Mac

脱後悔 | MacBookAir256GB足りる?512GBとどっちのストレージ容量がおすすめなのかを解説

脱後悔 | MacBookAir256GB足りる?512GBとどっちのストレージ容量がおすすめなのかを解説

悩んでいる人

・MacBookAirって256GBで足りるの?

・MacBookAirのストレージ選びで後悔したくない!

・256GBと512GBって、どっちが良いの?

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

筆者

【筆者経歴】

美大卒でゲームIT業界デザイナー8年目

・M1チップのMacBookAir所有

・iPad所有

・現在メイン機:Windowsデスクトップ

↑このような経歴なので、ある程度信頼のおける情報をお伝えできるかと思います。

 

ちなみに私が購入したスペックは下記です。

購入したスペック

M1チップ MacBookAir

115,280円(税込)

メモリ:8GB

容量:256GB

CPU:8コア

GPU:7コア

 

MacBookAirと謳っていますが、Mac全般に言えることですので、容量選びに悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にして慎重に選んでもらえればと思います。

 

この記事では、1GB=1024MBなどの細かい端数は切り捨てて、1GB=1000MBで計算しているのでご了承ください。

 

この記事のポイント

・256GBと512GBどっちを選ぶべきかわかる

・用途別の容量がわかる

・ストレージ選びに失敗を防げる

結論:256GBで問題ない(条件あり)

結論から申し上げますと
大半の方は256GBで問題ないと思います。

 

ただ、デバイス状況や使用用途で答えは変わってくるので、絶対256GBでOKというわけではありません。

 

そこはご注意ください。
(人それぞれということです。)

 

特に、動画編集を目的としている方は、512GBを視野に入れた方が良いと思います。

 

後ほど解説しますが、動画編集はめちゃくちゃストレージを消費するからです。

 

さらに、同じ用途でも『4Kなのか』『HDなのか』『長尺なのか』など、何に使うかで容量は大きく異なります。

 

状況で言えば、MacBookAirをメイン機したいのか、既にiMac等がありサブ機として扱うのかでも選択が変わってきます。

 

状況は千差万別ですよね。

 

個人的な意見ですが、512GBモデルにするなら『256GBモデルの選択+外付けSSD500GB』を買った方が良いかなと思っています。

 

下記表を見てもらうとわかりますが『256GBモデル(メモリ8GB)+外付けSSD500GB』の価格は、『512GBモデル(メモリ8GB)』よりも1万円以上安いです。※赤文字部分

256GB
メモリ8GB
256GB
メモリ16GB
512GB
メモリ8GB
価格¥103,180(税込)¥122,980(税込)¥130,680(税込)
外部ストレージ
SSD
(メーカー例:SanDisk)
▼500GB
¥11,906(税込)
▼1TB
¥20,985(税込)
▼500GB
¥11,906(税込)
▼1TB
¥20,985(税込)
▼500GB
¥11,906(税込)
▼1TB
¥20,985(税込)
Total▼+500GB
¥115,086(税込)
▼+1TB

¥124,165(税込)
▼+500GB
¥126,992(税込)
▼+1TB
¥143,965(税込)
▼+500GB
¥142,586(税込)
▼+1TB
¥151,665(税込)

※256GBをメモリ16GBにしても、外付けSSD500GBを追加した方が安いですね。

 

ただ、ベンチマークとなる情報がないと、この選択は不安になると思います。

 

ですので、事前に知っておくべき情報をまとめました。

 

最後まで見てもらえると幸いです。

 

 

 

事前に知っておくべきこと4選

筆者
ストレージ選びで知っておいてほしいことをまとめました。

 

知っておくべきこと1
表記通りのストレージは使えない

Macは表記通りのストレージで容量は使えない

まず、事前に知っておいてほしい情報1つめは『Macは表記通りのストレージを使えるわけではない』ということです。

 

Macには必ず使用されるストレージがあります。

必ず使用されるストレージ

1:OS 約15~30GB程度
2:OSのアップデートに必要な容量 約25GB程度
3:システムデータ
※OSバージョンによって上下します

OSとは、システムを管理し、アプリケーションソフトを動かすための根っこのソフトです。どのデバイスにもインストールされています。例:iOS/iPadOS/WindowsOS

 

加えて、OSのアップデートするために、ある程度の『空きの容量』が必要になります。空き容量がないとアップデートできませんので。

 

システムデータですが、システムを動作するために必要なデータが含まれます。

システムデータ ストレージ容量

これは人それぞれで、使っているアプリ・キャッシュファイル・ログファイル・隠しファイルで容量は上下します。

 

このような理由があり、Macは表記されているストレージを全て使用できるわけではありません。

 

ざっくりですが、256GBならば『自由に使用できるストレージは約200GB』、512GBならば約460GBほどになります。※概算なので、1つの目安としてください。

 

 

知っておくべきこと2
クリエイティブ用途は容量がかかる

知っておいてほしい情報2つめは『クリエイティブ用途は容量がかかる』ことです。

 

動画編集・画像編集・イラスト制作をされる方は、512GBを視野に入れても良いと思います。

 

1:アプリ自体で結構な容量を使用するから

Adobeのストレージ容量

動画/画像編集アプリは、編集データだけではなく、アプリケーション自体で結構な容量を使用するからです。

 

下記がAdobeの動画編集アプリや画像編集アプリの容量になります。

 

容量
PremierePro(動画編集)6.22GB
MediaEncoder(動画圧縮)5.15GB
Photoshop(画像編集)4.57GB
AfterEffects(動画編集)3.52GB
Illustrator(デザイン編集)2.55GB
Total22GB

 

全てを使う人は専門のクリエイターくらいですが、Adobeはアプリケーションだけでも容量は大きいです。

 

2:システムデータが結構貯まりやすいから

システムデータ ストレージ容量

Adobeを使っている人あるあるですが『キャッシュファイル、ログファイル、隠しファイルなどの』システムデータが50GB以上貯まることがあります。

 

都度削除すれば問題にはならないのですが、256GBの場合、急に謎のシステムデータで容量が一杯になりパニックになります笑

 

(仕事のPCでこの現象になり、忙しい時期だったので、軽く発狂した記憶があります…)

 

3:編集データ以外も貯まりやすいから

例えば、イラスト制作する方は、編集データ以外にも参考資料や素材集などのデータが貯まります。

 

このあたりはデータ整理次第ですが、放置するとデータ容量がかさみます。

 

基本的には、完成したデータはMac内部に保存せず、外付けSSDとかに置いておくことがベターですかね。

 

4:動画編集は最も容量がかかるから

Mac動画編集 ストレージ容量

特に動画編集に使用される方は、512GBの方が良いと思います。

 

動画編集は、1本の動画を作成するための編集素材(音楽・画像データ・動画素材など)をまとめると、10GBをサクっと越えるからです。

 

▼例:iPhoneSE2で撮影したものは下記データサイズになります。

・フルHD(1080p 30fps)の動画1分:130MB
・4K(60fps)の動画1分:400MB

 

我が家では、Youtube活動もしているのですが、15分くらいの動画をつくるために、20GB程の素材データや編集データがかかっています。(4Kで撮影した場合、30GBを越えます。)

 

以上のことから、クリエイティブ用途は容量がかかります。

 

ただ、データ整理を都度おこなったり、外付けSSDを活用すれば256GBでもできないことはないです。

 

 

知っておくべきこと3
書類関連はめちゃくちゃ軽い

書類関連のストレージ容量は軽い

知っておいてほしい情報3つめは『書類関連はめちゃくちゃ軽い』ことです。

 

・MicrosoftOffice
・プレゼン資料作成
・執筆
・議事録
・レポート
・家計簿

 

上記のような使用用途でしたら、256GBで問題ないです。

 

内容にもよりますが、書類データは1つ50KB~1MBくらいなのでめちゃくちゃ軽いです。

 

プレゼン資料であれば、めちゃくちゃ大きい画像を大量に使用しなければ、数MBで済みます。

 

▼例:スキャンした画像データを算出してみました。

・A4サイズ/1ページで約0.6MB
・A4サイズ/10ページをOCR化したPDFで約6~7MB

 

A4サイズ/100ページ分をスキャンした場合は、約65MBの容量しかかかりません。

 

1GB=1000MBなので余裕ですよね。

 

 

知っておくべきこと4
外部ストレージ活用も1つの手

外部ストレージも良い

知っておいてほしい情報4つめは『外部ストレージ活用も1つの手』ということです。※最初の方に解説したことです。

 

これは筆者自身も使っている手法ですが、必要なデータ以外は全て外部ストレージに移しています。

 

例えば、イラスト制作の場合なら、Mac内部で新規データを作成し、イラストが完成したら、外部ストレージに移動させてMac内部のデータを削除しています。

外部ストレージの活用方法

こうすることで、Mac自体のストレージ容量をほとんど消費しません。

 

また、外部ストレージの編集データは、そのまま開くすることも可能なので、ちょっとした修正は外部ストレージある状態で編集します。

 

例えば、Photoshopの編集データは、外部ストレージにいれたままでも作業できます。

外部ストレージにいれたままデータ編集も可能

外部ストレージにいれたままデータ編集も可能

 

初心者なんだが

外部ストレージと聞くとなんかよくわからん

 

安心してください。外部ストレージはMacに接続するだけで即使えるので、誰でもできます。

外部ストレージ画像

※もったいないので5年前に購入したBUFFALOのHDDを使用中。もっとオシャレなSSDにしたい…

 

正直なところ、iCloudなどのクラウドストレージでも良いのですが、サブスクリプションな上にWi-fiが繋がらない状況だと厳しいんですよね。

 

外部ストレージのデメリット

外部ストレージのデメリット

この方法にはデメリットが3点あります。

デメリット

『外部ストレージを常に持ち運ぶ必要があること』

『場合によっては、外付けストレージを接続しながら作業しなければならないこと』

『外部ストレージにはアプリケーション(ソフト)の保持はできないこと』

 

これが煩わしい人は、512GBを選択しましょう。(外部ストレージ持ち運びが嫌な方も)

 

外部ストレージのメリット

外部ストレージを選ぶメリットですが、Macの場合内部ストレージを増やすよりも、『外部ストレージを買い足す方がお得になる』ことです。

 

下記表を見てもらうとわかりますが『256GBモデル(メモリ8GB)+外付けSSD500GB』の価格は、『512GBモデル(メモリ8GB)』よりも1万円以上安いです。※赤文字部分

256GB
メモリ8GB
256GB
メモリ16GB
512GB
メモリ8GB
価格¥103,180(税込)¥122,980(税込)¥130,680(税込)
外部ストレージ
SSD
(メーカー例:SanDisk)
▼500GB
¥11,906(税込)
▼1TB
¥20,985(税込)
▼500GB
¥11,906(税込)
▼1TB
¥20,985(税込)
▼500GB
¥11,906(税込)
▼1TB
¥20,985(税込)
Total▼+500GB
¥115,086(税込)
▼+1TB

¥124,165(税込)
▼+500GB
¥126,992(税込)
▼+1TB
¥143,965(税込)
▼+500GB
¥142,586(税込)
▼+1TB
¥151,665(税込)

※メモリ16GBでも、外付けSSD500GBの方が安いですね。

 

外部ストレージはHDDよりSSDがおすすめ

外部ストレージはHDDよりSSDがおすすめ

外部ストレージを購入する場合は、HDDよりSSDがおすすめです。

 

SSDのメリットSSDのデメリット
・故障のリスクが少ないこと
・読み書きがHDDより速い
・静音/コンパクト
・大容量は価格が高い

上記の理由からSSDを推奨しています。

 

SSDは大容量の場合、価格が跳ね上がりますが、500GB~1TBほどなら比較的安価で手に入ります。

 

また、SSDは読み書きの転送速度が速いため、SSDにデータを置きながらそのまま快適に作業ができます。

 

HDDとSSD違い

外部ストレージ HDDとSSD違い

HDDは円盤のディスクを使って読み書きします。SSDはチップを使って読み書きします。

 

円盤の方が、衝撃や振動でパーツがズレやすく故障しやすいです。

 

ただ、HDDは4TBとかでも1万円くらいなので、非常に安価です。

 

持ち運びせずに、定位置にずっと置いておくならHDDで問題ないです。

 

筆者
以上が、事前に知っておくべきこと4選になります。

 

 

用途別ストレージの選び方を解説

筆者
用途別にストレージ選び方を解説します。あくまでも、参考程度でお願いいたします。

 

書類・資料作成の方は256GBでOK

先にも述べましたが、書類・資料作成は容量はかかりません。

 

256GBモデル(メモリ8GB)で十分です。

 

もしも足りなくなるようでしたら、外付けストレージを購入して、使用していないデータを移せば問題ありません。

 

 

サブ機として扱う方は256GBでOK

既にメイン機をお持ちの方は、外付けストレージなどもお持ちでしょうから、256GBモデル(メモリ8GB)でも大丈夫だと思います。

 

我が家ですと、『サブ機(MacBookAir)256GB』『メイン機C:1TB/D:2TB』『バックアップ用外部ストレージ4TB』『iPad64GB』みたいな感じです。

 

デザイナーという職業柄、デザインデータ・動画データが大量にあるためこのような大容量で運用しています。(NASほしい…)

 

メイン機として扱う方でも、用途によっては256GBで問題ないと思います。足りなくなったら外付けストレージを追加すれば問題ないと思います。

 

 

イラスト・デザイン制作の方は512GB推奨

イラスト・デザイン制作をしたい方は、512GBモデルを推奨します。

 

イラスト・デザインデータだけではなく、Adobeのアプリケーションやシステムデータなど、結構な容量が使用されるからです。

 

ただ、データ整理必須ですが、外部ストレージを活かせば256GBでも問題ないと思います。

 

また、クリエイティブ用途にMacを使用する場合は、メモリ16GBを検討した方が良いと思います。

 

特にAdobeソフトを複数起動してマルチタスクをおこなう人とか。

 

実際のところ、Apple M1チップはかなり優秀なので、マルチタスクでもメモリ8GBでも問題ないのは事実です。

 

ですが、Adobe系のマルチタスクとかだと、ストレスになる可能性があるからです。

 

イラスト・デザイン制作を本格的にやっていきたい方は、性能に投資した方が今後ラクになりますよ。

 

▼MacBookAirの検証記事はコチラ

Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある
Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある

続きを見る

 

 

動画編集・高解像度データを扱う方は512GB推奨

動画編集・高解像度データを扱う方は512GBモデルを推奨します。

 

イラスト・デザイン制作同様に、外部ストレージを活用すれば256GBモデルでも問題ないとは思います。

 

ですが、これらの用途は一時的に大容量を扱うので512GB推奨です。

 

例えば、フォトグラファーの方とか、高解像度の画像大量に取り込んだりしますし。(急なストレージ不足になった場合、都度対応が面倒になりそうなので。)

 

併せて、メモリは8GBではなく16GBにしておいた方が良いです。

 

M1 Macは、後からメモリ増設はできないからです。

 

ストレージは外部ストレージを使えば足すことはできますが、メモリはできません。(メモリの選択は後戻りできないんですよね)

 

 

個人的に思う理想形

筆者
個人的に思った理想的な形を書き出してみました。

 

パターン1

Mac256GB+作業用外部ストレージ×1+バックアップ用外部ストレージ×1

 

256GBモデルのMacを購入して、容量が足りなくなったらSSDを追加で購入しましょう。

 

様々なデータが増えていき、絶対に消えてほしくないデータがある場合、バックアップ用のHDDを購入しそこに保管しておきましょう。

 

バックアップ用のHDDは、持ち運びせず家に据え置きにしておきます。(落としたり、不慮の事故でデータを消さないためです)

 

 

パターン2

Mac512GB+バックアップ用外部ストレージ×1

 

このパターンは、512GBモデルを最初に購入し、Mac内部でデータを管理していきます。

 

様々なデータが増えていき、絶対に消えてほしくないデータがでてきたら、バックアップ用のHDDを購入しそこにデータを保管しておきましょう。

 

Macは本体が故障しても、Time Machineで外部ストレージにバックアップをとっておけば、そのままのデータ復活ができます。

 

持ち運びする人は特に外付けストレージ必須

Macを持ち運びする人は、特に!特に!バックアップ用外部ストレージは必須です。(大事な事なので2回言いました)

 

理由としては、Macを落として破損したり、SSDに急な寿命がきて、バックアップがとれないことがごく稀に起きるからです。

 

これは筆者自身もそうですし、筆者の周りでも起きたことなので、大切なデータがある方はバックアップ用に外付けストレージがあった方が良いです。

 

筆者の同級生は、MacBookProをバッグにいれて自転車で持ち運んでいたのですが、日々の自転車の揺れが小さなダメージを蓄積し内部ストレージが壊れ阿鼻叫喚していました…(バックアップをきちんととっていない恐怖)

 

Macを買ってすぐにやるべきではないですが、ある程度データが貯まったらバックアップ用も意識しましょう。

 

 

まとめ:脱後悔 | MacBookAir256GB足りる?512GBとどっちのストレージ容量がおすすめなのかを解説

まとめ:脱後悔 | MacBookAir256GB足りる?512GBとどっちのストレージ容量がおすすめなのかを解説

ポイント

・基本は256GBで問題ない

・書類・資料作成を用途とする方
└256GB

・イラスト/デザイン制作を用途は512GB推奨
└256GB+外部ストレージでもまぁOK

・動画編集/高解像度データを扱う方は512GB推奨
└256GB+外部ストレージでもギリOK
└予算があるならメモリ16GBを検討すべき

・持ち運び用の外部ストレージはHDDではなくSSDがおすすめ

・Mac持ち運ぶ方は、バックアップ用の外部ストレージは必須

・ストレージは工夫次第で後からたせるが、メモリの増築は後からできない

 

このような感じです。

 

AppleM1チップはめちゃくちゃ優秀なので、大変の用途で処理落ちなどの問題は起きることはないと思います。

 

ただ、動画編集をメインとして考えている方は、諸々注意しましょう。

 

そもそも論ですが、値段を気にしないのであれば、ストレージ容量が大きい512GBモデルがオススメです。※大は小を兼ねる理論

 

▼MacBookAirの様々な検証記事はコチラ

Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある
Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある

続きを見る

▼MacBookAirの動画編集の検証記事はコチラ

M1MacBookAirメモリ8GBで動画編集はできるのか?
8年目デザイナー談 | M1MacBookAirメモリ8GBで動画編集はできるのか?

続きを見る

▼Macでできることのまとめ記事はコチラ

MacBookAirの使い道って何?|できること25選【M1チップ】
MacBookAirの使い道って何?|できること25選【M1チップ】

続きを見る

-Mac

© 2022 ZRデザインラボ