ゲーム業界を諦めそうな方へ|業界経験者が語る打開策

ゲーム業界を諦めそうな方へ|業界経験者が語る打開策

こんにちは。

 

・ゲーム業界は『諦めた』けれど内心は諦めたくない

・応募しても受からず心が折れそう

・ゲーム業界に行きたいけれど行動していない

このような方にオススメできる記事になっています。

【筆者経歴】
ゲーム業界歴7年
4~5社経験 2Dデザイナー

新卒の時にコンシューマーを目指し全敗

その後
新卒採用されたWeb系企業を1年で辞め、ゲーム業界を目指しました。


ゲーム業界の面接は計100社近く

 

100件応募したわたしの失敗談を踏まえた上で『ゲーム業界に行く方法』をお話しします。

 

わたしはデザイナーなので、デザイナーの方のみに効果的な内容に見えますが、プランナー・プログラマー志望の方が見ても身になる内容だと思います。


ぜひこのままご覧ください。

▼この記事のポイント

①ゲーム業界に就職する近道がわかる

ゲーム業界が難しいかわかる

 

ゲーム業界は諦めるほど難しいのか?

 

結論から申し上げますと


ゲーム業界に就職することはそこまで難しくないと思います。


理由としましては、そもそも人手不足な上に成長している業界だからです。


経験者優遇な環境ではありますが、席は空いていると思います。


ちなみにゲーム業界は他業界からの転職がめちゃくちゃ多いです。年齢も千差万別です。年上の後輩はたくさんいます。


新卒・第二新卒・未経験・中途すべての方が、正しい方法を歩めば就職できると思います。

 

 

数社落ちて諦めている方へ

50社受ける覚悟で就活しましょう。

 

数社落ちるなんてよくあることです。諦めないようにしましょう。


ミスマッチは色んな理由がありますからね。


『ちょうどポジションが空いていない』
『つい先日別の人が決まってしまった』など

 

このような偶発的なものがあります。
反省・振り返りは大事ですが、自分だけのせいにしないようにしましょう。

 

 

年齢的に諦めている方へ

 

ゲーム業界では年齢は年齢的な有利不利はそこまでありません。


企業側は【年齢とスキル・経歴がともなっている事】を重視します。

 

 

経歴で諦めている方へ

 

ゲーム業界とは縁のない業界からでも、就職はできます。


むしろ縁のない業界の方は固執した視野をもっていないため重宝されます。


以前勤めていた企業では

『元ファーストフードの店長』
『元役者』『元土木作業員

このような方が転職されてきました。


この方たちの特徴は、『とにかく行動する!主体的に動く!』このようなタイプでした。


『ゲーム業界いきたいけど、無理かな』と諦めている方も、まず行動してみましょう。結果はいくらでも変えられます。

 

 

業界のイメージで諦めている方へ

 

『ゲーム開発したいけれどブラック業界でしょ?怖いから行きたくない』と思われる方もいると思います。


現在のゲーム業界はホワイト化が進んでいます。


残業時間も少なくなっています。
徹夜している方もほぼいません。


ゲームのリリース前だけ非常に忙しくなりますが、それ以外は比較的問題はないかなっと思います。

 

以上のことを踏まえると
ゲーム業界に就職することはそこまで難しくないと思いませんか?

もっと業界にしりたい場合は、転職エージェントに登録してお話を聞いてみると良いと思います。


ここからは『ゲーム業界に応募してもうまくいかない方』に向けて、よくある原因と打開策について記載していきます。


ゲーム業界に興味がある方も、知っておいて損はないと思いますので、このまま見ていただければと思います。

 

 

上手くいかないパターンを理解すること

 

まず、なぜ上手くいかないのかを明確にしていきましょう。きちんと理由を理解すれば、逆手にとった作戦がとれます。

 

①:大手企業を狙いすぎている


もしも大手有名企業ばかり狙っている場合は、狙いすぎないことをオススメします。


これを聞いて『自分は絶対大手企業に就職したい!』と思われる方はいると思います


それ自体は一切否定はしません。
※可能性がある限りたくさん応募してみるべきです。

 

ただ非常に競争率は高く、狙いすぎると就活が難しくなっていきます。

 

例として任天堂の新卒採用実績を載せます。

任天堂の新卒採用数

情報元:任天堂ホームページ(https://www.nintendo.co.jp/jobs/recruit/requirements/index.html)


どの年度も、新卒で採用される方はトータルで100名以下です。このような企業は中途のベテランでも普通に落とされます。

大手企業に内定をもらうには、縁・運・実力を備えてやっと届きます。
あまり固執しすぎないようにしましょう。

 

  

倍率を理解していない


大手企業が難しい理由は倍率にあります。


ゲーム業界は転職が圧倒的に多い業界です。


業界歴の長いベテランが年中応募している中で、同じ舞台で戦うことは大変難しいです。


もちろん全員が同じ職種を狙うわけではないことは理解しております。それでも、実力のあるライバルが多い事には変わりありません。

 

 

大手企業にかかる時間のリスクに気づいていない


大手企業は時間のリスクがかかる事も理解しておくべきだと思います。


時間のリスクがあるということは、複数同時に受けられる企業の上限が減ることになります。

 

▼新卒の場合
①大手の採用ページに登録

②エントリーシート記入

③ポートフォリオを提出

④1次面接

⑤2次面接

⑥インターン

⑦最終面接

▼中途の場合
①転職サイトに登録

②ポートフォリオを提出

③1次面接

④2次面接

⑤最終面接

 
ご存知かと思いますが、内定まではこのような手順がかかります。


非常に時間がかかるうえに、書類・面接内容を練る時間も必要です。


①内定の確率が低い
②時間のリスクが大きい


このことを考えると
大手企業に固執することにリスクがあることは理解しましょう。


最初から諦めて、大手を応募するなとは言いません。※可能性がある限りたくさん応募してみるべきです。 

 

 

②:アピールポイントがやる気だけになっている

 

『やる気あります!』と面接でアピールしてもあまり効果はありません。


ゲーム業界に就職する人は大半に該当するからです。もちろん評価してくれる企業はありますが、20代前半までしか使えない言葉だと思います。


スキルや実績をアピールする方が効果的だと思います。


スキルや実績が一切ない場合は、いばらの道になることは覚悟しておいた方がよいと思います。


そのような場合、遠回りになりますが、ゲーム業界と親和性のあるIT業界も視野にいれて就活をした方がよいかもしれません。


IT業界に就職後、ゲーム業界を目指しても遅くはありません。

 

 

③:年齢と実力のバランスを理解していない


先にも述べましたが、ゲーム業界では年齢的な有利不利はそこまでありません。


どちらかと言いますと
年齢に応じたスキルや実績が見られます。

 

30代でゲーム業界未経験の方でしたら
ゲーム業界に役立つスキルや実績があれば決して難しくはないはずです。

 

【営業職〇年やマーケター〇年など】
【マネジメント・リーダースキル・マーケティングなど】


その人自身のポテンシャルがあれば採用
される可能性はあります。

 

④:スキルが不足している【専門職】

 

デザイナー・プログラマー志望の方でうまくいかない場合は、スキル不足かもしれません。


スキルが独学の方は、就職まで保証された養成学校に通ったり、転職エージェントに相談してみましょう。


特にデザイナー志望の方は、就職ではポートフォリオの評価比重がかなり大きくなります。必ず転職エージェントに相談しましょう。

 

 

ゲーム業界にはいる打開策

1:スマホアプリ=ソーシャル系ゲーム業界に絞る

 

ゲーム業界に未経験で入りたい場合は
【ソーシャル系=スマホゲームの業界の企業】に定めましょう。

 

理由としては2つあります。

①人の流動性が早さ
ソーシャル系ゲーム業界は人の流動性が早く、常に人手不足だからです。

②企業とプロジェクトの多さ
スマートフォンの普及により、スマホアプリがたくさんの企業で開発されています。

コンシューマーよりも開発スピードが早く開発コストが低いため、開発する企業とプロジェクトの数が多いです。
※コンシューマーは5年以上の開発期間をかける場合もあります。

 

コンシューマーゲームに固執しないのであれば
ソーシャル系ゲーム業界を狙う事をオススメします。


また、ベンチャーが多いため
『高スキル・経歴を絶対重視』よりも
『ある程度のスキルと地頭のよい方』を重視して採用している企業が多いからです。


※プランナーは、ここをよく見られています。


特に専門学校出身の方は、簡単に就職できると思いますし、年数が浅い未経験者でも比較的内定がでやすいです。 

 

2:中小企業に狙いを定める

 

業界未経験者は、中小企業を中心に狙いを定めましょう。


理由として

①採用に関わる人数が少ない
採用担当者の数名を納得させるだけです

大手企業の場合、担当者数も面接数もおおいため、難易度が上がります。

 ②倍率が低い
中小企業や設立年数が少ない企業あるあるで、実力のある経験者はなかなか応募してきません。

そもそも応募総数が少ないのでチャンスが多いです


中小企業は大手企業と真逆です。
積極的に狙いにいくべきだと思います。


中小企業と聞くと

『実力のある人がいないのでは?』
『年収安いのでは?』
『安定していないのでは?』
『ブラック企業が多いのでは?』

このような疑問を感じるかもしれません。
ですがこの点は大手も変わりません。


大手企業でも実力のない人はいます。ブラック企業も未だに存在しております。


さらに最近では、コロナの影響もあり『大手=安定』『正社員=安定』この法則が崩れてきました。


中小企業という理由だけで拒否してはもったいないです。

 

 

3:会社の探し方を変える


上手くいかない原因として
会社の探し方が悪い可能性が高いです。


もしも転職サイトだけ利用している場合は、探し方を変えてみましょう。

  

転職エージェントに相談する

 

転職エージェントはかなりオススメです。


就活がうまくいかない場合、1度は必ず相談するべきだと思います。


エージェントは様々な業界に詳しく、企業と太いパイプラインがあるため転職サイトに載っていない非公開求人も紹介してくれます。


『転職サイトに登録しているから大丈夫』とお考えの方も、プラスになる事しかないのでエージェントに登録することをオススメします。


無料でこのサービスを利用できることは相当のアドバンテージだと思います。


本気でゲーム業界を目指している方ならば、
悩んでいる時間がもったいないのですぐ登録しましょう。


わたしが業界未経験デザイナーの時、転職エージェントには頼りませんでした。


結果として

・求人調査の時間が肥大化

・ポートフォリオの内容に無駄が増幅

・面接でなぜ落ちたかわからない


これを無限ループしていました。
こんなことにならないように注意しましょう。


そもそもエージェントは登録無料です。
1歩踏み出す行動力が今後を変えると思います

 

 

優良な求人情報が集まるエージェントはコチラ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

幅広いジャンルで求人が豊富です。特にWeb・ゲーム・IT業界の求人が強いです。
自分に合った求人をまとめて紹介してくれます。

ポイント① 首都圏・関西圏の求人が豊富

ポイント② 20~30代のサポートに強い!

ポイント③ 未経験者OK!応募書類~面接対策までサポート

 

こういった点がマイナビエージェントの強み・人気の理由だと思います。
その他にも夜間・土曜の相談も受け付けてくれます。

登録自体は無料ですので、気軽に相談してみましょう。1人で抱え込むことは避け、プロに相談しましょう。


マイナビエージェントはコチラ

  

 

ホームページから直接応募する

会社のホームページのみ求人をだしている企業に直接応募する方法です。


この手法には条件があります。


就活サイトに求人はだしていないが、自社のホームページだけに求人をだしている場合のみ直接応募してみましょう。


この方法は調査に結構な時間がかかります。
ですが、1つの手法としてアリだと思っています。


私の場合、第二新卒の時に『バイトからでもいいので雇ってほしい!』といった旨のメールとポートフォリオを送りつけました。幸い雇ってもらうことに成功しました。


新卒採用でも、このような別のルートからのデザイナーになる事は可能です。


『こんな方法は、ありえない・めんどくさい』と思うかもしれません。ですが、うまくいかない場合こそ行動あるのみです。


行動力が評価される場合がありますから。


行動 → 失敗 → 改善 → 行動
成功を勝ち取るには、これを繰り返すのみです。

 

 

4:正社員に拘らない

 

ここから説明する事はあまりオススメしません。


企業側のハードルを下げて内定をとる方法です。


是が非でもゲーム業界にいきたい場合は、雇用形態にこだわらなければ可能性は上がると思います。


理由としては
正社員で雇うとミスマッチの時に企業側にリスクがあるため警戒しています。
ですので雇用形態のハードルを下げる事で企業側が雇いやすくなります。


オススメできませんが『契約社員・バイトでも大丈夫』といった方がハードルが下がり、通りやすくなる可能性はあります。


『派遣』を利用するのも一つの手だと思います。


派遣で自分が望む業界を体感して、環境や仕事に合わなければ別の業界を受ければいいのです。


双方のミスマッチの予防もできます。

 

『契約社員・派遣・バイト』でも、正社員の道はあります。

 

パターン① バイト⇒契約社員⇒正社員
パターン② 派遣⇒正社員
パターン③ フリーランス⇒正社員

 

上記のような流れで、
正社員になられた方はたくさん見てきました。
 

実力を認められれば、企業側から誘いがあり。
正社員へ雇用形態が変わります。


ただ世間的にも
正社員=安定ではなくといった風潮になりつつあるので、こういったお話もしてみました。

 

 

以上が打開策になります。
もしもどれか1つでもやっていなければ行動してみてください。

 

 

未経験の採用実例

筆者が今まで見た未経験で採用された例を紹介いたします。

▼Aさん
年齢 : 20代後半
職種 : プランナー兼務プロジェクトマネージャー

詳細 : 元ファストフードの店長。プランナーとマネージャーを兼務していました。コミュニケーション能力が高く、スケジュール調整をきちんとされていました。

▼Bさん
年齢 : 30代前半
職種 : プランナー兼務ディレクター


詳細 : 元土木作業員。PC作業もおぼつかない感じでしたが、人手不足もあり採用。当初はめちゃくちゃ努力していました。
ゲーム開発と知識を蓄えるために、奔走していました。

▼Cさん
年齢 : 30代
職種 : プランナー

詳細 : 元役者。人手不足も理由でしたが、人として論理的な思考で仕事ができる印象のため採用されていました。
採用された後、敏腕プランナーでディレクターに昇格していました。

▼Dさん
年齢 : 30代
職種 : プログラマー

詳細 : 元飲食業店長。専門のスクールはでておらず。独学でプログラムを学習。

▼Eさん
年齢 : 30代
職種 : プログラマー

詳細 : 専門のスクールはでておらず。独学でプログラムを学習。人手不足もあり採用されていました。

▼Fさん
年齢 : 30代
職種 : 3Dデザイナー

詳細 : 社会人経験後にキャリア変更のために専門に通い卒業。当時の人手不足もあり採用。

▼Gさん
年齢 : 30代
職種 : 2Dデザイナー

詳細 : 元印刷系出身。専門のスクールはでておらず。同人系のイラスト・漫画を描いていました。素直で温厚、デザインに対する熱意がありました。

▼Hさん
年齢 : 30代
職種 : 2Dデザイナー

詳細 : 専門のスクールはでておらず。漫画を副業で描いていました。
素直さがあり学習意欲が強かったです。

 

一見すると簡単そうに見えますが
未経験の方は、実力よりも社内の状況に左右されていました。


縁や運だったと言っては失礼ですが、少なくともその可能性はありました。


開発職は独学の方が多かったですが、
可能な限り養成スクールに通う事をオススメします。


転職エージェントの利用率が圧倒して多かったので、成功率をあげるには必須だと思います。

 

ゲーム業界にオススメな3つのサイト


・マイナビエージェント|人材紹介
定番のエージェントなので、案件が豊富。特にWeb・ゲーム・IT業界の求人が強いです。夜間・土曜の相談も受け付けてくれます。

・転職サイトのリクナビNEXT|限定求人多数
求人数・登録者数が国内最大級の転職サイト。まずはここに登録しましょう。


・【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト
企業の口コミ・内情を見ることができ、求人もみることができる転職サイトです。
現在登録者数は700万人。転職先がブラック企業かどうか判断に必須です。

 

  

ゲーム業界未経験が覚悟すべきこと

 

ゲーム業界に未経験ではいると結構つらいことがあると思います。
実際に自分が体験したことをお話しします。

 

給与が低め

 

年収で200万後半~400万円は覚悟した方が良いと思います。


また、賞与がでる企業は多くないので年収ベースで給与を決められることが多いと思います。

未経験の方を募集する企業の中には、給与交渉の余地をいれてくれない企業もありますのでご注意ください。

 

やりたい業務に巡り合う可能性は低い

 

最初のうちは
やりたい業務はできないと思います。

職種にもよりますが、
例えば、プランナーで採用されたのに、企画立案ではなくシナリオの実装をリリースまでやる事になったり等


自分がやりたい事よりもプロジェクトで人材不足のところに配属されます。


わたしの場合はデザイナーで入社したのですが、人手・予算不足のため専門外のイラスト業務をやらされたこともありました。


また『オリジナルタイトルを開発したい!』などは、資金のある企業でしか開発ができません。

やりたい事は長期的な目線で考えるしかありません。

 

未経験者は一年は必死に働く覚悟が必要

 

未経験の方を募集する企業は、人手不足に陥ってる可能性が高いです。


少ない給与でも1年は必死に働く覚悟が必要です。
※ブラック企業だった場合は自分の身体を第一にして早めに退職しましょう。


1年間は、『ポートフォリオの充実』『スキルを身につける事』にフルコミットしましょう。2~3年目は、次のステップを考えながら働きましょう。


理由としては
1年目でスキルをしっかり身につけることで、2~3年目にやりたい業務への糸口・フリーランス・副業の道が見えてくるからです。


1~2年の職歴をつければ、次の転職の際はハードルがグッと下がります。


また、ゲーム業界で待遇面をあげるには転職かフリーランスが一番早いです。


同じ企業に長期的にいても、給与はかなり上がりづらい傾向があるので、1~2年で経験を積んで、次にもっとよい条件の環境にいくべきです。

 

  

好きな事に1歩踏み出さないは損

 

もしもゲーム業界に迷われているのでしたら、ぜひ応募してみることをオススメします。


ゲームが好きなのに好きなことにエネルギーを使わない事は機会損失だと思います。


ゲーム業界に入って後悔したこともたくさんありますが、一歩踏み出したことで新しい選択肢が増えました。


失敗を恐れずに行動してみるとおのずと道が開けると思います。
もしも悩んでいた場合、その時間がもったいないと思います。


少しでもご興味があれば転職エージェント・転職サイトに登録しておきましょう。


エージェントが面倒だなっと感じるのでしたら転職サイトに登録しましょう。


気になる求人情報をストックしたりしておけば、就寝前に求人検索ができたり、おすすめ求人がメールで届きます。


先んじて登録しておくだけでも一歩前進ですよ。

 

 

 ゲーム業界にオススメな3つのサイト

優良な求人が集まる転職エージェント・転職サイトです。
どちらも無料で有名です。


・マイナビエージェント|人材紹介
定番のエージェントなので、案件が豊富。特にWeb・ゲーム・IT業界の求人が強いです。夜間・土曜の相談も受け付けてくれます。

・転職サイトのリクナビNEXT|限定求人多数
求人数・登録者数が国内最大級の転職サイト。まずはここに登録しましょう。


・【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト
企業の口コミ・内情を見ることができ、求人もみることができる転職サイトです。
現在登録者数は700万人。転職先がブラック企業かどうか判断に必須です。

 

ゲーム業界オススメの転職サイト・エージェントまとめ記事はコチラ

 

 

まとめ:ゲーム業界を諦めそうな方へ|業界経験者が語る打開策

 

内容をまとめると以下の通りです。

 

・大手企業は難易度が高すぎ

・倍率を理解すること

・スマホアプリの業界に絞る

・中小企業での下積みを狙う

・会社の探し方を変える

・転職エージェントを活用する

 

このようなことに注意しておけば大丈夫だと思います。


10社落ちた程度であきらめてはいけませんよ。 

 

転職は人生において重要なポイントになると思います。
悔いの残らないよう慎重におこないましょう

 

もしもゲーム業界の内情を知りたい方はコチラの記事も見てみるとよいと思います。


ゲーム業界に詳しいほうが就職しやすいですからね。

 
つたない文章や誤った情報等ございましたら、ご容赦くださいませ。

よろしければ
zrdesignlabo(twitter) のフォローよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
記事公開日:2020年1月2日/記事更新日:2020年8月15日