iPad iPad周辺機器

3台検証|iPadのイラスト用スタンドはBoYataが作業台におすすめ

3台検証|iPadでイラストはBoYataスタンドが作業台におすすめ

悩んでいる人

・iPadのイラスト用スタンドを探してる

・BoYataのスタンドでどれが良いが迷っている

・iPadの作業台を探している

・猫背/首肩の疲れを軽減したい

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

今回検証するスタンドは以下3台です。

BoYataノートパソコンスタンド(BST-10)・Boyataノートパソコンスタンド(N21)・BoYataミニ

BoYataノートパソコンスタンド(BST-10)Boyataノートパソコンスタンド(N21)BoYataミニ

 

BoYataのスタンドは、Amazonでも売れ筋ランキング上位に入るくらい定番の製品です。

 

これらのスタンドは、ノートパソコン・液晶タブレット用なのですが、iPadで使用しても全く問題ありません。

 

むしろiPad用なのかなっと思うくらい良い感じです。

 

筆者

【筆者経歴】

ゲーム・IT業界デザイナー8年目

iPad系Youtube登録者数20,000人以上

↑ある程度信頼のある情報をお伝えできるかと思います。

 

この記事ポイント

・iPadでイラストを快適に描けるスタンドがわかる

・iPadの作業台のおすすめがわかる

・BoYataのスタンドのメリット/デメリットがわかる

結論:どれがおすすめ?

BoYataスタンド iPadイラスト これがオススメ

iPad用なら上図右2つがおすすめです。

 

正直なところ、3台どれを選択しても満足しそうなくらい品質は高いです。(それくらい良い感じのスタンドなので)

 

『図左:BoYataノートパソコンスタンド(BST-10)』を選外にした理由ですが、iPadのイラストで使用するにはサイズが大きすぎるかなっと感じたからです。

 

また『図中央:Boyataノートパソコンスタンド(N21)』と比較すると、ほぼ同スペックなのにN21の方が安いんですよね。

 

このような理由もあり、2つに絞りました。

 

今回おすすめする『Boyataノートパソコンスタンド(N21)』と『BoYataミニ』は、使い心地が結構異なります。

 

ですので

1:基本的な製品情報を解説

2:スペック比較

3:どのような方にあうのか

このような流れで説明していけたらと思います。

 

iPadでイラスト用のスタンド選びは、『デバイスのサイズ』『デスクのスペース』などで、おすすめする製品が変わりますからね。

 

筆者

余談ですが、筆者は毎週整体に通うくらい、首・肩こりがヤバイのですが、BoYata製品使ってから、首の負担が減りちょっとラクになりました。

スタンドって結構大事ですね。

 

 

BoYataのスタンド基本情報

Boyataノートパソコンスタンド(N21)・BoYataミニのスタンド基本情報

Boyataノートパソコンスタンド(N21)・BoYataミニのスタンド基本情報

BoYata N21BoYataミニ
価格¥4,799¥3,599
デバイスをのせる面横29.5cm×縦21cm横25cm×縦20.9cm
底面横23.7cm×縦19.8cm横23.6cm×縦20cm
折りたたみ時の厚み4.1cm
約5.6cm(フック込み)
2.9cm
約4.5cm(フック込み)
重さ約1.4kg約0.8kg

BoYata N21BoYataミニ
最大高さ26.9cm30cm

Boyataノートパソコンスタンド(N21)・BoYataミニのスタンド基本情報

BoYata N21BoYataミニ
耐荷重20kg5kg
滑り止め保護パッドありあり
対応デバイス17インチ以下14インチ以下
カラー5色2色
筆者
注目すべきポイントを赤文字にしておきました。

 

 

BoYataスタンド
N21とミニの違いはどこ?

BoYataスタンド N21とミニの違いはどこ?

悩んでいる人
基本情報みたけど、細かすぎて頭で整理できない~
では次に、違いについて解説していきます~
筆者

 

Boyataノートパソコンスタンド(N21)とBoYataミニの違いは、大きく3点。

 

違い3点

1:価格

2:サイズ・重さ

3:安定感・耐荷重

筆者
とりあえずココを理解しておけばOK

 

Boyataスタンド違い
1:価格

BoYata N21BoYataミニ
価格¥4,799¥3,599

価格差は、¥1,200ほどです。

 

ただ、BoYata製品は、Amazonで購入すれば15~20% OFFクーポンを使用できます。

 

ですので、ここから2割近く安くなることがあります。(クーポンのタイミング次第ですが)

 

価格はそれなりにしますが、BoYata製品は値段相応の品質です。

 

スタンドとしての強度・安定感・角度調整が非常に優れているので、決して高くない製品だと思います。

 

 

Boyataスタンド違い
2:サイズと重さ

Boyataスタンド違い 2:サイズと重さ

まずサイズ感ですが、BoYataミニはデバイスを乗せる面の横幅が、5cmほど小さいです。

 

そのため、デスクの圧迫感を多少減らすことができます。

 

ただ、5cm小さいのはデバイスを乗せる面だけであり、底面はほぼ同じです。

 

重さは、ミニの0.8kgに対して、N21は1.4kgです。

 

0.7kgミニが軽いので、頻繁に持ち運びする方はミニの方が向いています。

 

ここで注意してほしいポイントとしては、『スタンドの台からiPadがはみだすかどうか』になります。

 

iPad全体が台に固定されなければ、筆圧で揺れるからです。

 

例えば、画面端で絵を描いた際に支えがないとグラつきます。

Boyataスタンド iPadを乗せた状態

図の右を見るとわかると思いますが、BoYataミニはiPad第9世代がジャストサイズになります。

 

つまり、それよりも大きいiPadPro12.9をBoYataミニにのせた場合、台からはみ出し支える面積が小さくなります。

 

そのような理由もあり、デバイスサイズが大きいiPadProなどを利用している方は、Boyataノートパソコンスタンド(N21)を選ぶことをオススメします。

 

もちろんノートPCなども併用する方も、Boyataノートパソコンスタンド(N21)が良いです。

 

 

Boyataスタンド違い
3:安定感・耐荷重

BoYata N21BoYataミニ
デバイスをのせる面横29.5cm×縦21cm横25cm×縦20.9cm
底面横23.7cm×縦19.8cm横23.6cm×縦20cm
折りたたみ時の厚み4.1cm2.9cm
重さ約1.4kg約0.8kg
耐荷重20kg5kg
対応デバイス17インチ以下14インチ以下

 

耐荷重・対応デバイスだけを考慮すると、Boyataノートパソコンスタンド(N21)の方が優位です。

 

ちなみに対応デバイスに関しての注意点があります。

 

BoYataミニは14インチまで対応と記載がありますが、BoYataミニに14インチのデバイスを乗せた場合、台からはみ出します。

 

ですので、最大数から3インチくらい下げた数値が適正かなっと思います。

 

先にも述べましたが、12.9インチのiPadProなどを使用している方は、大き目のBoyataノートパソコンスタンド(N21)の方を選ぶことをオススメします。

Boyataノートパソコンスタンド(N21)・BoYataミニの比較

強度については『台の厚み・足の太さ・ヒンジの大きさ』が、Boyataノートパソコンスタンド(N21)の方が頑強です。

 

その分重たいですが。

 

ミニは重さを減らした分、強度は弱くなっています。

 

 

BoYataスタンド
N21とミニどっちを選ぶべき?

BoYataスタンド N21とミニどっちを選ぶべき?

iPadProiPadAir・iPadiPadmini
BoYata N21〇or△
BoYataミニ×or△
BoYata N21BoYataミニ
ヒンジの強度
安定感
持ち運び
耐荷重20kg5kg
筆者
イメージとしてはこのような印象です。

 

無難に選ぶのなら、Boyataノートパソコンスタンド(N21)を選べばまず間違いないです。

 

デザインもN21の方がオシャレですからね。

 

ノートPCと併用する方も、ノートパソコンスタンド(N21)一択だと思います。

 

サイズが大きいのはちょっと嫌な方は、ミニを選んでも良いかなっと思います。

 

BoYata N21がオススメの方

・iPadProを使用している方

・ゆとりのあるスタンドが良い方

・より頑強なスタンドが良い方

・スタンドのサイズを気にしない方

・より高さのあるスタンドが良い方

・ノートPCを兼用する方

BoYata ミニがオススメの方

・デスク周りの圧迫を少しでも軽減したい方

・軽いスタンドが良い方

持ち運びをする方

 

このような感じです。

 

持ち運びを重視しないなら『N21』を選べば間違いないです。

 

 

BoYataスタンドのデメリット・メリット

筆者

最後にBoYataスタンドを利用する上で知っておくべきデメリット・メリットについて記載していきます。

 

BoYataスタンド
デメリット1:イラスト時のフックの弊害

BoYataスタンド デメリット1:イラスト時のフックの弊害

BoYataのスタンドは、デバイスを固定するためのフックがついています。

 

このフックがiPadの厚みよりも高さがあるのため、イラストを描いている際に手首にぶつかります。※結構痛い・・・

 

イラストを描く場合は、iPadの後ろに何か厚みのあるものを敷くことをオススメします。

 

我が家の場合は、iPadのケースを付けたまま置いています。

 

フックは製品によって多少異なりますが、基本はiPadの厚みよりも高さがあります。

 

筆者

そもそもBoYataのスタンドは、ノートPC併用設計なので、フックが厚めになっています。

 

 

BoYataスタンド
デメリット2:ヒンジが硬すぎる

BoYataスタンド デメリット2:ヒンジが頑強すぎる

BoYataスタンドは、安定感がめちゃくちゃあるのですが、その反面ヒンジが頑強です。

 

結構力を入れないと、角度調整ができません。正直硬いです・・・

 

そのため、iPadやノートPCを置いた状態での角度調整はできません。(できなくもないですが、デバイスに圧力をかけて壊しちゃいそうで怖いんですよ。)

 

ですので、角度調整したい場合は、デバイスを一度スタンドから降ろしたのちに行う必要があります。

 

筆者

筆者は♂なのですが、角度調整は毎回必死の形相です。

 

 

BoYataスタンド
メリット1:イラストが描きやすくなる

先程角度調整のヒンジが硬いと記載しましたが、その反面『スタンドとしての安定感は抜群』です。

 

そのため、iPadでのイラスト制作はかなりラクになります。

 

今では、スタンドなしでイラスト描くのは首が痛くなるのでできないです。

 

思いっきり筆圧をかけても問題ありません。底面のラバー加工・ヒンジに強度があるからです。

 

 

BoYataスタンド
メリット2:猫背・首の疲れが軽減

BoYataスタンド メリット2:猫背・首の疲れが軽減

BoYataのスタンドを使用すれば、高さ・角度の調整が自由にできます。

 

そのため、首・肩こりの方は負担が軽減できると思います。

 

iPadの三つ折りケースを使用すれば、多少は角度をつけられるのですが、低すぎるんですよね。

 

特に私は座高があるので、iPadでイラストを描く際、身体に対して首が垂直になりむちゃくちゃ辛かったのですよ。

 

自分からiPadに視線を向ける環境から、iPadが自分の視線に合わせてくれるような環境になった印象です。

 

筆者
今まで買わなかったことに対して、後悔するくらい体験が変わります。

 

 

BoYataスタンド
メリット3:幅広いデバイスに対応

小さいスタンドのBoYataミニでも、14インチまでのデバイスが置けます。

 

iPad・タブレット・ノートPC以外でも、自由に置けるので使い勝手が良いです。

BoYataスタンド メリット3:幅広いデバイスに対応

筆者は、キーボード・NitendoSwitchも置いたりすることもあります。

 

一時的な物置に使うことさえあります笑

 

筆者

以上が、BoYataスタンドのデメリット・メリットです。

 

 

商品リンク

筆者
Amazonだと15~20 OFFクーポンがありますので、Amazonで購入することをおすすめします。

 

 

BoYataのスタンド
使用写真まとめ

BoYata BST-10

MacBookPro16インチ

BoYataスタンド比較違いまとめ BoYata BST-10MacBookPro16インチ

iPad第9世代

BoYataスタンド比較違いまとめ BoYata BST-10iPad第9世代

 

BoYata N21

MacBookPro16インチ

BoYataスタンド比較違いまとめ BoYata N21 MacBookPro16インチ

iPad第9世代

BoYataスタンド比較違いまとめ BoYata N21

 

BoYataミニ

MacBookPro16インチ

BoYataスタンド比較違いまとめ BoYata ミニ MacBookPro16インチ

※BoYataミニは14までが推奨サイズです。14インチのPCがないので、16インチを乗せて撮影してます。

 

iPad第9世代

BoYataスタンド比較違いまとめ BoYata ミニ iPad第9世代

 

 

おわりに:3台検証|iPadでイラストはBoYataスタンドが作業台におすすめ

iPadでイラストを描くなら、ぜひBoYataスタンドを使用してみてください。

 

結構オススメです。

 

もしも、下向きながらイラストを描く生活を送っている場合は、身体に悪いので早めに対処しましょう。

 

ストレートネックとかになると大変ですので。

 

▼最近BoYataではiPad用の小さいスタンドが、販売しています。ご興味があればご覧ください。

BoYata | iPad用スタンドレビュー【提供】
BoYata | iPad用スタンドレビュー【提供】

続きを見る

 

以上です。

ありがとうございました。

-iPad, iPad周辺機器

© 2022 ZRデザインラボ