ゲーム業界転職 転職

【脱・後悔】ゲーム業界はやめとけ?|転職する前に知るべき事【内情を少しお話します】

【脱・後悔】ゲーム業界はやめとけ?|転職する前に知るべき事【内情を少しお話します】

悩んでいる人

・ゲーム業界に転職したいけど、ブラック企業が多いの?

・ゲーム業界は「やめとけ!」と言われる理由って何?

・ゲーム業界に転職して後悔したくない。

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

筆者

【本記事の信頼性】

ゲーム業界歴7年

4~5社経験 2Dデザイナー

ブラック企業経験あり

業界の社員・派遣・フリーランスの方からそれなりに情報を聞いております。ある程度信憑性のある情報をお伝えできるかと思います。

 

読む前にお伝えしたい事がございます。

 

今回の内容は、全ての企業に当てはまるわけではありません。

 

この記事での【ゲーム業界=ソーシャル系(スマホアプリ企業)】になります。あくまでも、自己体験と他者からのお話に基づいたものになります。

 

ポイント

①ゲーム業界の内情を知る事で転職のミスマッチを防げる

 

ゲーム業界はやめておいた方がいいのか?

ゲーム業界はやめておいた方がいいのか?

結論から申し上げますとオススメできないわけではないです。

 

どの業界でも言える事ですが、企業によりけりです。ホワイト企業もあれば、ブラック企業もあります。

 

ただ『ゲーム業界あるある』みたいなものはあります。

 

ですのでこの記事を読んで
それでもゲーム業界に就職・転職したいと思えるのでしたら、そのまま進むべきだと思います。

 

ゲーム業界にデメリットしかないのであれば、就職する人はいないですからね。きちんとしたメリットも存在しますし、人によってはオアシスです。

 

記事を読み進めると『ゲーム業界がオアシスに感じる人』がなぜいるのかがわかると思います。

 

わたしの個人の意見としましては『ゲーム業界はやめとけ!』と言っている方は、あまり実状に詳しくないのでは?っと思ってしまいます。

 

どちらかと言いますと将来のことも考えて『ITに乏しい業界はやめとけ!』と言いたいですね。

 

そもそも【ゲームが好き・ゲームが作りたい】という方は、1度は体験すべき環境です。

 

 

やめとけ!と言われてしまう理由

この理由は大きく3つに分かれると思います。

 

理由①:過去の超過酷労働の現場

理由①:過去の超過酷労働の現場

ゲーム業界=超過酷労働と想像するかもしれませんが、それは過去の話です。

 

働き方改革もあり今現在は勤務時間がホワイト化してきています。

 

残業が月20時間以内の時もたくさんあります。
(企業によります)

 

もちろん繁忙期には残業はありますし、ハードである事に変わりはありません。それでも、毎月80時間以上労働といった超過酷労働ではありません。

 

超過酷労働を経験したのは、
約5年以上前にゲーム業界にいた方達です。

 

たまにお話を伺う機会がありますが

ゲーム業界10年目の方

『家に帰れなかった』

『200日連続勤務だった』

『トイレの時間まで監視されていた』etc

 

多少は誇張しているのかもしれませんが、それぐらい酷かった環境ということですね。

 

過去の業界のイメージから『ゲーム業界は危ないからやめとけ!』と言われているのかもしれません。

 

 

理由②:人手不足

理由②:人手不足

ゲーム業界では、常に求人がでています。それは慢性的に人手不足だからです。

 

ただ人手が足りないというわけではなく、実力のある人材が圧倒的に不足しています。
※人手不足になっている理由は、後ほど記載します。

 

そのためどうしても残業が多くなり、プライベートが削られてしまう事があります。

 

これは企業によりけりですが、『ゲーム業界は人手不足で忙しいからやめとけ!』と言われてしまうのかもしれません。

 

 

理由③:厳しい期限とバグの対応

理由③:厳しい期限とバグの対応

ゲーム開発は、厳しい期限の中で疲弊しながら、毎日のように深夜残業・徹夜が発生している。

 

こういったイメージをもたれている方が多いのではないでしょうか。

 

こちらも過去のゲーム業界はそうでした。

 

現在ではかなり解消されております。
リリース日直前以外は深夜残業・徹夜はあまりありません。

 

きちんとした現場の場合、残業なしのスケジュールが組まれています。

 

リリース日直前になぜ深夜残業・徹夜が多発するのか?その原因がバグの対応です。

 

ゲーム開発の基本的な工程として

ゲーム開発の基本的な工程

①プランナー(企画)

②デザイナー(デザイン)

③プログラマー(ゲームに実装)

このサイクルでゲームが組み立てられています。

 

この中でも、プログラマー・プランナーはゲーム内部のバグ対応をします。

 

プランナーが『デバッグと言われるゲームのバグをチェック』して、プログラマーが原因を直す。
このサイクルを繰り返します。

 

これはプログラマー・プランナーが悪いというわけではなく、必ず予期せぬ事態が起きるからです。

 

期限ギリギリでバグの対応をすれば、深夜残業・徹夜がどうしても発生してしまいます。最近はホワイト企業も増えてきています。

 

世間的に業界のイメージが抜けきれてないため『ゲーム業界はやめとけ!』と言われてしまうのかもしれませんね。

 

 

ゲーム業界はブラック企業だらけなのか?

ゲーム業界はブラック企業だらけなのか?

『やめとけ!と言われる理由』を記載しましたが『そもそもにブラック企業が大半だからでは?』と思うのではないでしょうか。

 

その点について記載します。

 

ブラック企業の比率は半分以下?

結論から申し上げますと、半分程度だと思います。

 

※この記事でいう、ブラックとホワイトの基準は【残業・給与・パワハラ・福利厚生・有給消化率】を指します。

 

ゲーム業界=ブラック業界の印象がありますが、そういった環境は減少しています。

 

残業量

減少を辿っています。

 

残業自体が世間的に問題視されているためです。

 

それにプラスしてテレワークがゲーム業界に浸透してきているため、残業の減少の後押しをしていると思います。

 

ただ、職種によって異なります。

 

デザイナー

残業0~20時間以内の企業も増えてきています。

月平均20~40時間が業界平均ではないでしょうか。

 

プランナー

各種方面とのやりとりで、月平均30時間残業しているイメージです。

繁忙期はもっと残業をしています。

 

エンジニア

まだ過酷な環境が多いかなと思います。

月平均10~50時間残業しているイメージです。

仕様変更によって一番作業量が増えます。

リリース直前は地獄のように見えます。

 

上記はあくまでも、働いている上で感じた肌感です。

 

もしも、ゲーム業界に転職される場合は、残業時間を面接で必ず聞きましょう。

 

残業は減ってはいますが、リリース前後はどの職種も月60~80時間の残業しているところはまだまだあります。

 

給与

全体として給与は低いと思います。
新卒・未経験者は、手取り20万以下は覚悟しておくべきです。

 

年収の目安ですが

 

  • 新卒・未経験:年収240~360万
  • 中堅:年収400~550万
  • 役職者:年収550万以上

 

このような印象です。会社によっては100万前後の差はでます。

 

ゲーム業界で給与を上げるには『実力をつけて転職する』しか方法がありません。

 

同じ企業に在籍して昇給するよりも、転職の方が給与を上げるチャンスがあります。

 

パワハラ・セクハラ

周りではほぼ聞かないです。

 

ゲーム業界の人は、おとなしい柔和な方が多いためだと思います。

 

ただ、以前勤めていた企業では理不尽なパワハラは受けた経験はあります。

 

福利厚生

企業によって大きく違います。

 

人手不足のため、どの企業も福利厚生で差をつけようと必死な印象です。

 

育休・子供手当・社員旅行等があるところもあれば、賞与が年2回でる企業にありました。

 

賞与で注意してほしい点としては、業績賞与と求人に記載がある場合は『賞与は無し』と考えた方が良いです。

 

賞与の注意点

過去に1度でも支給した場合、賞与ありと求人広告に記載ができる仕組みになっております。

業績賞与は要注意項目です。

 

面接時に具体的に確認しましょう。

 

有給休暇

有給休暇は、申請をすればとれます。

 

最近では、ダメ言われている人を見たことがない気がします。

 

有給休暇消化の義務化が進んだ事が起因だと思います。ただ、繁忙期の場合は厳しいかもしれません。

 

以上がブラックに関する情報になります。

 

ゲーム業界はブラック傾向であるかもしれませんが、過去の話であり、環境自体は改善を辿っています。

 

現在は『ゲーム業界はやめとけ!』と言われる程の環境ではないと思います。派閥なども少ないので、他の業界とあまり変わらないと思いますよ。

 

もっと詳しく知りたい場合は『クチコミサイトを見る』『転職エージェントに相談する』このような行動をすると良いと思います。

 

最初に登録すべきゲーム業界にオススメ5選

▼転職エージェント

①マイナビエージェント

定番のエージェントなので、案件が豊富。

特にWeb・ゲーム・IT業界の求人が強いです。夜間・土曜の相談も受け付けてくれます。

 

➁DODA

最大手のエージェントなのです。トータルの求人数は10万を越えています。

サポートも手厚いですし、選択肢を増やすために必要だと思います。土曜の相談も受け付けてくれます。

 

③レバテック キャリア

レバテックキャリアは、クリエイターに特化した転職支援サービスです。

デザイナー・プログラマーにオススメです。

求人登録数は約4,000件です。レバテックだけの非公開求人数も多数あります。

 

▼転職サイト

③リクナビNEXT

求人数・登録者数が国内最大級の転職サイト。

転職サイトならまずはココ。

 

クチコミサイト

④転職会議

企業の口コミ・内情を見ることができ、求人もみることができる転職サイトです。

現在登録者数は700万人。転職先がブラック企業かどうか判断に必須です。

 

 

人手が不足している理由

人手が不足している理由

最初の方にも記載しましたが、実力のある経験者が足りていません。
人数はいるのですが、頭数が足りていない印象です。

 

実力者が循環されてしまう業界

スマホアプリ系のゲーム業界は、実力者が少ないため、育成期間を踏まえて新卒・未経験者を採用するケースが多いです。

 

なぜ実力者が少ないのかと言いますと、採用されてもすぐに転職してしまうからです。早いと3ヵ月~1年で転職してしまいます。

 

実力者は、ある程度の経験が積める現場を望む傾向があります。
※一概には言えませんが、自分が見た限りです。

 

しかし実力・経験がつめる現場は、実際に就職しないとわからないです。

 

ですので、就職して現場に学べる機会が少ないと、将来性の不安・不満を覚えて退職してしまいます。こうして実力のある経験者人材は業界内を巡っていきます。

 

退職率

そういったこともあり退職率が比較的高いです。

 

大半が3年以内に退職してしまいます。

 

▼入社から退職までの期間

①:半年~1年以内(1割)

②:2年以内(4割)

③:3年以内(3割)

同じ企業に3年以上勤めている方は、全体の1~2割くらいなのではと思う程、回転率の早い業界です。

 

企業によっては、退職率が非常に少ないところもあります。

 

この原因も一概には言えませんが、昇給よりも転職の方が年収を上げるチャンスが大きいからだと思います。

 

育成制度について

では新卒・未経験者を採用して、どのような育成制度をとっているのかをお話しします。

 

スマホアプリ系のゲーム業界は、育成制度はあまり整っていません。
理由としては、大半がベンチャーのため、企業として若すぎるからです。

 

ベンチャー企業の場合、「社内の人間が若年層」「作業量が多い」ため教えるといった文化はないです。

 

教えるよりも、実戦で覚える事が大半ですね。もちろんわからないことがあれば、先輩・周りに聞けば教えてくれます。ですので業務を覚えようとする主体性が必要になります。

 

もしも育成制度が整っていると求人広告に記述がある場合は、社内ではなく外部のレクチャーに1・2回参加するといった適当なものだと思います。

 

※もちろん企業によってはきちんとした育成制度はあります。

 

未熟で若い社員が多い

育成制度が整っていないため、受動的な人はあまり育ちません。

 

業界歴が長くても『期日は守れない・言われた事しかできない・無責任など』未熟な方が多い印象です。

 

『1~3割の仕事ができる人・7~9割が未熟』が実状だと思います。

 

これは、主体性のある人が1~3割、受動的な人が7~9割と言い換える事ができます。

 


ですので主体的に動いて成長する方は、ゲーム業界ではかなり重宝されます。

 

現状は、受動的な方が多い上に育成制度が整っていないため、人がいるのに人手不足といったスパイラルに陥っています。

 

 

ゲーム業界の人と環境

ゲーム業界の人と環境

独特な人が多い

ゲーム業界で働く方は、ほとんどがゲーム好きです。

 

日常会話の大半がゲーム・アニメ・声優の話題になります。独特な方・マニアックな方が多いです。

 

  • 人生の大半をゲームに尽くす方
  • 課金をものすごくされる方
  • 全く人とコミュニケーションとらない方

 

良い意味でも悪い意味でも様々な価値観の方がいらっしゃいます。

 

刺激的な環境ではありますが、このタイプと一緒に仕事をする事がつらい方はゲーム業界をあまりオススメしません。

 

また、全体的にかなりルーズな方が多いかなと思います。朝は遅い・遅刻も多い・謎の体調不良など、ここに問題が多い印象です。

 

遅刻する原因としては、ルーズ+残業が原因の可能性があります。

 

残業の多い方は、残業時間を減らすために、出社を後ろ倒しにしている印象です。

 

環境に関して

ゲームをしていても全く怒られません笑

 

ゲームに触れていると、そこから話がふくらみます。また、最新のソフト・ツールに触れられます。

 

ゲーム開発するには、効率的な作業環境とコミュニケーションの場が必要なため、新しいソフト・ツールに触れる機会が多い事はうれしいです。

 

 

ゲーム業界で働くメリット

ゲーム業界で働くメリット

筆者

内情をお話しすると、悪い環境に見えてしまいますね。

もちろんメリットもたくさんあります!

 

超絶自由な環境

進捗さえ守れば基本は自由です。服装も自由です。

 

人によってはオアシスに感じるかもしれません。

 

ゲーム業界から他の業界に転職しても、出戻りしてくる人もいます。束縛されることが嫌いな方は、この環境が最大のメリットに感じるのかもしれません。

 

フレックス制度

フレックス制度の企業が結構多いです。

 

ライフスタイルに合わせた時間に出社ができ、朝が遅いため通勤ラッシュにも巻き込まれません。

 

朝8時に出社される方もいれば、13時頃の方もいらっしゃいます。

 

リモートワーク

最近ではリモートワーク(テレワーク)の企業もかなり増えてきています。

 

プロジェクトの機密保持のため難しい点もありますが、浸透してきています。

 

欠勤・遅刻に甘い

こんなこと言ったらあれですが、遅刻しそうならば、「所要のため…」とか「遅延で…」で大丈夫です。

 

『体調不良により、遅刻orお休みいたします。』これは頻繁に見かけます。

 

ただ誰も怒りません。めちゃくちゃ甘いです。
※ここに甘えるとダメ人間になります

 

仕事中で席を立ってコンビニに行ったり、散歩しても何も言われません。

 

進捗さえ守れば基本的にすべてOKです。

 

ゲームが自由にできる

ゲームが自由にできる

ゲームをしていると

 

何のゲームしてるの~?

面白い?どんな感じ?

 

実際にこんな会話は日常茶飯事です。それくらい、みなさんゲームが大好きです!

 

『なんで、仕事中にゲームしてるの?』っと怒る上司もいません。

 

実際のところ、他社さんのゲームを調査にすることは普通ですからね。市場調査といった理由です。
ただ、進捗が遅れていたり、長時間騒げば怒られます。

 

ゲーム好きにはオススメの環境ですね。

 

最新のツール・エンタメに触れる事ができる

先にも述べましたが、最新の進行管理ツール・開発ツールで業務をすることができます。

 

最初は慣れないかもしれませんが、いずれめちゃくちゃ役に立ちます。

 

ITに強くなると他の業界に転職したときも有利に働きます。

 

またゲーム開発は総合エンタメです。
その上、ユーザーファーストの視点で開発力がつくため、実力がめちゃくちゃつきます。

 

実際、ゲーム業界から他の業界に転職した方は『突飛なアイディアがだせる点』『ユーザーファーストで考えられる点』を企業側に重宝されておりました。

 

趣味が合う人と巡り合える

自分と趣味が同じジャンルの人と会える確率はものすごい高いです。

 

語りたいからランチ行こう!

今度イベントも行こう!

 

↑↑こんな会話もあります。基本的には、良い人ばかりですので、ゆる~く楽しいですよ。

 

逆に新しい価値観を見つける事もできます。自分が知らなかった文化・ジャンルを教えてもらえます。

 

また、トレンドに敏感な方も多いため、良い情報がチャットでたくさん飛んできます。

 

経歴が充実する

スマホのゲーム業界の場合は、リリースのサイクルが早いため3年も在籍すれば、プロジェクトの2~3本は携わることができます。

 

これが転職の時に非常に役立ちます。
『○○といったゲームタイトルに携わりました』という経歴だけで、書面が埋まります。

 

リリースした時の感動とユーザーさんの反応

リリースした時の感動とユーザーさんの反応

携わったゲームがリリースした時は感動します。我が子が旅立つ感覚ですかね。

 

スマホアプリのユーザー数は非常に多いので、何万もの人に触ってもらえることは最大のメリットです。

 

レビューに、自分が担当した点について良い評価があると非常にうれしいです。毎日、レビューやランキングを見てしまいます。

 

ゲーム業界に長期でいられる方の大半は、リリースの感動があるからかもしれません。それまでの苦労が報われます。

 

以上がゲーム業界で働くメリットです。
今回は割愛しますが、他にもたくさんありますよ。

 

 

ゲーム業界が気になるならば応募すべき

もしもゲーム業界に迷われているのでしたら、ぜひ応募してみることをオススメします。

 

ゲーム業界が気になるのに、やりたい事にエネルギーに使わないのは機会損失だと思います。少しでもご興味があれば転職エージェント・転職サイトに登録しておきましょう。

 

登録って正直めっちゃ面倒くさいですよね…
ストレスがあるだけでも登録する気力も無くなってしまいます。

 

ただ、面倒と思う時に重い腰を上げることが大事です。

 

転職エージェントはゲーム業界とパイプラインがあります。直接お話を聞いてみて進退を決めてみるのも一つの手段だと思います。エージェントが面倒だなっと感じるようでしたら転職サイトに登録しましょう。

 

気になる求人情報をストックしたりしておけば、就寝前に求人検索ができたり、おすすめ求人がメールで届きます。

 

先んじて登録しておくだけでも一歩前進ですよ。

 

以下が、優良な求人が集まる転職エージェント・転職サイトです。

 

ゲーム業界でも利用されています。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

 マイナビエージェント

+ 基本情報はココをタップ

サービス名マイナビエージェント
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
対象第二新卒
料金無料
取引企業約20,000社
面談場所東京(京橋/新宿)・神奈川・北海道・宮城・大阪・名古屋・京都・兵庫・福岡(電話/Web可)
面談日程日・祝以外
面談対応時間9:30〜20:30

 

業界屈指の大手ですので安定感はありますね。

 

大手ならではの、幅広いジャンルで求人が魅力的です。特にWeb・ゲーム・IT業界の求人が強いです。※マイナビは幅広い展開をしていますのでどの業界にも強いですよ。

 

求人数約20,000件うち非公開求人が約80%です。コネクション広いため他では出会えない求人があります。

 

メリット

  • 首都圏・関西圏の求人が豊富
  • 20代(特に第二新卒)の転職サポートに強い
  • 30代の転職サポートも可
  • 非公開求人が豊富
  • 未経験業界も受けられる

 

こういった点がマイナビエージェントの強み・人気の理由だと思います。
平日忙しいの社会人の場合でも、夜間・土曜の相談も受け付けてくれます。

 

気軽に相談してみましょう。

 

マイナビエージェントはコチラ

 

 

DODA

転職-DODA 転職支援サービス
DODA 転職支援サービス

+ 基本情報はココをタップ

サービス名DODA
公式サイトhttps://doda.jp/
対象職歴あり20~30代
料金無料
求人数約10万件
面談場所東京・横浜・札幌・仙台・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
面談日程日・祝以外
面談対応時間平日9:00~20:30/ 土曜日10:00~18:30

 

DODAは業界屈指の大手です。
こちらもマイナビエージェント同様に登録して損はないエージェントです。

 

求人数が多く、非公開求人を含めると約10万件です。コネクション広いため他では出会えない求人があります。

 

メリット

  • 求人数が非常に豊富のため各世代をしっかりサポートできる
  • 非公開求人を含めると10万件以上
  • 全国で対応している
  • 求人数が多いため自分の希望が通りやすい

デメリット

・求人数が多いため質の悪い求人も混ざっている

・メールが多い

 

DODAは大手ならではのデメリットがありますが、致し方ない点ですね。
平日忙しいの社会人の場合でも、土曜の相談も受け付けてくれます。

 

DODA転職支援サービスはコチラ

 

 

レバテックキャリア

【第二新卒向け】レバテックキャリア

レバテック キャリア

+ 基本情報はココをタップ

サービス名レバテック キャリア
公式サイトhttps://career.levtech.jp/
対象職歴あり20代30代クリエイター
料金無料
求人数約4,000件
面談場所東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、福岡
内定スピード最短1週間
初回提案内定率90%以上
面談日程日・祝以外
面談対応時間9:00〜18:00

レバテックキャリアは、IT/Web系のクリエイターに特化した転職支援サービスです。

 

求人登録数は約4,000件です。レバテックだけの非公開求人数も多数あります。他の転職エージェント同様に、書類の添削・面接対策・年収交渉までサポートしてもらえます。

 

特化型のため、デザイナーの転職に精通したキャリアアドバイザーがいるので専門職からすると安心感があります。話が通じやすいですからね。

 

メリット

・クリエイターに精通したキャリアアドバイザーがいる

・IT/Web系のクリエイターに特化している

・求人の質が高い

・デザインツールから求人を探せる

デメリット

・特化型のため求人数が少ない

・首都圏・関西圏・福岡などが対象

 

特化型ならではのデメリットもありますが、大手と併用して利用することをオススメします。お忙しい社会人でも土曜日・平日夜も対応してくれます。

 

専門職・技術職なら特化型は1つは必要だと思います。

 

レバテック キャリアはコチラ

 

 

リクナビNEXT

【第二新卒】リクナビNEXT

リクナビNEXT

 

登録して損はない転職サイトです。

 

求人数・登録者数が国内最大級の転職サイトです。
未経験者向けの中小企業の求人情報が全体の7割を占めています。

 

メリット

・ 求人数が国内最大級(毎週水・金更新)

・ 20~30代(未経験)の求人が豊富

・ 独自の高精度AIで自分の強みを診断してくれます

・ 専用アプリがあり求人を探す手間が省ける

 

こういった点がリクナビNEXTの強み・人気の理由だと思います。
登録することで見れる求人もあります。

 

リクナビNEXTはコチラ

 

 

オススメの転職エージェントをまとめた記事があります。手順等詳しく記載しましたので、ぜひご覧ください。

オススメ
ゲーム業界者が選ぶ|ゲーム業界におすすめの転職エージェント・転職サイト・クチコミサイト

続きを見る

 

 

企業の内情を知る方法

ここまで色々なお話をしましたが、あくまでも私や知人の経験に紐づいてお話をしているため、全ての企業に当てはまりません。

 

もっとホワイトな環境もあれば、ブラックな環境もあります。

 

ですので、就職する前や面接の前にクチコミサイトを使用することをオススメします。

 

実際私も数回使用しました。

 

転職会議

転職会議

転職会議

現社員や元社員が、企業の評判や裏情報などを口コミとして投稿する国内最大級のクチコミサイトです。

 

現在登録者数は700万人。
クチコミ数は300万件以上。

 

実際に利用しましたが、結構便利です。

 

メリット

  • 300万件の企業のクチコミを見る事ができる
  • 口コミ以外にも10万件以上の求人情報がある
  • 生々しいウラ情報が見れる

 

デメリット

  • 登録のみだと、最初の2行しかクチコミを見ることができない。
  • 登録が面倒。
  • 投稿がコピペ不可のため手間がかかる。

 

口コミをすべて見るためには、自身も以前に勤めていた企業の口コミを投稿しなければなりません。

 

ですので、職歴のない新卒の方の場合、バイトの経験があれば投稿できると思います。

 

転職会議はコチラ

 

 

ちょっとしたテクニック

裏事情を見るために、自分が勤めていた企業の口コミを投稿することは、正直ハードルが上がると思います。

 

ですので、まずこの手法を試してみるとよいと思います。

 

▼手法1

登録のみする。

最初の2行の口コミのみで企業の判断する。

 

▼手法2

検索して『〇件の投稿が権利者の申し立てにより削除されています。』といった記載があるか確認する。

これは過度な口コミがあり、企業側から削除申請された投稿になります。
こういった企業は警戒が必要だと思います。

  • ブラックな環境の暴露
  • 企業と揉めた
  • ただの悪質なもの

こういった内容の口コミが投稿された場合、企業側から削除される事が多いからです。

※転職会議の口コミは『無難な内容』or『暴露悪口』の2極化しています。

 

口コミの内容は正しいのか?

口コミの内容は正しいのか?

そもそも口コミの内容が正しいかは、実際に就職しないとわかりません。

 

ですので、前職の口コミを検証してみました。その結果、口コミはそれなりに当たっていました

 

ゲーム業界に限ってはなのかもしれませんが、ブラック企業にはそれなりの暴露は書かれている印象ですね。

 

ただ口コミを記載している人が、どこの誰かはわからないです。高評価ばかりの場合、サクラかもしれません。

 

他人の意見を鵜呑みにしすぎず、あくまでも参考程度にするとよいと思います。

 

クチコミサイトは、転職エージェント・サイトと併せて登録する事をオススメします。

転職会議はコチラ

 

 

まとめ:ゲーム業界はやめとけ?|転職する前に知るべき事

ゲームが好きならばオススメできる業界です。ただ企業によって働きやすさも大違いです。

 

未経験の場合は『どこでもいいから!』くらいの勢いで、入社される方もたくさんいるでしょう。

 

それでも大丈夫です。経験をつんだら、転職をすればいいと思います。

 

最初に登録すべきゲーム業界にオススメ5選

▼転職エージェント

①マイナビエージェント

定番のエージェントなので、案件が豊富。

特にWeb・ゲーム・IT業界の求人が強いです。夜間・土曜の相談も受け付けてくれます。

 

➁DODA

最大手のエージェントなのです。トータルの求人数は10万を越えています。

サポートも手厚いですし、選択肢を増やすために必要だと思います。土曜の相談も受け付けてくれます。

 

③レバテック キャリア

レバテックキャリアは、クリエイターに特化した転職支援サービスです。

デザイナー・プログラマーにオススメです。

求人登録数は約4,000件です。レバテックだけの非公開求人数も多数あります。

 

▼転職サイト

③リクナビNEXT

求人数・登録者数が国内最大級の転職サイト。

転職サイトならまずはココ。

 

クチコミサイト

④転職会議

企業の口コミ・内情を見ることができ、求人もみることができる転職サイトです。

現在登録者数は700万人。転職先がブラック企業かどうか判断に必須です。

 

もしもゲーム業界に転職してみたい方はコチラ。わたしの転職のテクが詰まっています。

オススメ
ゲーム業界は難しい?|未経験第二新卒で転職成功!100件の面接地獄から見出したデザイナーのテク

続きを見る

 

オススメの転職エージェントをまとめた記事はコチラ。手順等詳しく記載しましたので、ぜひご覧ください。

オススメ
ゲーム業界者が選ぶ|ゲーム業界におすすめの転職エージェント・転職サイト・クチコミサイト

続きを見る

 

ゲーム業界は身体に負担のある環境のため、なるべく若いうちに経験しておくことを強くオススメします。

 

以上です。

つたない文章や誤った情報等ございましたら、ご容赦くださいませ。

ありがとうございました。

-ゲーム業界転職, 転職

© 2021 ZRデザインラボ