ゲーム業界転職 転職

ゲーム業界者が選ぶ|ゲーム業界におすすめの転職エージェント・転職サイト・クチコミサイト

ゲーム業界者が選ぶ|ゲーム業界におすすめの転職エージェント・転職サイト・クチコミサイト

こんにちは。

 

悩んでいる人

ゲーム業界『未経験者』『第二新卒』だけど、ゲーム業界に転職したい

・ゲーム業界で利用される、転職サイト・転職エージェントを教えて欲しい

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

筆者

【筆者経歴】

ゲーム業界歴7年

4~5社経験 デザイナー 面接官経験あり

 

新卒の時にコンシューマーゲーム業界を目指し全敗

その後新卒採用されたWeb系企業を1年で辞める

改めてゲーム業界を目指しました。

 

ゲーム業界の面接は100件近くやりました。

 

た【ゲーム業界の社員・派遣・フリーランスの方】からそれなりに情報を聞いておりますので、信憑性のある情報をお伝えできるかと思います。

 

筆者はデザイナーですが『ゲームデザイナー(プランナー)』『プログラマー』にもオススメできる内容になっております。

 

この記事のポイント

・未経験者/第二新卒可の転職エージェントがわかる

・業界者が活用する転職エージェント/転職サイトがわかる

・業界内で評判の良い転職エージェント/転職サイトがわかる

 

 

 

結論 : どこの転職エージェント・サイトがおすすめ?

結論 : どこのエージェント・サイトがおすすめ?

結論から申し上げますと大手を中心に『複数登録すること』がベストです。

 

以下を参考にしていただければと思います。※すべて完全無料

 

まず登録すべきサイト

▼転職エージェント

①マイナビエージェント②DODA

▼特化型エージェント

③レバテック キャリア

▼転職サイト

④リクナビNEXT

▼クチコミサイト

⑤OpenWork⑥転職会議

 

繰り返しになりますが、大手を中心に複数登録することがオススメです。理由としましては、担当によって良し悪しが変わってしまうからです。

 

エージェントあるあるの1つで、同じエージェントの評判を聞いても人によって意見が様々です。

 

Aさん

すごい丁寧な対応をしてよかった!

Bさん

担当が真摯に対応してくれなかった…

 

このように担当してくれるアドバイザーによって印象が違っています。

 

実はエージェント自体の差は求人数で、サービス自体に大きな違いはありません。アドバイザーとのマッチングが1番重要です。

 

複数に登録して自分と相性の良い担当を見つけましょう。

 

 

職種によっておすすめのエージェントは異なるの?

『デザイナーにオススメ!』とか、『ゲームデザイナー(プランナー)ここ!』とかはあまりありません。

 

とにかく『親身になってくれるアドバイザー』を見つけましょう。色々あると迷ってしまいますが、転職エージェントを選ぶことに時間を割くことはもったいないです。

 

迷うならばまとめて登録すればよいと思います。

 

 

複数登録すべき理由は?

大きくは2つあります。

 

1つ目は、先にも述べましたが『相性の良いアドバイザー』を見つけるためです。

 

2つ目は『非公開求人・独占求人を確保』のためです。独占案件とは、他社のエージェントでは取り扱っていない求人が存在していることです。

 

より多くの優良な企業に応募するために必要になります。

 

 

最初に登録すべきゲーム業界にオススメ5選

▼転職エージェント

①マイナビエージェント

定番のエージェントなので、案件が豊富。
特にWeb・ゲーム・IT業界の求人が強いです。夜間・土曜の相談も受け付けてくれます。

 

➁DODA

最大手のエージェントです。トータルの求人数は10万を越えています。
サポートも手厚いですし、選択肢を増やすために必要だと思います。土曜の相談も受け付けてくれます。

 

③レバテック キャリア

レバテックキャリアは、クリエイターに特化した転職支援サービスです。
デザイナー・プログラマーにオススメです。
求人登録数は約4,000件です。レバテックだけの非公開求人数も多数あります。

 

▼転職サイト

③リクナビNEXT

求人数・登録者数が国内最大級の転職サイト。
転職サイトならまずはココ。

 

クチコミサイト

④転職会議

企業の口コミ・内情を見ることができ、求人もみることができる転職サイトです。
現在登録者数は700万人。転職先がブラック企業かどうか判断に必須です。

 

 

----------------------

ここからは【初心者の方向け】の内容になっております。

 

①転職エージェント・転職サイトの違い

②クチコミサイトについて

③エージェントの特徴

 

これらについて理解がある方は、先ほど紹介したサービスに登録して就活・転職活動を始めてみてください。

 

もしも登録に悩んでいるならば、いつもと違う行動するだけで結果は大きく異なりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

その経験は次の糧となりますので大きな価値があります。

 

 

転職エージェントの流れ

就活/転職エージェントの流れ

準備~登録~内定までの流れについて説明いたします。

 


  • STEP1 - 準備

    【ポートフォリオの準備】

    デザイナーの場合はポートフォリオは必ず必要です。どの書類よりも重要な判断材料になります。プランナー・プログラマーも必要な書類をまとめましょう。

    -

    【希望を明確にする】
    ゲーム業界の何になりたいのかを明確にしましょう。
    希望職種・どのようなゲームに携わりたいのか具体的な方がよいと思います。

    -


  • STEP2 - 登録

    以下のエージェントに登録する。

    ①マイナビエージェント②DODA③レバテック キャリア

    -


  • STEP3 - 面談

    エージェントととの面談の日程を決め面談に伺う。(オンライン面談も可)

    -

    転職エージェントが、状況の確認などのヒアリングを行ってくれます。もしもエージェントに複数登録している場合は素直に伝えた方が良いです。

    -

    ポートフォリオは事前に送るか持ち込みましょう。

    -

    担当者と相性が良ければ引き続きサポートをお願いし、対応が悪ければ別のエージェントに登録しましょう。最悪ダメなら切ってしまって大丈夫だと思います。

    -


  • STEP4 - 並行作業

    エージェントに求人を探してもらう間に、転職サイトで求人を探しましょう。

    -

    優先順位を決めて
    並行して作業することが大事です。

    -


  • STEP5 - 候補をクチコミサイトで調査して応募

    エージェントから求人を紹介してもらい、気になる求人が見つかったら応募しましょう。応募の前には必ずクチコミサイトをチェック!

    -

    クチコミの内容がブラックならば応募はせずに別の求人をチェック!
    クチコミサイトでわからなければ、エージェントにも聞いてみましょう。

    -


  • STEP6 - 内定・交渉

    企業と面接して縁があれば内定となります。

    -

    職歴がある場合は、エージェントが給与交渉をおこなってくれることもあります。

    -

    もちろん内定を断っても問題ありません。
    違約金とかも発生しませんので安心してください。

    -

    面接して断られた場合は、エージェントからフィードバックがきますので次に生かしましょう。これだけサポートしてもらって0円ですので、エージェントって心強いですね。


 

 

就活/転職エージェント・サイトの違い

では就活エージェントと就活サイトの違いについてお話します。

 

わたしの周りでも結構いるのですが、エージェント自体をあまり理解せずに就活をしている方がいます。知らないと機会損失になりますので、きちんと理解しましょう。

就活/転職エージェントとは?

就活/転職エージェントとは?

完全無料で転職・就活のサポートをしてくれるサービスです。
担当者が相談にのってくれたり、求人を紹介してくれます。

 

転職サイトにはない『非公開求人・独占求人』出会えることも大きなメリットです。企業との橋渡しをしてくれるため、内定率を上げてくれます。

 

【例】 マイナビエージェントDODAレバテック キャリア

 

就活/転職サイトとは?

就活/転職サイトとは?

完全無料でたくさんの求人がまとまっているサイトです。自分のペースで求人を探すことができます。

 

【例】リクナビNEXT など

 

 

就活/転職エージェント・サイトを比較

転職エージェント転職サイト
求人調査エージェントが紹介してくれる自分で求人検索・直接応募
求人数非公開求人あり非公開求人は見れない
応募書類客観視して添削してもらえる自分で分析し添削する
面接エージェントが日程調整してくれる自分で管理する
企業情報企業の内情がわかる(ブラック状況)WEB上から把握
待遇の交渉給与交渉もしてもらえる給与交渉は自分で頑張る
ポートフォリオ客観視して添削してもらえる自分で分析し添削
面接不採用のフィードバックがある不採用の理由がわからない

違いとしましては上記のようになります。
内定の確実性を求めるならば、転職エージェントの方が有利になれます。

 

 

就活/転職エージェントのメリット・デメリット

メリット

①企業の内情がわかる

②非公開求人に応募できる

③ポートフォリオのアドバイスがもらえる

④履歴書/職務経歴書のアドバイスがもらえる

⑤不採用の理由が聞ける

⑥内定率があがる

デメリット

①スケジュールを詰められてしまう

②納得していない企業を勧められることがある

③担当者に当たり外れがある

④担当者との面談が手間に感じる

 

 

就活/転職サイトのメリット・デメリット

メリット

①自分のペースで応募ができる

②全て自分でコントロールができる 

デメリット

①客観視ができない

②落ちた場合理由がわからない

 

両方ともにメリット・デメリットがあります。オススメは、両方のメリット活かすために、複数登録して無駄な時間を作らないように進める事です。

 

 

なぜ無料なのか?

就活/転職エージェント・サイトともに完全無料です。

 

これはなぜなのかと言いますと、企業から報酬を得ているからです。

 

就活/転職エージェントの仕組み

就活/転職エージェントの仕組み

【エージェントが紹介した求職者】が入社までたどり着くと【紹介された企業側】から求職者の年収約1/3の報酬がエージェントに入ります。

 

企業側から報酬を受け取る仕組みになっているため、求職者は料金を払わなくて大丈夫なんです。

 

例えるならば、不動産屋と似た仕組みです。仲介手数料を報酬として取得することで経営しています。

 

企業側からしたら人材採用にはこういった支出があるため、早期離職されると困ります。
そのため採用は慎重になります。

 

就活/転職サイトの仕組み

就活/転職サイトの仕組み

サイトにつきましても同じ理由です。

 

企業側が掲載費を支払うことで、求人をサイトに載せることができます。エージェントと比較するとコストは比較的安いです。

 

つまりエージェントの方が、人材採用にきちんとコストを割いている企業が多いので、ホワイト企業が傾向にもつながります。※すこしこじつけが強いですが…

 

 

クチコミサイトとは?

クチコミサイトとは?

記事の最初の方に記載したリストの中にクチコミサイトが入っています。

 

これは企業のクチコミ・内情を見ることができるサイトです。企業で働いていた人が裏情報を書き込んでいるので、生々しい情報・ネガティブな要素を知る事ができます。

 

【例】OpenWork転職会議

 

企業は求人・webにポジティブな面しか記載しませんので【貴重な情報源】になります。

 

就職・転職は一生を左右する決断の1つです。
せっかく入社した企業がブラック企業だった場合、いかがでしょうか。

 

ゾッとしますよね。

 

そもそも事前にブラック企業と判断ができるなら、候補を絞りやすくなりますし、無駄な面接を減らせて効率的です。

 

そういった理由もあり、クチコミサイトは必ず使用した方がよいと思います。

 

私も利用した事があり、前職の企業を調べたところ真実だらけでしたので結構驚きました。登録が結構面倒ですが、ミスマッチを防げる事と比較したら面倒ではありません。

 

 

ゲーム業界内でよく聞く転職エージェント

ここからはおすすめのエージェントを記載していきます。

 

正直いってしまうと、エージェントの違いは求人数です。それ以外は誤差だと思います。

 

何度も言いますが担当者に左右が重要ですので、複数登録することをオススメします。

 

登録して面談した後に、相性のよい担当者に絞ることがスムーズに進展すると思います。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェント

+ 基本情報はココをタップ

サービス名マイナビエージェント
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
対象第二新卒・職歴あり20~30代
料金無料
取引企業約20,000社
面談場所東京(京橋/新宿)・神奈川・北海道・宮城・大阪・名古屋・京都・兵庫・福岡(電話/Web可)
面談日程日・祝以外
面談対応時間9:30〜20:30

 

業界屈指の大手ですので安定感はありますね。

 

大手ならではの、幅広いジャンルで求人が魅力的です。特にWeb・ゲーム・IT業界の求人が強いです。※マイナビは幅広い展開をしていますのでどの業界にも強いですよ。

 

求人数約20,000件うち非公開求人が約80%です。コネクション広いため他では出会えない求人があります。

 

メリット

  • 首都圏・関西圏の求人が豊富
  • 20代(特に第二新卒)の転職サポートに強い
  • 30代の転職サポートも可
  • 非公開求人が豊富
  • 未経験業界も受けられる

 

こういった点がマイナビエージェントの強み・人気の理由だと思います。
平日忙しいの社会人の場合でも、夜間・土曜の相談も受け付けてくれます。

 

気軽に相談してみましょう。

 

マイナビエージェントはコチラ

 

 

DODA

転職-DODA 転職支援サービス
DODA 転職支援サービス

+ 基本情報はココをタップ

サービス名DODA
公式サイトhttps://doda.jp/
対象職歴あり20~30代
料金無料
求人数約10万件
面談場所東京・横浜・札幌・仙台・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
面談日程日・祝以外
面談対応時間平日9:00~20:30/ 土曜日10:00~18:30

 

DODAは業界屈指の大手です。
こちらもマイナビエージェント同様に登録して損はないエージェントです。

 

求人数が多く、非公開求人を含めると約10万件です。コネクション広いため他では出会えない求人があります。

 

メリット

  • 求人数が非常に豊富のため各世代をしっかりサポートできる
  • 非公開求人を含めると10万件以上
  • 全国で対応している
  • 求人数が多いため自分の希望が通りやすい

デメリット

・求人数が多いため質の悪い求人も混ざっている

・メールが多い

 

DODAは大手ならではのデメリットがありますが、致し方ない点ですね。
平日忙しいの社会人の場合でも、土曜の相談も受け付けてくれます。

 

DODA転職支援サービスはコチラ

 

 

レバテックキャリア

【第二新卒向け】レバテックキャリア

レバテック キャリア

+ 基本情報はココをタップ

サービス名レバテック キャリア
公式サイトhttps://career.levtech.jp/
対象職歴あり20代30代クリエイター
料金無料
求人数約4,000件
面談場所東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、福岡
内定スピード最短1週間
初回提案内定率90%以上
面談日程日・祝以外
面談対応時間9:00〜18:00

レバテックキャリアは、IT/Web系のクリエイターに特化した転職支援サービスです。

 

求人登録数は約4,000件です。レバテックだけの非公開求人数も多数あります。他の転職エージェント同様に、書類の添削・面接対策・年収交渉までサポートしてもらえます。

 

特化型のため、デザイナーの転職に精通したキャリアアドバイザーがいるので専門職からすると安心感があります。話が通じやすいですからね。

 

メリット

・クリエイターに精通したキャリアアドバイザーがいる

・IT/Web系のクリエイターに特化している

・求人の質が高い

・デザインツールから求人を探せる

デメリット

・特化型のため求人数が少ない

・首都圏・関西圏・福岡などが対象

 

特化型ならではのデメリットもありますが、大手と併用して利用することをオススメします。お忙しい社会人でも土曜日・平日夜も対応してくれます。

 

専門職・技術職なら特化型は1つは必要だと思います。

 

レバテック キャリアはコチラ

 

 

非公開求人の重要性

非公開求人にはメリットがあります。

 

特に未経験者・第二新卒は、非公開求人を狙うべきです。

 

理由としては、非公開求人の中に未経験者可の求人が混ざっているからです。他では手に入らない求人もあったりします。

 

 マイナビエージェントDODAレバテック キャリア

 

これら3社はそれぞれ非公開求人もあれば独占案件もあると思います。
ぜひ狙ってみてください。

 

そもそも非公開求人は企業側にもメリットがあります。

 

理由として一般の転職サイトで求人をだすと、一斉に応募がくるため企業側に選別のコストがかかってしまいます。

 

それをエージェントに非公開求人としてお任せする事で、エージェント側がマッチしそうな方だけにお届けしています。

 

わたしがゲーム業界未経験だった頃に、転職エージェントに頼らずに転職活動をしました。その結果、面接100件地獄になりました。
そのようなことは避けましょう。

 

 

ゲーム業界でよく聞く転職サイト

『職場に不満がある』

『今すぐではないが転職したい』

『ゲーム業界の求人をしりたい』

 

このような方は転職サイトに登録することをオススメします。

 

転職サイトのメリットは、気になる求人情報をストックができ、就寝前に求人検索ができます。定期的におすすめ求人がメールで届きます。

 

直近で転職予定はなくても、良い求人があるかもしれませんので、登録して可能性は広げておくべきだと思います。

 

エージェントに頼らずに、個人のペースで求人検索をして転職を進めたい方にオススメします。

 

どれも登録に5分もかからないと思います。

 

リクナビNEXT

【第二新卒】リクナビNEXT

リクナビNEXT

 

登録して損はない転職サイトです。

 

求人数・登録者数が国内最大級の転職サイトです。
未経験者向けの中小企業の求人情報が全体の7割を占めています。

 

メリット

・ 求人数が国内最大級(毎週水・金更新)

・ 20~30代(未経験)の求人が豊富

・ 独自の高精度AIで自分の強みを診断してくれます

・ 専用アプリがあり求人を探す手間が省ける

 

こういった点がリクナビNEXTの強み・人気の理由だと思います。
登録することで見れる求人もあります。

 

リクナビNEXTはコチラ

 

 

イーキャリア転職

転職サイト イーキャリア転職

イーキャリア

 

こちらは個人的には、昔から多く利用しています。ゲーム系が多めでバランスよく求人がある印象です。

 

メリット

・ ソーシャル系ゲームの求人数が強い

・ 第二新卒・既卒・未経験デザイナーOKの中小ゲーム会社が載っていることがある

・ 20・30代の転職に強い

・ 求人情報が毎日更新される

 

こういった点がイーキャリアの強みだと思います。
転職活動をするならば、まず登録すべき転職サイトかなと思います。

 

イーキャリアはコチラ


 

 

Green

転職サイトGreen

Green(グリーン)

 

こちらも昔から利用しています。ゲームもありますがITとWeb系の求人が多めにある印象です。

 

珍しいですが任天堂の求人もあったりしますので、安心できる転職サイトの1つだと思います。

 

メリット

・IT業界の求人が1,5000件以上掲載されています

・ゲーム業界以外も視野に入れている場合オススメです

・企業の人事担当者と直接連絡がとれます

・スタートアップ企業・設立年数の浅い企業・ユニークな企業が多めです

・書類選考なしのカジュアル面談が可能


 

こういった点がGreenの強みだと思います。
そもそもサイトのデザインがおしゃれで見やすいですね。

 

Greenのデメリットとしては、エージェントのようなサポートがないので、自発的に企業とやりとりができる人がオススメかもしれません。

 

Green(グリーン)はコチラ

 

 

マイナビ転職

転職サイト・マイナビ転職

マイナビ転職

 

個人的には、昔から利用しています。画面も見やすく解約等も簡単にできます。

 

時期によってはゲーム系は少ない印象です。

 

メリット

・ 未経験デザイナーOKの中小ゲーム会社が載っていることがある

・ 専用のアプリが使用できる

・ 転職MYコーチという履歴書や面接時のアドバイスを受けられるサービスがある

 

こういった点がマイナビ転職の強みだと思います。

 

転職MYコーチという、エージェントのサービスみたいなものも受けられたりします。
ただ、デメリットとしましてはスカウトメールが多すぎるかなっといった印象です。

 

マイナビ転職はコチラ

 

 

おすすめクチコミサイト

転職会議

転職会議

転職会議

現社員や元社員が、企業の評判や裏情報などを口コミとして投稿する国内最大級のクチコミサイトです。

 

現在登録者数は700万人。
クチコミ数は300万件以上。

 

実際に利用しましたが、結構便利です。

 

メリット

  • 300万件の企業のクチコミを見る事ができる
  • 口コミ以外にも10万件以上の求人情報がある
  • 生々しいウラ情報が見れる

 

デメリット

  • 登録のみだと、最初の2行しかクチコミを見ることができない。
  • 登録が面倒。
  • 投稿がコピペ不可のため手間がかかる。

 

口コミをすべて見るためには、自身も以前に勤めていた企業の口コミを投稿しなければなりません。

 

ですので、職歴のない新卒の方の場合、バイトの経験があれば投稿できると思います。

 

転職会議はコチラ

 

 

OpenWork

OpenWork

OpenWork

 

こちらも国内最大級のクチコミサイトです。

 

現在登録者数は390万人。クチコミ数は1,000万件を突破。

 

新卒の方でもOpenWork経由で就職サービスへ登録するとご覧になれます。職歴のある方は投稿が必要になります。

 

22年卒の新卒採用はすべて無料でご利用できます(神)

 

メリット

・1,000万件の企業のクチコミを見る事ができる

・口コミ以外にも10万件以上の求人情報がある

・OpenWorkの社員がクチコミを審査している

デメリット

・登録が面倒。

・投稿がコピペ不可のため手間がかかる。


 

OpenWorkのクチコミは審査・ルールが厳格化しているので安心ですが、逆に生々しい裏情報がない場合もありますので、転職会議と併用すると良いですよ。

 

OpenWorkはコチラ

 

 

常時求人広告がある企業は注意

『常に求人がでている企業』『有名企業のピックアップ広告』は注意が必要です。

 

理由としては『 常時求人広告がある = 人手が常に不足している 』状態です。

 

人手が常に不足している状態は、多くの人材が早期に流出している可能性があります。つまりブラック企業の可能性があります。

 

いくら大手企業といえど、ブラックな環境はいくらでもあります。

 

大手に入社して酷い目にあっている知人もたくさんみました。面接の際は勇気をもって『残業時間・賞与・福利厚生』を聞くべきです。

 

難しそうでしたら転職エージェントにお願いしましょう。転職エージェントは人材の流出入にも詳しいのでそういった面でも頼りになります。

 

また、エージェントが親切でも、面接を受けた企業に違和感を感じたら辞退してもよいと思います。

 

申し訳ないと思う気持ちもありますが、あなたの人生が第一です。

 

辞退しても違約金などは発生しません。エージェントも慣れています。

 

 

おわりに:ゲーム業界におすすめの転職エージェント・転職サイト・クチコミサイト

もしもゲーム業界に迷われているのでしたら、ぜひ応募してみることをオススメします。

 

ゲームが好きなのに好きなことをエネルギーに使わない事は機会損失だと思います。

 

ゲーム業界に入って後悔したこともたくさんありますが、1歩踏み出したことで新しい選択肢が増えました。

 

失敗を恐れずに行動してみるとおのずと道が開けると思います。
もしも悩んでいた場合、その時間がもったいないと思います。

 

少しでもご興味があれば転職エージェント・転職サイトに登録しておきましょう。

 

上記でも述べましたが、ストレス・眠気があるだけでも登録する気力も無くなってしまいます。

 

面倒と思う時に重い腰を上げることが大事です。

 

転職エージェントが面倒だなっと感じるのでしたら転職サイトに登録しましょう。

 

気になる求人情報をストックしたりしておけば、就寝前に求人検索ができたり、おすすめ求人がメールで届きます。

 

先んじて登録しておくだけでも一歩前進ですよ。

 

まず登録すべきサイト

▼転職エージェント

①マイナビエージェント②DODA

▼特化型エージェント

③レバテック キャリア

▼転職サイト

④リクナビNEXT

▼クチコミサイト

⑤OpenWork⑥転職会議

 

以上です。

つたない文章や誤った情報等ございましたら、ご容赦くださいませ。

ありがとうございました。

-ゲーム業界転職, 転職

© 2021 ZRデザインラボ