に驚きました。

 

ただ、iPad第8世代はフルラミネーションディスプレイではないので、ディスプレイとペン先にガラス1枚の隔たりを感じます。使うとすぐに慣れますが。

 

▼【注意点】フルラミネーションディスプレイは非対応

【注意点】フルラミネーションディスプレイは非対応

 

筆者
ちなみに我が家でもiPad第8世代を使用しています。

 

価格的に32GB/38,280円の方を選択したくなると思いますが、できれば128GB/49,280円を選択することをオススメします。詳しくは後ほど説明します。

 

\想定価格レンジ/

価格 ※ApplePencil+フィルム+ケース含
32GBモデル約55,000円
128GBモデル約66,000円

 

▼iPad第8世代の記事はコチラ

コスパ最強!iPad第8世代とApplePencilの感想・レビュー・開封|イラスト・ゲームに向いています

続きを見る

 

 

長期で考えるなら
iPadAir第4世代

長期で考えるならiPadAir第4世代

最新世代第4世代
価格69,080~87,780円(税込)
重さ458g
画面サイズ10.9インチ
性能A14 Bionic
フルラミネーションディスプレイ
端子USB-TypeC
認証ホームボタンTouch ID
容量64・256GB
ApplePencil第2世代

オススメな方

・お絵描き初心者~中級者の方

・動画編集にもチャレンジしたい方

・高解像度のお絵描きする方

・漫画を描きたい方

 

このような方は、iPadAir(第4世代)がオススメです。

 

今後何年か利用することを考えるならば『iPadAir第4世代とApplePencil第2世代』を購入しておけば、まず問題がおきないと思います。

 

iPadAir第4世代はスペックも高性能で『ディスプレイサイズ・電力効率・端子・容量』これらすべてが中間モデルとして最適化されています。

 

本当に素晴らしいデバイスです。

 

▼iPad第8世代と比較すると、ベゼルが少ない分、ディスプレイサイズが大きいので、お絵描きしやすいと思います。

iPadAir第4世代 iPad第8世代 比較

 

また、端子がUSB-TypeCになっているので、外部のデバイスに接続できたり、ストレージが足りない場合は外付けのストレージを追加できます。

 

予算を考慮しないのでしたら『iPadAir第4世代とApplePencil第2世代』を購入することをオススメします。

 

iPad第8世代との差

ディスプレイサイズが大きく、フルラミネーションディスプレイとApplePencil第2世代に対応しているので、描き心地は上位互換です。

 

iPad第8世代と比較すると性能差はありますが、動画編集などを使用しない限り、その差は体感できないかなと思います。

 

それくらいiPad第8世代も性能があるので。

 

端子がUSB-TypeCで外部デバイスに接続できるので、より本格的にクリエイティブをしたい方にオススメです。

 

\想定価格レンジ/

価格 ※ApplePencil+フィルム+ケース含
64GBモデル約90,000円
256GBモデル約108,000円

 

 

持ち運びに適している
iPadmini

持ち運びに適しているiPadmini

最新世代第5世代
価格50,380~69,080円(税込)
重さ300g
画面サイズ7.9インチ
性能A12 Bionic
フルラミネーションディスプレイ
端子Lightning
認証Touch ID
容量64・256GB
ApplePencil第1世代

オススメな方

・お絵描き初心者の方

・ゴロゴロしながら絵を描きたい方

・趣味でお絵描きしたい方

・外出先に持っていきたい方

 

このような方は、iPadmini第5世代がオススメです。

 

性能はiPad第8世代とほとんど同じですが、軽さとフルラミネーションディスプレイに対応している点がiPad第8世代との違いになります。

 

ただ、お絵描きを目的に購入を検討しているのでしたら、iPadminiはあまりオススメできません。

 

理由としては、お絵描きする場合は画面サイズがかなり重要です。アプリのインターフェース(ボタン・ツール類)の占有率を考慮すると、iPadminiの場合ですと描けるスペースが少なすぎると思います。

 

筆者
例えるなら、小さい机にパレットや絵具をたくさん置いて描く感覚に近いと思います。机狭いな・・・的な・・・

 

以前iPadminiを持っていたのですが、むちゃくちゃ軽いので動画鑑賞・読書の方に向いているデバイスだと感じました。

 

\想定価格レンジ/

価格 ※ApplePencil+フィルム+ケース含
64GBモデル約86,000円
256GBモデル約105,000円

 

 

仕事で利用する方
iPadPro

仕事で利用する方はiPadPro

最新世代11インチ第3世代・12.9インチ第5世代
価格94,800~279,800円(税込)
重さ11インチ466g・12.9インチ682g
画面サイズ11インチ・12.9インチ
性能M1チップ
フルラミネーションディスプレイ
端子USB-TypeC
Thunderbolt / USB 4ポート
認証Face ID
容量128・256・512GB・1TB・2TB
ApplePencil第2世代

オススメな方

・プロのイラストレーターの方

・入稿などフローがある方

・高解像度のイラスト/漫画を描きたい方

・4Kの動画編集をしたい方

・iPadですべてのデータを管理したい方

・大きい画面でお絵描きしたい方

 

このような方は、iPadProがオススメです。

 

性能はM1チップ搭載で、タブレットのレベルを超越しています。M1チップは最新のMacにも搭載されている高性能CPUです。

 

プロでもこのデバイスはオーバースペックになるのではないかなっと思うくらい、すごい性能を秘めています。

 

既にiPadに慣れていて、PCを使わずにiPadで生活したい方にオススメできるデバイスです。

 

また、iPadProはディスプレイサイズが異なる2種類(11・12.9inch)が存在します。正直なところ、11inchの方を選択するのでしたら、iPadAir第4世代の方がコスパが良い気がします。

 

iPadAir第4世代との差

性能・ディスプレイサイズ・ディスプレイ美しさ・電力効率が、iPadProが圧倒しています。

 

また、iPadProの端子もUSB-TypeCなのですが、さらにThuderbolt・USB 4の規格に対応しているので、外部デバイスとのデータ転送速度が圧倒的に速いです。

 

価格は可愛くないですが、凄まじいレベルのデバイスです。

 

\12.9inch 想定価格レンジ/

価格 ※ApplePencil+フィルム+ケース含
128GBモデル約151,000円
256GBモデル約163,000円
512GBモデル約187,000円
1TBモデル約235,000円
2TBモデル約283,000円

 

以上が、選び方の目安になります。

 

筆者

大半の方は、iPad第8世代とiPadAir第4世代で悩むのではないでしょうか。

ただ、iPadでお絵描きをするにはApplePencil・保護フィルム・ケースは必要だと思いますので、よく考えて検討してみてください。

 

 

ApplePencilの違いについて

現在ApplePencil第1世代と第2世代がでています。大きな違いは以下になります。

 

違い1:充電方法

▼ApplePencil第2世代はiPadの側面にくっつけて充電とペアリングができます。

ApplePencil第1世代と第2世代の違い充電とペアリング

 

▼ApplePencil第1世代はiPadの端子にさしこんで充電とペアリングができます。

ApplePencil第1世代と第2世代の違い充電とペアリング

 

 

違い2:性能

第2世代は、ペンの側面が平らになっていて、ダブルタップでペンツールと消しゴムツールの切り換えができます。お絵描きに特化しています。

第2世代は、ペン側面が平ら ペンツールと消しゴムツール 切り替え

第1世代はそのような機能はありません。

 

▼まとめるとこのような違いです。

ApplePencil 第1世代ApplePencil 第2世代
税込価格¥11,880(税込)¥15,950(税込)
フォルム円筒型のため転がる1部平面のため転がらない
充電・ペアリング差し込むくっつける

 

ApplePencil第2世代の方がビジュアル的にスマートですし、対応しているiPadPro・iPadAirの方が描画回数が多いので線も滑らかに描けると思います。

 

ですが、あくまでツールはツールです。

 

ApplePencil第1世代だからといって、画力に影響することは無いと思います。プロのイラストレーターの方も、以前はApplePencil第1世代で成果を出しているので。

 

 

注意:第1世代と第2世代で互換性はない

1点注意してほしいポイントがあります。

 

ApplePencil第2世代に対応しているモデルは、ApplePencil第1世代を使用できません。逆も同じです。

 

ここは注意しましょう。

 

例えば、iPad第8世代を購入した後に、やっぱりiPadAir第4世代に買い換えたい場合、本体の費用だけではなくApplePencil第2世代の費用もかかります。

 

▼ApplePencil対応表

iPadiPadAiriPadPro
第7世代 = AP1第3世代 = AP1第4世代 = AP2
第8世代 = AP1第4世代 = AP2第5世代 = AP2

AP=ApplePencil略

 

 

お絵描きを始めるためのコスト比較

お絵描きを始めるための費用比較

価格 ※ApplePencil+フィルム+ケース含
iPad 第8世代
32~128GB
約55,000円
約66,000円
iPadAir 第4世代
64~256GB
約90,000円
約108,000円
iPadPro12.9inch 第5世代
128GB~2TB
約151,000~283,000円

iPadでお絵描きするために必要なコストを、ざっくり洗い出してみました。

 

iPadAirですと90,000円~なのでノートPCが購入できてしまいますね。これに加えて、キーボード・マウスを追加購入すると、さらに費用は上がります。

 

ちなみに最新のiPadならば、キーボード・マウスの接続は可能です。

 

費用を抑えたい方からすると、iPad 第8世代32GBの約55,000円を選びたくなりますよね。

 

ただ個人的にはストレージ容量が多い以下3モデルがオススメです。

 

おすすめの3モデル

iPad第8世代      128GB|約66,000円
iPadAir第4世代   64GB|約90,000円
iPadAir第4世代 256GB|約108,000円

※ApplePencil・フィルム・ケースを含めた概算価格です。

 

では、なぜストレージ容量が多いモデルがオススメなのか説明していきます。

 

 

新型iPadは
どれも性能が高いから

お絵描きを目的としたiPad選びでは、性能よりも容量(ストレージ)が重要になると思います。

 

理由としては、最新のiPadはどれを選んでも性能は十分高いからです。性能の差よりも、ストレージが不足の方に問題が起きると思います。

 

ストレージ不足は、例えるならば【スマホが容量いっぱいで、常に警告がでる状態】です。

 

何かをするたびにアプリや保存したデータを削除する状況は、結構ストレスではないでしょうか。

 

 

ストレージは余って正解だから

ストレージ容量の大きいモデルを購入したけれど、結果としてストレージが結構余ってしまった。

もったいないな・・・

 

このような気持ちになる事も理解できます。

 

ですが『ストレージは余っている状態が、1番気持ちよく使える状態』です。

 

容量があれば、アプリをたくさん入れて色々試したりもできるので、よりiPadライフを楽しめると思います。

 

またiPadには、システムで使用されるストレージが10GB近くがあり、表記されている容量すべてを利用できませんのでご注意ください。

 

注意

▼iPad第8世代32GBの場合

自由に使用できる容量は約20GB

-

▼iPadAir64GBの場合

自由に使用できる容量は約52GB

 

このようなこともあるので繰り返しになりますが、以下のモデルがオススメです。

 

おすすめの3モデル

iPad第8世代      128GB|約66,000円
iPadAir第4世代   64GB|約90,000円
iPadAir第4世代 256GB|約108,000円

※ApplePencil・フィルム・ケースを含めた概算価格です。

 

iPadAir

最強の中間端末

A14Bionic チップ搭載

ApplePencil第二世代対応

69,080円(税込)~

8

性能

8

イラスト

7

4K動画編集

5

価格

iPad第8世代

コスパ最強モデル

A12Bionic チップ搭載

破格38,280円(税込)~

イラスト・動画編集も大丈夫

6

性能

6

イラスト

5

4K動画編集

10

価格

▼iPad第8世代32GBが良い方はコチラをチェック

【脱失敗】iPad第7世代/第8世代は32GBで足りる?足りない?128GBにすべき?【用途別ストレージ比較】

続きを見る

 

 

いずれiPadはお絵描き以外にも使うから

iPadはお絵描き以外にも使える

ストレージが大きいモデルをオススメする理由はもう1つあります。

 

iPadはお絵描き以外にもたくさん使えるからです。

 

iPadって大きいスマホみたいなイメージがありますが、iPadはその性能の良さからPCの代わりとして利用する人も少なくありません。それくらいたくさんの用途に使用できます。

 

ココがポイント

・アニメーション制作

・動画編集

・映画 / 動画鑑賞

・書籍を読む

・ネットショッピング

・ゲーム

・家計簿をつける

・メール

・表計算

・プログラミング

・学習用のノートまとめ など

 

このような使い方もできるので、お絵描き以外の目的がいずれ生まれます。その際にストレージが少ないモデルですと、後悔すると思います。

 

せっかく利用するならば、思いっきりアプリをダウンロードで色んな方法で楽しんでみてください。

 

筆者
こんなのも練習次第で作れちゃいます。

iPadお絵描き アニメーション

iPadAir

最強の中間端末

A14Bionic チップ搭載

ApplePencil第二世代対応

69,080円(税込)~

8

性能

8

イラスト

7

4K動画編集

5

価格

iPad第8世代

コスパ最強モデル

A12Bionic チップ搭載

破格38,280円(税込)~

イラスト・動画編集も大丈夫

6

性能

6

イラスト

5

4K動画編集

10

価格

 

 

お絵描きにはペーパーライクフィルムはお供

イラスト制作にはペーパーライクフィルムは必須

ペーパーライクフィルムとは、紙の質感を再現する保護フィルムになります。

 

ApplePencilとの相性が抜群で、画用紙のようにザラザラしているので紙に描いているような描き心地になります。ブランドによって描き心地や質感がもちろん異なります。

 

iPadでお絵描きするならば、ぜひ購入しましょう。本当に紙に描いている体感ができます。フィルムは2,000円以下でだいたい購入できますよ。

 

▼ペーパーライクフィルムについてはコチラ

【ペーパーライクフィルム比較】美大卒デザイナーが選ぶオススメ紹介【iPad】

続きを見る

 

 

オススメのお絵描きアプリ

筆者
最後にオススメのアプリを紹介します。

 

【無料】ibisPaint

お絵描き用アプリ【無料】ibisPaint

1つめはibisPaintです。iPhoneでも専用のアプリがありますが、初心者の方はこのアプリ使えば全く問題ないです。

 

無料なのに、プロでもこのアプリで問題ないと思えるくらい品質が高いです。機能性・素材量が圧倒的に多く素晴らしいです。

 

 

 

【無料】MedibangPaint

お絵描き用アプリ 【無料】MedibangPaint

こちらもアイビスペイントと同様に有名なアプリです。機能性・素材量が多く素晴らしいです。

 

漫画を描きたい方に向いているアプリかなっと思います。

 

このアプリの良いところは、会員登録登録すれば無制限クラウド機能があり、描いたデータはクラウドに保存しておけばデバイスの容量を消費しない点です。

 

 

【有料】Procreate

お絵描き用アプリ 【有料】Procreate

iPadの有料お絵描きアプリといえばProcreateと言えるくらい有名です。

 

描き心地や操作性は非常によく、自分専用の筆・パレットをカスタマイズできます。描いていて心地よいアプリですね。

 

他にもCLIP STUDIO PAINTやAdobeのソフトなど、iPad専用にたくさんにアプリがリリースされています。それぞれ個性があるので、ぜひiPadを購入した際は、色々試してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ:脱失敗|iPadでお絵描きしたい人はどのモデルを買えばいいのか?

注意点まとめ

・初心者の方はiPad第8世代もしくはiPadAir第4世代

・iPadminiは悪くないがお絵描きとの相性は良くない

・ApplePencil第2世代に対応しているデバイスはApplePencil第1世代は使えない。逆もしかり。

・基本はストレージの大きいモデルで選ぶ

・システムで使用される容量があるので、表示されている容量はすべて使えない

・お絵描き以外の用途にもいずれ使う

 

おすすめの3モデルはコチラ

iPad第8世代      128GB|約66,000円
iPadAir第4世代   64GB|約90,000円
iPadAir第4世代 256GB|約108,000円

※ApplePencil・フィルム・ケースを含めた概算価格です。

 

iPadでお絵描きは、結構楽しいですよ。描き放題ですから。

 

トータルコストをみると尻込みしてしまいますが、それくらいの価値は感じます。悩んでいるならば一度購入してみることをオススメします。

 

何かあるとiPadをササっと取り出せて、お絵描き以外にも楽しめますからね。Hulu・Netflixとか結構見てしまいます笑

 

iPadは未来の自分への投資と考えて、チャレンジです。失敗しても、Apple製品はメルカリで売却すれば高値で売ることもできますよ。

 

ただ、iPadProなどの高価なものは無理して購入せず、自分の予算にあったものを選択してみてください。

 

楽しいiPadライフを!

 

▼最新iPadの比較表はコチラ

iPadはどれがいい?最新モデルの選び方と比較【重さ/価格/スペック/サイズ/ApplePencil】

続きを見る

 

 

商品リンク

iPadPro

もはやMac!?

高性能M1チップ搭載

最大メモリ16GB

94,800円(税込)~

10

性能

10

イラスト

10

4K動画編集

3

価格

iPadAir

最強の中間端末

A14Bionic チップ搭載

ApplePencil第二世代対応

69,080円(税込)~

8

性能

8

イラスト

7

4K動画編集

5

価格

iPad第8世代

コスパ最強モデル

A12Bionic チップ搭載

破格38,280円(税込)~

イラスト・動画編集も大丈夫

6

性能

6

イラスト

5

4K動画編集

10

価格

iPadmini

持ち運びに便利

A12Bionic チップ搭載

300gで最も軽い

45,800円(税別)~

6

性能

6

イラスト

4

4K動画編集

7

価格



-iPad, iPadレビュー

© 2021 ZRデザインラボ