iPad iPadレビュー

iPadはどれがいい?最新モデルの選び方と比較【重さ/価格/スペック/サイズ/ApplePencil】

iPadはどれがいい?最新モデルの選び方と比較【重さ/価格/スペック/サイズ/ApplePencil】

今回は『最新のiPad』を徹底比較してみました。

 

悩んでいる人

・iPadの購入を検討してる!

・iPad買うならどれがいいの?

・iPadの費用ってまとめるとどれくらい?

・iPad選び方で失敗したくない

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

この記事のポイント

①iPadについて網羅的に理解できる

②選び方がわかる

③購入コストを把握できる

④コスパの良いモデルがわかる

 

iPadは続々と最新モデルが発売され、どれがいいのか迷うことが多くなりましたね。値段・感覚で「これでいいや!」っと決断すると後々後悔してしまうと思います。

 

この記事では、細かく比較していますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

この記事の内容は動画でも解説してます。

▼iPadでイラストを描きたい方はコチラもオススメ

脱失敗|iPadでお絵描きしたい人はどのモデルを買えばいいのか?
脱失敗|iPadでお絵描きしたい人はどのモデルを買えばいいのか?

続きを見る

 

もくじ

最新iPadはどれがいいのか?

最新iPadはどれがいいのか?

結論:一概には言えません。

 

個人的な意見ですが『iPadAir第4世代+ApplePencil第2世代』を購入すれば、大半の人は問題がおきないと思っています。

 

ただその場合、オーバースペックになってしまったり、予算をこえてしまったりします。そのため、お絵描きにオススメできるモデルは『一概に言えない』という結論になります。

 

・VODに使用したい方

・読書に使用したい方

・お絵描きに使いたい方

・動画編集に使いたい方

・極力価格を安くしたい方

・外出先でお絵描きしたい方

 

上記のように『目的』で、オススメできるiPadは変わります。

 

ですので大体これを知っておけば選べるのではないかなっと思う点をまとめてみましたので、ぜひご一読ください。

 

 

iPadの簡易比較表

最新iPadはどれがいいのか?

ご存じの方も多いと思いますが、iPadは『iPadPro・iPadAir・iPad(無印)・iPadmini』4つのモデルに分かれます。

ざっくりとした印象は下図になります。

iPadProiPadAiriPadiPadmini
性能★★★★★★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆
イラスト★★★★★★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆
動画編集★★★★★★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆
持ち運び★☆☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★★★
価格★☆☆☆☆★★☆☆☆★★★★★★★★☆☆
目安・高性能型
・高負荷の動画編集
・イラスト制作
・ハイエンドゲーム
・バランス型
・中負荷な動画編集
・イラスト制作
・ゲーム
・エントリー型
・コスパ最強
・趣味イラスト制作
・ネットサーフィン
・持ち運び型
・中負荷な動画編集
・とにかく軽い
・A15Bionicに進化
・ゲーム

 

では、それぞれの違いについて説明します。

 

iPadPro

iPadPro

もはやMac!?

高性能M1チップ搭載

最大メモリ16GB

94,800円(税込)~

10

性能

10

イラスト

10

4K動画編集

3

価格

 

画面サイズ11インチ・12.9インチ
CPUM1
認証Face ID
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Apple Pencil第二世代
接続端子USB-TypeC
価格11インチ 94,800円(税込)~
12.9インチ 129,800円(税込)~

iPadProは最も処理速度が早いモデルです。

 

種類

①第5世代モデル/12.9インチ

②第3世代モデル/11インチ

現在2種類あります。

 

 

iPadProはこのような方におすすめ

こんな方におすすめ

  • お仕事で利用したい方
  • 長尺の4Kの動画編集をしたい方
  • 高画質なイラストをレイヤーを大量に重ねてに作りたい方
  • 利用目的が動画編集の方

 

iPadAir

iPadAir

最強の中間端末

A14Bionic チップ搭載

ApplePencil第二世代対応

69,080円(税込)~

8

性能

8

イラスト

7

動画編集

5

価格

 

画面サイズ10.9インチ
CPUA14
認証電源ボタンTouch ID
Smart Keyboard
Magic Keyboard
Apple Pencil第2世代
接続端子USB-TypeC
価格69,080円(税込)

iPadProよりスペックは劣ります。

 

ですが価格を抑えられる中間モデルです。

 

筆者

予算に問題がなければ、大半の方がこのモデルが最適ではないでしょうか。

考えることが面倒ならば特に。中間モデルなのに性能抜群です。

 

現在第4世代が最新モデルです。

 

 

iPadAirはこのような方におすすめ

こんな方におすすめ

  • 動画編集をやりたい方
  • 高画質なイラストをたくさん描きたい方
  • 重めのゲームを不安なく使用したい方

 

 

 iPad(無印)第9世代

iPad第9世代

コスパ最強モデル

A13Bionic チップ搭載

破格39,800円(税込)~

イラスト・動画編集も大丈夫

6

性能

6

イラスト

5

動画編集

10

価格

 

画面サイズ10.2インチ
CPUA13
認証Touch ID
Smart Keyboard
Magic Keyboard×
Apple Pencil第1世代
接続端子Lightning
価格39,800円(税込)

 

1番コスパが良いモデルです。
現在第9世代が最新です。

 

 

iPad(無印)はこのような方におすすめ

こんな方におすすめ

  • コストを抑えたい方
  • イラスト/動画編集を趣味でやりたい方
  • VOD/ネットサーフィンをメインを利用したい方

 

 

iPadmini

iPadmini

持ち運びに便利

A15Bionic チップ搭載

293gで最も軽い

59,800円(税込)~

9

性能

6

イラスト

4

動画編集

6

価格

 

画面サイズ8.3インチ
CPUA15
認証電源ボタンTouch ID
Smart Keyboard×
Magic Keyboard×
Apple Pencil第2世代
接続端子USB Type-C
価格59,800円(税込)

A12からA15に進化した小型最強デバイスです。
現在第6世代が最新モデルです。

 

 

iPad(無印)はこのような方におすすめ

こんな方におすすめ

  • 通勤時などで電子書籍を読みたい
  • iPadをストレスなく持ち運びしたい
  • VOD(ビデオオンデマンド)/ネットサーフィンに利用したい方

 

 

お伝えしたい事

ここで1つお伝えしたい事があります。

 

それは『iPadPro以外もすごく良いモデル』ということです。

 

iPadを比較してみるとProが際立って良く見えてしまいまう。

 

ココに注意

ですが1番性能の低い無印iPad第9世代だから

・動画編集ができない

・イラストが描けない

・ゲームが動作しない

このようなことはなく基本はサクサク動きます。

 

もちろんiPadProは素晴らしいモデルですが、他のモデルでも『動画編集・イラスト』などある程度の重たい作業は可能です。

 

 

iPadの比較と特徴

ここからは、iPadの比較と特徴のお話しを具体的にしていきます。

※全部をお話しすると長くなってしまうため特に重要だなと思った項目をピックアップしました。

 

【重さ・画面サイズ・大きさ】比較

【重さ・画面サイズ・大きさ】比較

画面サイズ大きさ重さ
iPadPro12.9inchw21cm×h28cm682g
iPadPro11inchw17cm×h25cm466g
iPadAir10.9inchw18cm×h25cm458g
iPad(無印)10.2inchw17cm×h25cm487g
iPadmini8.3inchw13cm×h20cm293g

※幅高さはおおよそです。
※重さはWifiモデルを表示しています。

 

 

iPadPro12.9inch

iPadPro12.9inch

画面サイズ大きさ重さ
iPadPro12.9inchw21cm×h28cm682g
iPadPro11inchw17cm×h25cm466g
iPadAir10.9inchw18cm×h25cm458g
iPad(無印)10.2inchw17cm×h25cm487g
iPadmini8.3inchw13cm×h20cm300g

 

まず、12.9インチのiPadProは大きさも重さもそれなりにあります

 

ですので、手で持って操作するには、大変かなと思います。

 

重さは約週刊少年ジャンプくらいといったところです。

 

持ち運びするよりも、固定してイラスト・動画編集・書類作成をガツガツやるモデルかなと思います。

 

また、カメラの性能も非常によいのですが、重いのであまり撮影には向いていないモデルだと思います。

 

 

iPadPro11inch/iPadAir/iPad(無印)

iPadPro11inch/iPadAir/iPad(無印)

画面サイズ大きさ重さ
iPadPro12.9inchw21cm×h28cm682g
iPadPro11inchw17cm×h25cm466g
iPadAir10.9inchw18cm×h25cm458g
iPad(無印)10.2inchw17cm×h25cm487g
iPadmini8.3inchw13cm×h20cm293g

※幅高さはおおよそです。
※重さはWifiモデルを表示しています。

iPadPro11inch・iPadAir・iPad(無印)でも、500ミリリットルのペットボトルに近い重さです。

 

ただ、イラスト・動画編集・書類作成をするには、『10.2インチ(iPad無印)以上の画面サイズ』は必要かなと思います。

 

寝ころびながら絵を描いたり本を読んだりできますが片手でずっと持つには少し負担がありますね。

 

実はiPadAirと言いつつも、iPad(無印)とたいして重さは変わらないですね。

 

 

iPadmini

iPadmini

画面サイズ大きさ重さ
iPadPro12.9inchw21cm×h28cm682g
iPadPro11inchw17cm×h25cm466g
iPadAir10.9inchw18cm×h25cm458g
iPad(無印)10.2inchw17cm×h25cm490g
iPadmini8.3inchw13cm×h20cm293g

最も軽いモデルはiPadminiです。
293gは持ち運びの負担は少なくてよさそうですね。※約リンゴ1個分の重さになります。

 

電車などの移動時間で、ゲームをしたり電子書籍を読むには非常に向いているモデルですね。

 

以前iPadminiを持っていたのですが、この軽さは大事だなっと思いました。

 

現在無印iPadを使用しているのですが、比較したときに、数字で見るよりも体感した重さは結構違いました。

 

iPadminiもすごくよいモデルですね。

 

 

最新のスマホと重さ比較

最新のスマホと重さ比較

ちなみに最新のiPhoneですと

 

iPhoneの重さ

iPhone 13 Pro Maxは約238g
iPhone 13は約173g

 

このような感じです。
目安にしていただければ幸いです。

 

 

スペック比較

スペック比較

CPU
iPadProApple M1チップ
iPadAirA14 Bionicチップ
iPadminiA15 Bionicチップ
iPad(無印)A13 Fusionチップ

このチップはiPadのいわば頭脳に当たる部分です。

 

この性能が良いと処理速度が速いです。
※数字が大きいほど高性能です。

 

 

Apple M1チップ

iPadProで使用されているApple M1チップは、iMacやMacBook Airにも搭載されているタイプのCPUです。

 

前機種のiPadProと比較してCPUが最大50%向上、GPUは最大40%向上したとのことです。

 

さらに容量によっては最大16GBのメモリが搭載されているので、タブレットの中では別格のスペックです。

 

A15Bionicチップ

iPadminiはA15Bionicチップが使用されています。

 

これは最新機種iPhone13と同様のチップになります。従来のチップと比較して、CPUが40%向上・GPUが80%向上しているとのことです。

 

 

A14Bionicチップ

iPadAirはA14Bionicチップが使用されています。

 

前機種と比較してCPUパフォーマンスを40%高速化された上に機械学習の向上・電力効率がかなり良くなっています。

 

正直このデバイスなら、4K動画編集も不満なく使えるので、大半の方はこのデバイスを使えば、まず問題ないと思います。

 

 

A13 Bionic

無印iPadは、A13Bionicチップを使用されております。

 

2019年9月頃に発売されたiPhone11/11Proなどと同じチップを使用されています。こちらも一般的に使用するには、申し分ない処理速度だと思います。

 

特に無印iPadは、前機種の第8世代と比較するとA12 FusionチップからA13 Bionicチップに進化しているのに、価格が非常にリーズナブルです。弱点が少なくなったデバイスです。

 

わたしたちは、前機種の無印iPad第8世代・第7世代を使用していますが、普通にイラストもサクサク描けているので、まず問題ない機種です。

 

iPad全体のスペックが向上しているので、どれも素晴らしいです。

コスパ最強!iPad第8世代とApplePencilの感想・レビュー・開封|イラスト・ゲームに向いています

続きを見る

イラストを始めたい方へ | iPad第8世代がオススメです

続きを見る

 

ApplePencilの対応

ApplePencilの対応

ApplePencil
iPadPro2世代対応
iPadAir2世代対応
iPadmini2世代対応
iPad(無印)1世代対応

ApplePencil第2世代はiPadPro・Air・miniに対応しています。

 

ApplePencil第1世代はiPad第9世代に対応しています。

 

ApplePencil第1世代と第2世代の違いとは

①充電方法

②タッチ機能

この2つです。

 

 

①充電方法の違い

ApplePencil 充電方法の違い比較

▼ApplePencil第2世代
iPadの側面に磁力でくっつくことで自動的に充電とペアリングができます。

 

▼ApplePencil第1世代
iPadの接続端子に差し込んで充電されます。

 

 

②タッチ機能

ApplePencil第二世代タッチ機能

▼ApplePencil第2世代
側面が1か所平らになっています。
お絵描きする際、ダブルタップでペンと消しゴムの切替が可能です。

 

▼ApplePencil第1世代
そういった機能は特にないです。

 

以上のような違いがあります。

 

 

価格と想定コスト

価格と想定コストについてそれぞれのモデルで比較します。

最新iPad 価格と想定コスト

iPadPro (12.9inch)iPadPro (11inch)iPadAiriPadminiiPad(無印)
端末価格128GB
¥129,800(税込)
128GB
¥94,800(税込)
64GB
¥69,080(税込)
64GB
¥59,800(税込)
64GB
¥39,800(税込)
256GB
¥141,800(税込)
256GB
¥106,800(税込)
256GB
¥87,780(税込)
256GB
¥77,800(税込)
128GB
¥56,800(税込)
512GB
¥165,800(税込)
512GB
¥130,800(税込)
---------
1TB
¥213,800(税込)
2TB
¥261,800(税込)
1TB
¥178,800(税込)
2TB
¥226,800(税込)
---------
ApplePencil¥15,950円(税込)¥15,950円(税込)¥15,950円(税込)¥15,950円(税込)¥11,880円(税込)
キーボードMagic Keyboard
¥41,580(税込)
Magic Keyboard
¥34,980(税込)
Magic Keyboard
¥34,980(税込)
---Smart Keyboard
¥18,880(税込)
Total※想定¥187,330~319,330(税込)¥145,730~277,730(税込)¥120,010~138,710(税込)¥75,750~93,750(税込)¥70,560~87,560(税込)

※税別価格になります。
※iPadminiはiPad用の純正Keyboardには対応していません。

 

上図のような感じです。
全てを純正品で揃えるとどのiPadも結構なコストがかかりますね。

 

もちろんキーボードを3rdパーティのものにすれば価格は下げられます。
※必要なければ端末だけ購入すればよいです。

 

今回ちょっと驚いたのは、今まで最低ストレージが32GBだった無印iPadが64GBになったことです。大半の方はこれでいいのでは・・・っと思いますね。

 

 

iPadを安く購入したい

どうしてもiPadのコストを抑えたい場合は『Apple公式ストアで整備済製品』が販売されています。

www.apple.com

 

整備済製品とは?

整備済製品とは、Appleに返品された商品の外装やバッテリーを新品に交換した『新古品のような製品』です。

 

こちらはお値引きがされています。
購入したことはないので、オススメできるかはわかりません。※販売されているモデルが最新かどうかもしっかりご確認ください。

 

また、フィルムやケースの購入は必須だと思いますので、さらに追加費用がかかります。※人によってはAppleCareの費用も必要かもしれません。

 

ご検討の際は、諸々ご注意ください。

 

 

その他
認証方法・接続端子・ディスプレイについて

その他 認証方法・接続端子・ディスプレイについて

iPadProiPadAiriPadminiiPad
認証方法FaceID電源ボタン
TouchID
電源ボタン
TouchID
TouchID
接続端子USBType-C
Thunderbolt / USB 4
USBType-CUSBType-CLightning接続
フルラミネーション
ディスプレイ
×

 

 

認証方法

iPadProはFaceID(顔認証)です。iPadAir・iPadminiは電源ボタンTouchIDです。

 

iPad第9世代がホームボタンTouchID(指紋認証)です。

 

iPadの場合ここは大きな差は感じないかなと思います。

 

 

接続端子

iPadPro・Air・miniは接続端子がUSBType-Cのため外付けハード等の様々な機器に接続できるようになっています。ここはすごく便利ですね。

 

特にiPadProは、『Thunderbolt 3(最大40Gb/s)USB 4(最大40Gb/s)』となっており超高速なデータ移行、高解像度の外部ディスプレイ接続などが可能になります。

 

iPad第9世代はLightning接続になっています。

 

 

ディスプレイ

iPadPro・Air・miniはフルラミネーションディスプレイのため『直接画面に触れているような感覚』になります。

 

iPad第9世代だけは、フルラミネーションディスプレイ非対応です。

 

例えば絵を描く際にペン先と少しずれた位置に描画されます。イラストを何枚か描いてみましたが、慣れると特に違和感は感じません。

 

 

おすすめのiPadのストレージ容量について

iPadPro128GB・256GB・512GB・1TB・2TB
iPadAir64GB・256GB
iPadmini64GB・256GB
iPad64GB・256GB

 

おすすめの容量

①64GB以上

②用途で決める

ストレージ容量が大きいモデルがオススメ

 

理由としては、ストレージが圧迫された時のストレスが非常に大きいからです。

 

ストレージ選びの大前提として、iPadには必ず使用されるストレージが3つあります。

 

①システムデータ 約5GB

②その他のシステムデータ 約1〜5GB

③OSのアップデート必要な容量 約3GB

※ざっくり計算で見積もっています。

 

この機能で、10GB~15GB近くストレージが使用されます。

 

つまりこの段階で

▼iPad第9世代64GBの場合

自由に使用できる容量は約52GB

▼iPadAir256GBの場合

自由に使用できる容量は約244GB

 

表記されているストレージ容量のすべてを
自由に使用できるわけではないということです。

 

ただ動画編集やクリエイティブをしないのに512GB・1TBを使うのは、容量が余りすぎるためもったいないと思います。

 

ですので用途で決めましょう。

 

64GBオススメの方

・趣味でイラスト制作

・ネットサーフィン/動画視聴

・ハイエンドゲーム4~5個

・PCのサブ機予定の方

256GBオススメの方

・イラストをたくさん描く

・多少の動画編集/画像編集

・ハイエンドゲームでそこそこ遊ぶ

512GB~2TBオススメの方

・イラスト/4K動画編集/画像編集をかなりやる

・PCの代用扱い

・iPadでデータ管理をすべておこなう

 

用途別に容量を記載した記事を以前書きました。参考にしていただければ幸いです。

【脱失敗】iPad第7世代/第8世代は32GBで足りる?足りない?128GBにすべき?【用途別ストレージ比較】

続きを見る

 

 

結論:容量と用途別選ぶことがおすすめ

紹介したことを踏まえると、iPadは高いものを買っておけば何とかなるわけでもなく、何に使うのかを明確にしてから容量を併せて購入することをオススメします。

 

おすすめ用途
iPadPro 12.9inch重量があるため(682g)、デスクに置いて作業する。
4K動画編集も余裕のスペックなので、クリエイティブな仕事をする。
大学4年間ノートをまとめるために使う。
iPadPro 11inch12.9inchほどのサイズ感が欲しくない方。
おすすめ用途は12.9inchと同じ。
iPadAir※オススメiPadProよりコストを抑えたい
高画質イラスト・4K動画編集もおこないたい。
iPadをゲーム専用機にしたい
ノートまとめに使う
オールマイティーに使う
iPadiPadを始めて使う
趣味でイラスト・動画編集をしたい
VOD・ネットサーフィンに使いたい
ノートまとめに使う
子供用に使いたい
iPadminiiPadをもって移動することがとにかく多い
読書・VODなどの用途が多い
高画質イラスト・4K動画編集もおこないたい。
※画面が小さいのでイラストには少し不向き

 

 

iPad買うならどれ?
事例紹介

筆者
最後に少し事例を出します。

iPad買うならどれ?
事例1:iPadでゲームだけしたい

iPad買うならどれ? 事例1:iPadでゲームだけしたい

iPadPro以外のモデルがオススメです。

 

正直どれでもあまり変わらないと思いますが、

 

荒野行動・PUBGなどのガチ勢の方はiPad第9世代でも動きますが、iPadAir・miniの方が良いかもしれません。

 

外出先でプレイすることが多かったりする方は小さめのiPadminiがよいと思います。

 

一応、IT・ゲーム業界で仕事をしていたりもするので、少しお話します。開発側は、数世代前のiPadにも対応するように作っています。ですので、最新のiPadならばまず問題ありません。

 

 

iPad買うならどれ?
事例2:iPadを試してみたい

iPad買うならどれ? 事例2:iPadを試してみたい

エントリーモデルのiPad第8世代がおすすめです。価格が非常に安いためです。

 

初めての購入は安くてもよいと思います。

 

もしも、iPadが自分には必要ないなっと思い売却した際に、購入価格と売却価格の差額がちいさいのもメリットです。

 

本当に使うかどうかわからないものに、高額をはらうのももったいないかなと思います

 

 

iPad買うならどれ?
事例3:趣味で絵を描きたい

iPad買うならどれ? 事例3:趣味で絵を描きたい

iPadAir・iPad第8世代のどちらかですね。

 

ご予算があるならばiPadAirを選べば無難だと思います。
iPad第9世代でもイラストや絵は十分描けます。

 

安心して使用したいならばiPadAir。予算を抑えたいならばiPad第9世代です。

 

もしも、仕事用にがっつり使用したい場合はiPadProがおすすめです。

 

 

iPad買うならどれ?
事例4:VOD/ネットサーフィンのみ利用

iPad買うならどれ? 事例4:VOD/ネットサーフィンのみ利用

iPad第9世代で十分です。高価にはなりますが、持ち運びに便利なiPadminiもオススメです。

 

 

iPad買うならどれ?
事例5:外出先で読書したい

iPad買うならどれ? 事例5:外出先で読書したい

iPadminiがオススメです。

 

やはり軽さって結構重要だと思います。
重さを感じると持ち運びが少しおっくうになり、継続して利用できなくなると思います。

 

ただコストがかかるので何とも言えないですね。読書のために約60,000円は高いので。

 

 

iPad買うならどれ?
事例6:たくさん動画編集したい

iPad買うならどれ? 事例6:たくさん動画編集したい

iPadProが一番良いです。
iPadAirでも問題ないと思います。

 

4k動画とか長時間の動画を編集するならばiPadProだと思います。

 

動画編集の場合、動画をデータにする際にレンダリング作業というものをおこなうのですが、性能の高いiPadProの方がより早く出力されます。

 

また、動画編集は容量がかさむためスペックよりも『ストレージ選び』を考慮すべきかなと思います。

 

 

iPad買うならどれ?
事例7:撮影で利用したい

iPad買うならどれ?事例7:撮影で利用したい

撮影はiPadProが一番高品質です。
趣味レベルでしたらAir・miniでも良いですが、機能の差は明確にあります。

 

iPadPro

・超広角カメラを搭載
・超広角フロントカメラを搭載
・ポートレートモード搭載(フロントカメラ)
・ユーザーをトラッキングするセンターフレーム追加
・最大60fpsのビデオ撮影可能

 

このような機能がiPadProには追加されています。

 

iPad自体が重さがあるので、あまり撮影には向かないかもしれませんが念のため説明させていただきました。

 

 

紹介物のリンク

iPadPro

もはやMac!?

高性能M1チップ搭載

最大メモリ16GB

94,800円(税込)~

10

性能

10

イラスト

10

4K動画編集

3

価格

iPadAir

最強の中間端末

A14Bionic チップ搭載

ApplePencil第二世代対応

69,080円(税込)~

8

性能

8

イラスト

7

動画編集

5

価格

iPad第9世代

コスパ最強モデル

A13Bionic チップ搭載

破格39,800円(税込)~

イラスト・動画編集も大丈夫

6

性能

6

イラスト

5

動画編集

10

価格

iPadmini

持ち運びに便利

A15Bionic チップ搭載

293gで最も軽い

59,800円(税込)~

9

性能

6

イラスト

4

動画編集

6

価格

 

 

まとめ:iPad買うならどれ? 最新モデル比較【重さ/価格/スペック/サイズ/ApplePencil】

筆者

思考停止で買うならば、iPadAir4を購入しておけばとりあえず大丈夫です。

我が家はiPad第7・8世代を使用していますが、イラスト・動画編集で不満は覚えてません。

4年間使うとかになれば、最新iPadProがよいですかね。

 

iPadはスペックが向上しすぎて、最新デバイスならばどれでも満足すると思います。(iPadProの性能はやばいですね・・・)

 

もはや選び方で気を付けてほしいポイントは、スペックよりもストレージな気がします。

 

▼iPadの使い道を確認したい方はコチラ

【スマホ比較】iPadは何に使う?できること・活用術【生活/仕事/クリエイティブ編】

続きを見る

 

▼iPad第8世代が気になる方はコチラ

イラストを始めたい方へ | iPad第8世代がオススメです

続きを見る

コスパ最強!iPad第8世代とApplePencilの感想・レビュー・開封|イラスト・ゲームに向いています

続きを見る

 

まず実際に触れて決める事が一番重要ですので、店舗で操作してみると良いと思います。

 

今回の動画は、個人の見解ですので、
あくまでも参考程度にしていただけると幸いです。

 

ありがとうございました。

-iPad, iPadレビュー

© 2021 ZRデザインラボ