【脱失敗】iPad第7世代/第8世代は32GBで足りる?足りない?128GBにすべき?【用途別ストレージ比較】

iPad第7世代は32GBで足りる?足りない?128GBにすべき?
こんにちは。
zrdesignlabo(@zrdesign)です。

『iPad第7世代は32GBで足りるのか?』についてお話できればと思います。

※2020年9月に第8世代もリリースされましたね。
ストレージ容量は32GBと128GBモデルなので、この記事を読めばストレージ選びで失敗しないかなと思います。

・iPad第7世代/第8世代は32GBで足りるの?

・iPad第7世代/第8世代は128GBの方がいいの?

・ゲーム/イラスト/電子書籍ってどれくらいの容量があるの?

・ストレージ選びで失敗したくない!

↑↑こんな方にオススメできる記事になっています。

 

 この記事のポイント

①いろんな用途別の容量がわかる

②ストレージ選びに失敗しないように防げる

 

 この記事の内容は動画でも解説してます。

 

結論【足りなくなる可能性が高い】

 

結論から申し上げますと


『32GBでは足りなくなる可能性が高い』
です。


人それぞれの用途・環境で、足りる人も足りない方もいるためです。


『オススメはどっち?』とお聞きされた場合、
正直なところを言ってしまうとストレージ容量が大きいモデルがオススメです。


理由としては、
ストレージが圧迫された時のストレスが非常に大きいからです。
例えば、スマホの容量が増えて、どのデータも消せない状況は、結構ストレスではないでしょうか。


この記事をご覧になられている方は、おそらく下記のモデルで悩まれているのではないでしょうか。

・iPad第7世代  32GB 価格34,800(税別)
・iPad第7世代128GB 価格44,800(税別)

・iPad第8世代  32GB 価格34,800(税別)
・iPad第8世代128GB 価格44,800(税別)

価格的に32GBは非常に魅力があります。
ただ、この1万円の差は大きいと思います。


加えて


ストレージ容量の大きい128GBモデル購入して、いざ使用したもののiPadのストレージが結構余ってしまったら、どこかもったいない気持ちになる事も想像できます。


こういった気持ちもすごくわかります。
ですが、『ストレージは余っている状態が一番気持ちよく使える状態』です。


ご予算があるならば『128GBモデル』の方をオススメします。

 

予算的に32GBにしたいと思われる方は以下をご覧ください。

 

今回、わたしたちのわかる範囲でですが、『ベンチマークとなるデータ容量』『ストレージを少し増やす小技』の調査しました。


大きくわけて6種ほど調べました、

①システム

②ゲームアプリ

③vod(ビデオオンデマンド)

④電子書籍

⑤イラスト

⑥動画編集


全て正しい数字ではないとは思いますが、
ストレージ選びの参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

01.システムデータ

iPadのシステムデータ幼鳥
ストレージ選びの大前提として
iPadには、必ず使用されるストレージが3つあります。

①システムデータ 約5GB

②その他のシステムデータ 約1〜5GB

OSのアップデート必要な容量 約3GB

※少し多めに見積もっています。


この機能で、10GB近くストレージが使用されます。


つまりこの段階で
iPadの32GBのうち

自由に使用できる容量は約20GBとなります。

ストレージ容量のすべてを、自由に使用できるわけではないということですね。

 

 

 

02.ゲームアプリ

iPadゲームアプリの容量
今人気のアプリを、複数インストールして調査してみました。

 

①フォートナイト   約5~7.5GB

②PUBG      約2.5GB

③fgo       約1~2GB以上

④デレステ             約1~5GB以上

 

上記のアプリで
トータル約17GBです。


PUBG・フォートナイトをインストールした時点で、結構圧迫されてしまいますね。


※課金でスキンを入手すれば、さらに容量が増えるかもしれませんね。


また、キャラクターを集める、いわゆる『キャラゲー』は、ゲームの進捗率(キャラの取得数)で容量は大きく変動します。


FGOのインストール時は500MBでした。
ですが、ゲームを進めながらガチャを回していていたら、2GB以上に膨らんでいました。


ゲームによりけりですが、
インストールできる数がかぎられると思います。


容量の大きいゲームアプリをする場合は、
3〜5個くらいが上限かもしれません。

 

 

 

03.VOD(ビデオ・オン・デマンド)

iPadビデオオンデマンドの容量

AmazonプライムとNetflixを調査してみました。

動画(中画質) ダウンロード容量

①映画1本(1時間45分) 約500MB

②アニメ/TV番組 1話(30分程度) 約2〜300MB

上記のような
データ容量がかかりました。


ざっくりと計算すると

映画        約40本
アニメ/TV番組 約70本


これらの数字で、32GBの容量が一杯になる計算です。
※システムデータを含めています。


もしも、高解像度で動画をダウンロードした場合は、もっと増えると思います。


VODの場合はダウンロードをせずに、通信で視聴する方が容量の節約になりますね。


もしもダウンロードした場合は、
見終わった動画データは、随時削除していく方がよさそうですね。

 

 

 

 

 

04.電子書籍

iPad電子書籍のデータ容量
楽天koboで調査しました。
本のページ数・大きさ・画像数でも変わります。

①通常書籍(A5判)  1冊/約30MB
②専門書(A4判)   1冊/約300MB

上記のような
データ容量がかかりました。


ざっくりと計算すると

①通常書籍(A5判)  約660冊
②専門書(A4判)   約65冊

で容量が一杯になる計算です。
※システムデータを含めています。


電子書籍も大量に購入を予定している方は、注意が必要そうですね。

 

 

 

05.イラスト制作データ

iPadイラスト作成データ
イラスト制作アプリの『Procreate』で、1枚あたりの容量を調査してみました。


上記の画像ですが、
『1枚/約15MB』でした。


ちなみにこちらのデータは高解像度ではなく、約A4の画像サイズ・レイヤー数は10枚程度です。


ざっくり計算すると、
『約1300枚描くと容量が一杯』になります。
※システムデータを含めています。


ただ、『高解像度・レイヤー数が多いデータ』の場合は、
1枚/約500MB以上の場合もあると思います。

 

ですので、イラスト中心にiPadを使用したい方でしたら、


『どのくらいのサイズ』

『どういったものを描くのか』


上記を、きちんと想定した方がよさそうです。

 

 

 

06.動画編集データ

iPad動画編集データ容量
動画編集の場合は、
『動画データと動画編集データ』を合わせて算出しました。


1分半ほどの動画で、約1GBでした。


動画編集をたくさんする場合は、iPad第7世代の32GBモデルでは足りません。


『256GBストレージのiPadPro』+『外付けストレージ』が必要だと思いました。

 

 

 

用途別ストレージまとめ

調査データをまとめると

①システムデータ(12GB)を考慮する

※以下システムデータの容量を踏まえています。


②ゲームアプリ
 →3〜5個が上限


③VOD(中画質)
 →映画約40本・アニメ / TV番組 約70本


④電子書籍
 →通常書籍 約660冊 / 専門書 約70冊


⑤イラスト
 →低解像度 約1200枚 / 高解像度50枚以下


⑥動画編集
 →容量は絶対不足。※機能的には問題なし。

 

以上が
調査結果になります。


注意点
・①~⑥を全て足すと32GBではないです。
・①+②~⑥のどれか1つで32GBになります。
 

 

 

クラウドサービスの利用について

iPad icloudの料金表
ここで思われるかと思いますが、


『iPad32GBで足りないなら、クラウドサービスの利用でいいんじゃない?』っと疑問になると思います。


ですが、クラウドはあまりオススメはできません。


理由としては、
クラウドは、読み込み・同期に時間がかかるのでストレスを感じます。


また、サブスクリプションで月々お金を支払う場合ですが、


iCloudですと
『200GB 月/400円』
かかります。


長期的にみると、2年で1万円近くかかります。


ですので、クラウドを追加するならば、ストレージの大きいモデルをオススメします。


ただ、クラウドにつきましては、我が家でも賛否両論があるので、非常に難しい問題ですね。

 

 

ストレージを節約のルールと32GBモデルの感想

我が家では、簡単なルールを設けています。

①不要なデータは削除
②写真/動画はため込まないでPC・iPhoneに送る
③イラストも不要な編集データは削除

といった感じです。


実はわたしたちも、購入前にめちゃくちゃ悩みました。


ただ、結果として、iPad32GBモデルで満足しています。


理由としては、
デザイン系の作業はPCをメインにしているからです。 

 

iPadでは6つの作業をしています。

①軽めのイラスト
②ブログ執筆
③電子書籍
④VOD
⑤ノートまとめ
⑥ちょっとした動画編集

これらをメインしているため、ストレージ不足にはなりませんでした。

 

 

iPadのストレージを増やす小技集

どうしても予算的にiPad第7世代32GBでないと難しいという方は、下記にちょっとだけストレージを増やせる小技を記載します。

 

Googleドライブを使用する

apps.apple.com

こちらは、Googleのアカウントがあれば、無料で1GBクラウドストレージを使用できるサービスです。

写真・動画以外にも、どんなデータでもあげられて自由に管理ができるのは、最高です。

 

Googleフォトを使用する
Google フォト

Google フォト

  • Google LLC
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

こちらも、Googleのアカウントがあれば、無料で無制限に写真のバックアップをとることができる神サービスです。

写真や動画は、ここに保存すれば、その分のストレージの空き容量を作れますね。

 

DropBoxを使用する
Dropbox

Dropbox

  • Dropbox, Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

apps.apple.com

こちらはGoogleドライブとほぼ同じです。
Dropboxのアカウントを作成すれば、無料で1GBのクラウドを利用できます。

 

Boxを使用する
Box - Cloud Content Management

Box - Cloud Content Management

  • Box, Inc.
  • ビジネス
  • 無料

apps.apple.com

こちらはGoogleドライブやDropBoxとほぼ同じです。
ですが、容量が非常に大きいです!無料で10GBのクラウドを利用できます。

 

購入物リンク

購入している一覧を載せておきます。
一番左がiPad第8世代です。

 

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

iPad第8世代32GBモデルはコスパが最高のため、128GBのモデルを購入してしまうと、せっかくの最安のうまみがなくなってしまう等の迷いがあると思います。 


ですが、ストレージは余ってこそ正しい状態ということを考慮すべきかなとも思います。

 

また、
iPadの購入を検討するなら、


『何に使用するのか』


上記を明確にすることが一番大事です。


iPhoneを利用している方でしたら、現在の使用状況と比較して、iPadをどれくらい使いそうか想像してみるとよさそうです。


今回いろいろ調査はしましたが、全てが絶対的に正しい情報ではない思います。


必ず数値の前後はしまうのでご留意ください。

あくまでも参考程度にしていただけると幸いです。

 

 

以上です。
つたない文章や誤った情報等ございましたら、ご容赦くださいませ。

よろしければ
zrdesignlabo(twitter) のフォローよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

記事公開日:2020年3月22日/記事更新日:2020年9月16日