【事例あり】未経験でもデザイナーになるには?【ゲーム業界は転職可能です】

未経験でもデザイナーになるには

こんにちは。
zrdesignlabo(@zrdesign)です。

・未経験だけどデザイナーなることは可能なの?
・デザイナーになるにはどんな条件があるの??

↑↑こんな方にオススメできる記事になっています。

zrdesignlaboとは

・ゲーム業界デザイナー
    >4社目/歴7年


・IT業界デザイナー
   >3社目/歴7年


上記グループのため、それなりのノウハウをお伝えできると思います

 

 この記事のポイント

①未経験でデザイナーになる方法がわかる

②どんな方が未経験でデザイナーになったかがわかる

 

 

結論:ゲーム業界なら、未経験でも就職可能です。

ゲーム業界なら未経験でもデザイナーとして就職は可能です。
※ここでのゲーム業界は、コンシューマーではなくアプリ業界を指します。


理由は、圧倒的に人手不足の業界だからです。


実際に、以前の勤めていた企業で、未経験のまま入社しているデザイナーさんは何人も見てきました。


デザイナーになりたいならスマホアプリ業界は狙い目です!!

 

未経験デザイナーの採用される条件

下記の条件に当てはまっていたと思います。


1.最低限のデザインスキル
2.人柄/コミュニケーション能力
3.年齢
4.専門/デザインスクール卒
5.創作活動に積極的かどうか


全てに当てはまる必要はありません。

 

未経験は、戦力ではなく育成枠として採用されます。
ですので、必要なのは会社側がコストを割いてでも育成したいと思えるかどうかです。

 

狙い目の3大要素

・デザインの最低スキル

・デザインへの執着心/成長意欲

・コミュニケーション能力=環境適応能力


デザインスキルは関してですが、育成枠にはそこまで求めていないと思います。

それでもポートフォリオはしっかり見られるので、デザイン量を増やすことで、『学習意欲があり成長意欲』を伝えられるようにしましょう。


また、業界的な問題でもありますが、コミュ障が多いため人柄を見られます。
チームで業務をおこなうため、円滑に仕事をおこなえそうに見えることが重要です。

 

未経験の採用例

今まで見た、未経験デザイナー例になります。

Aさん
年齢:20代/2Dデザイナー

スクール卒ではない。
ポートフォリオは同人系の漫画/イラスト。コミュニケーション能力が高い。

Bさん
年齢:20代/2Dデザイナー

スクール卒ではない。
ポートフォリオはほぼ落書きやちょっとしたイラスト。論理的で、学習意欲とやる気がありました。

Cさん
年齢:30代/3Dデザイナー

社会人経験後にキャリア変更のための専門卒。
当時の人手不足のもあり採用。

 Dさん
年齢:30代/2Dデザイナー
スクール卒ではない。
ポートフォリオは同人系のイラスト/漫画と個人創作でした。デザインが好きな気持ちが強く、人柄がよかったです。

 

デザイナーになる前に覚悟すべきこと

①給与が低いこと
②やりたい業務に巡り合う可能性は低い


育成枠になるため、給与が低い
です。
また、デザイナーになれても本当にやりたい業務に巡り合う可能性は低いです。


やりたい業務にたどり着くには長期的に見る覚悟
が必要です。

 

 

スクールや専門学校に行くべきかどうか

わたしとしては、デザインスクールや専門学校に通うべきだと思います。


理由として
・自分に合っている職業かを確認できる
・途中であきらめない環境をつくれる
・ポートフォリオが充実する


以上3点から、短期でもデザインの学習にフルコミットするべきだと思います。


スクールでは、『ツールの学習』『制作物を増やす』『業界のどの枠が空いているのかを考える』がよいかもしれません。
せっかくスクールに通っても、枠が少ない業種の場合は、いばらの道になるためです。


もちろんスクールに行かない選択肢もありだと思います。


制作物やデザインスキルに自信がある場合は、そのままポートフォリオを作成して応募するのもありだと思います。


それでも、業界のどの枠が空いているのか(需要のある職種)を考えるべきです。

 

狙い目の枠(業種)とは

実は、どの枠(業種)も基本的には人手は不足しています。
それでも就職するのはハードルの高い職種はたくさんあります。

◆イラストレーター(絵師)
職務内容:キャラクターデザイン・背景アート・コンセプトアート等を描くゲーム制作の花形。

難易度:★★★★★ 

理由:フリーランスで上手な方がたくさんいるため外部発注がメインになります。この枠は難しいのではないかと思います。

◆3Dデザイナー
職務内容:キャラクター・背景等の3D素材を作成。

難易度:★★★★★ 

理由:人手不足ですが。スキルを得る時間がかなり必要です。専門学校に通ってから就職する流れが堅実だと思います。
未経験でも可能ですが、それなりのスキルと経験が必要です。

◆2Dデザイナー
職務内容:2D素材の作成。なんでもやる便利屋さん。

難易度:★★☆☆☆

理由:狙い目枠です。作業の幅が広いため、枠としては一番空いていると思います。

◆Webデザイナー
職務内容:Webページのデザイン/コーディング。企業にもよりますが、広報系の仕事/マーケティングをおこなう方もいらっしゃいます。

難易度:★★☆☆☆

理由:狙い目枠です。webデザイナーのいい点は、ゲーム業界以外でも汎用的に活躍できる点です。また、UIデザイナーにキャリア変更しやすいです。

◆UI/UXデザイナー
職務内容:ゲーム画面のレイアウト/ボタン/画面アニメーションの作成。

難易度:★★★☆☆

理由:かなり人手不足な分野で、狙い目枠ではあります。
ですが、結構特殊な職種のため、2D/webデザイナーの経験者がキャリア変更でなられる方が多いです。
問題点は、UIデザイナー向けのポートフォリオが作成しづらい点。

 

ポートフォリオがまとまり次第【転職エージェントに登録】

ポートフォリオがある程度まとまったところで、転職エージェントの登録をしましょう。


太いパイプラインがあり、求人の情報が一番集まります。また、ポートフォリオの添削やアドバイスもしてもらえます。

※私は未経験の時エージェントを利用せず非常に苦労しました。

転職エージェント・ワークポート

実際に利用しました。対応はすごくよかったです。業界内の利用者は多めでした。また、不評等はなかったです。転職を考えるならば、1分ほどで終わるので登録しましょう。

IT専門エージェント|マイナビクリエイター

利用したことはないのです。ただ、マイナビ転職の利用経験はあるため情報量もかなりあると思います。また、以前いた会社で求人を出す側でマイナビ様にお世話になったのですが、非常に親切で適切な対応をしてくださいました。


↓↓転職サイト・転職エージェントは下記にまとめてあります。

www.zrdesignlabo.com



未経験で転職後は一年は必死に働く覚悟が必要

転職後は、少ない給与で多忙でも1年は必死に働く覚悟が必要です。
※ブラック企業だった場合は自分の身体を第一にして早めに退職しましょう。


1年間は、『ポートフォリオの充実』『スキルを身につける事』にフルコミットしましょう。2~3年目は、次のステップを考えながら働きましょう。


理由としては、1年目でスキルをしっかり身につけることで、2~3年目にやりたい業務への糸口/フリーランス/副業の道が見えてくるからです。


また、ゲーム業界で待遇面をあげるには転職かフリーランスが一番早いです。
同じ企業に長期的にいても、給与はかなり上がりづらい傾向があるので、1~2年で経験を積んで、次にもっとよい条件の環境にいくべしです!!

基本は、人の入れ替わりが早い業界なので、退職前提で働いて問題ないと思います。

 

以上です。


つたない文章や誤った情報等ございましたら、ご容赦くださいませ。

よろしければ
zrdesignlabo(twitter) のフォローよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
記事公開日:2020年1月2日/記事更新日:2020年2月9日