【カップル必読】同棲で喧嘩しない部屋探しする方法【内見評価ツール公開】

同棲お引っ越し体験談2

こんにちは。
zrdesignlaboです(@zrdesign)

同棲で喧嘩しないお部屋探しする方法についてお話します。

・内見しすぎて、どこの何がよかったんだっけ?

・どこもよくて迷ってしまう…

・内見したけど、お互いゆずれないポイントがあり決めかねている。

↑↑こんな方にオススメできる記事になっています。

先にシートを見たい方はコチラ

 

 この記事のポイント

・内見した物件を一覧で管理できる
・お部屋探しで、お互いに譲れないポイントがわかる
・内見した評価/感想が点数制で管理できる

 

 

同棲で喧嘩しないお部屋探しする方法

内見評価ツール

結論、内見評価ツールを作成しました。
 

 

リンクはコチラです!



内見評価ツールを作成した結果

・決めかねていた原因がわかる
内見しすぎの混乱予防できる
お互いに譲れないポイントがわかる

上記のようなことが可能になりました!


客観的に、物件をみる事ができ、なぜ悩んでいたのだろう…っと後で笑い話になりました。


※ツールの説明については、このまま読み進めていただければ、下の方にあります。

 

 

ツール作成の経緯と理由

内見地獄の状況

今年(2019年)の6月に同棲を目的とした引っ越しをしました。


その際に内見を「9件」しました。


『少ない!』っとおっしゃられる方もいると思いますが、個人的には一般の平均よりも多いと感じました。(実際、めちゃくちゃ苦労しました…


状況としては、様々なサイトやアプリで物件ばかり見つつ、2ヵ月間毎週末内見・不動産屋に行ってました。


そして、普段温厚な2人でもなかなか決まらず少し揉めました笑

画像1

 

内見地獄の主な原因

①お互い初めての同棲であったこと
②お互いに家探しの優先条件をちゃんと共有できていなかったこと
③内見を進めていくと、条件に欲がでたこと


また、様々な要因(嘘情報等)に振り回されて、余計混乱してしまいました笑
アラサーのカップルが大パニックです。

 

 

内見地獄の解決策

かつて、友人からの『内見を比較できるシートが便利だよ!』といったアドバイスを思い出し、すぐにGoogleスプレッドシートで作成してみました。

画像3

 
シート作成時に注意したポイント

①お互いのウィッシュリスト(希望)をいれる
②細かい評価事項を用意し、5段階評価にすること


上記のみをとりあえず意識しました。


ここからは、スムーズに決まりました。
改めて記入したウィッシュリストで出た答えは

①綺麗=築浅
②駅近=通勤便利
③2LDK=広さ

 

人間味まる見えの答えでしたが


それを踏まえて、
物件の評価から一番点数の高いものに絞り込みました。
そしてそのまますんなり決定しました。
今まで悩んでいたのは、何だったのか…


たまたま仮申し込みのキャンセルが入る偶然も重なりました。


家賃は当初の予定よりも、少し高くなってしまいました。
ですが、とても満足いく結果になりました。

内見自動評価ツールは、コチラです!

 

 

内見自動評価シートについての説明

画像3

◆シートの目的
- 状況の整理
- お互いの意思の言語化
- 内見した物件を忘れないため

◆シートのフォーマット
- Googleスプレッドシート

◆Googleスプレッドシートとは
- ほぼExcelと思っていただいて大丈夫です。
- Googleアカウントさえあれば、いつでも誰でもご利用が可能です。
※アプリもあるので、スマホでも見ることが可能です。

◆Googleスプレッドシートのメリット
- 無料!!
- ネット環境があればいつでも見れます。
- 複数人で同時に見ることも編集することも可能です。
※超便利です!!

 

 

保存方法

画像4

◆保存方法

URLからシートを開き「ファイル」から「コピーを作成」をクリック
②自分のGoogleドライブに保存されます。
基本はご自由にご利用ください!

 

 

使用手順

画像5

◆手順1

- ニックネーム欄にご自身の名前を記入してください
※記入するとお名前が必要なところに自動で反映されます。

画像6

◆手順2

- 希望欄にそれぞれの優先的な条件を記入してください。
※お互いが何を必要としているかが明確になります。

画像7

◆手順3

- 手順2で出た条件から「家賃/面積/間取り/駅からの距離等」を具体的な数値にし、 総合条件の内容の欄に記入してください。

※物件を決定する必須条件が洗い出せますよ!

画像8

◆手順4

- 候補欄の条件「雰囲気/立地/内観/外観等」を、自由に変更してください

※そのままで問題なければ変更しなくても問題ございません。それぞれの物件のどこを評価基準にするかを明確できていれば大丈夫です。

画像10

◆手順5

ここは、内見後に記入していただければと思います。


- 候補欄に物件名を記入し、5段階評価と感想を記入してください。
- 5段階評価をすると、すぐ下の物件評価のグラフが更新されていき、自動で物件毎の評価点数が比較できます!!


※どの物件が一番好印象だったのかを、一覧で見ることができます。

 

以上
ツール使用方法
の説明です。

 

データの共有方法

画像9

◆データの共有
他の方(同棲する方など)に共有する場合は、共有可能なリンクをお渡しするだけです。
※全体公開にしておくとURLさえ知っていれば誰でも見れてしまいます。そこだけは要注意です。

 

 

おわりに

同棲の場合お互いに譲れない条件等がきっとあると思います。


口論やケンカになる前に、状況を具体的にして、気持ちいいスタートをきれると良いですよね。


そんな考えもあり、読んでくださった方々の「スムーズに納得のいくお部屋探し」のお手伝いができればと思い共有させていただきました。


次は、内見のノウハウがありますので、準備でき次第アップしていきます。

 

 

以上です。
つたない文章や誤った情報等ございましたら、ご容赦くださいませ。


もしよろしければ
zrdesignlabo(twitter)のフォローよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

記事公開日 : 2019年11月30日/記事更新日 : 2020年2月15日