Mac

MacBookAirの使い道って何?|できること25選【M1チップ】

MacBookAirの使い道って何?|できること25選【M1チップ】

悩んでいる人

・MacBookAirの使い道って何?

・MacBookAirでできることって何?

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

筆者

【筆者経歴】

・ゲーム/IT業界デザイナー8年目

・M1チップのMacBookAir所有

・その他iPad/Windows所有

↑このような経歴なので、ある程度信頼のおける情報をお伝えできるかと思います。

 

今現在のメイン機はWindowsですが、一時は8年近くiMacとMacBookProを使用していました。

 

色々創作活動をしつつ、それぞれのメリット・デメリットも理解しているつもりですので、最後まで見てもらえると幸いです。

 

この記事のポイント

・MacBookAirの使い道がわかる

・MacBookAirでできることがわかる

▼M1 MacBookAirのレビューはコチラ

Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある
Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある

続きを見る

MacBookAirは使い道がない?

M1MacBookAir写真

結論:MacBookAirの使い道はあります。

 

なんなら、ここ数年で買ってよかったガジェットの1つですね。とりあえず、M1チップのコスパがすごい。

 

Macは、iPad・iPhoneなどと比較すると、そもそもできることが多いので使い道はたくさんあります。

 

Macに使い道が見いだせない人は『雰囲気で購入した方』や『目的が不透明で購入した方』だと思います。

 

とりあえず気を付けてほしいのは『なんとなく買う』ことは避けましょう。

 

目的もなく購入すれば『買ったのに使い道がない!』っとなり、MacBookAirはアルミ板と化します。

 

後程記載しますが、MacはWindowsと比較するとできないことも多いデバイスです。

 

そのため『買ったのに目的のことができない!』っとなるケースもしばしばあります。

 

M1チップなった結果、さらに顕著になったかもですね。

 

Intelと比較すれば、イレギュラーなことがおきやすいです。

 

そのあたりについても言及しますので、購入で悩んでいる方は、きちんと理解してから検討してみてくださいませ。

 

 

MacBookAirは使い道から逆算して購入を検討しよう

ではMacBookAirの使い道を紹介していきます。

 

『この使い方ならば買っても無駄にならないかも!』というMacライフをシミュレーションしてもらえれば幸いです。

 

最新のMacBookAirは、価格が10万円をこえるので、購入は慎重にいきましょう。

 

筆者

筆者の使い道は、ブログ・タスク管理・画像編集などです。

軽くて持ち運びがラクなので、家のあちこちに移動して作業してます。

 

 

MacBookAirできること|基本編

1-1:WEBブラウジング

MacBookAirできること|基本編 1-1:WEBブラウジング

MacBookAirの使い道1こめは『WEBブラウジング』です。

 

これは誰でもおこなう用途ですね。

 

Amazon・楽天でネットショッピングしたり、気になったことの調べものができます。

 

 

1-2:動画閲覧

MacBookAirできること|基本編 1-2:動画閲覧

MacBookAirの使い道2こめは『動画閲覧』です。

 

Apple製品は、ディスプレイが美しいので、繊細な映像を感じることができます。

 

また、アプリ(TVer)を利用すればテレビ不要です。

 

テレビや映画が好きな方は、Netflix・Hulu・Amazonプライムビデオに契約すれば、さらに満足感を得られるかもしれません。

 

ただ、動画閲覧だけならiPadの方が良かったりします。軽くてコンパクトなので。

 

 

1-3:SNSを見る

MacBookAirできること|基本編 1-3:SNSを見る

MacBookAirの使い道3こめは『SNSを見る』です。

 

画面サイズがiPhone・iPadでよりも大きいので、一覧性が高く見やすいです。

 

iPad・iPhone同様、SNSアプリも使用できます。

 

 

1-4:メモをとる

MacBookAirできること|基本編 1-4:メモをとる

MacBookAirの使い道4こめは『メモをとる』です。

 

これが結構便利で、iCloudを利用すればiPhone・iPadのメモを常時共有することができます。

 

筆者の場合は、ふいに思いついたアイディアをiPhone・iPadでメモして、MacBookAirでとりまとめています。

 

 

MacBookAirできること|生活向上編

2-5:Todoリスト作成

MacBookAirできること|生活向上編 2-5:Todoリスト作成

MacBookAirの使い道5こめは『Todoリスト作成/確認』です。

 

リマインダー・TickTickを使用すれば、買い物の抜け漏れ対策になります。

 

TickTickとは、Todoリストをカレンダーで管理できるアプリです。

 

AppleIDを利用すれば、iPhone・iPadで常時共有することができます。

MacBookAirできること|生活向上編 2-5:Todoリスト作成 TickTick

 

 

2-6:スケジュール管理

MacBookAirできること|生活向上編 2-6:スケジュール管理

MacBookAirの使い道6こめは『スケジュール管理』です。

 

Googleカレンダー・純正カレンダーなどのスケジュールアプリを活用すれば、抜け漏れが減ります。

 

MacBookAirはiPhone・iPadと比較すると画面が大きいので一覧性があり、マンスリー表示が見やすいです。

 

こちらもAppleIDを使えばiPhone・iPadとカレンダーを常時共有することができます。

 

デジタルでスケジュール管理すると、予定が変更の際も簡単に変えられるのは良いですよね。

 

紙のスケジュール帳の場合は、文字修正するとどんどん汚くなっていくので。

 

特にGoogleカレンダーは、仕事で一時期めちゃくちゃ使ってましたね。(他の人ともスケジュール共有できるのが便利すぎる)

 

 

2-7:音楽鑑賞

MacBookAirできること|生活向上編 2-7:音楽鑑賞

MacBookAirの使い道7こめは『音楽鑑賞』です。

 

Youtube・AppleMusic・AmazonMusicなどで音楽が聴けます。

 

実はMacBookAirは音も良いので、作業中のBGMとして聞くのもGood。

 

 

2-8:ブログ執筆

MacBookAirできること|生活向上編 2-8:ブログ執筆

MacBookAirの使い道8こめは『ブログ執筆』です。

 

個人的には、MacBookAirのキーボードは文字が打ちやすいです。

 

浅くて絶妙に柔らかい点が良いです。

 

ただ、キーボードに打鍵感を求める方は、打ちづらく感じるかもしれません。

 

筆者
筆者はMacBookAirの用途は、ブログ執筆をメインに使用しています。

 

 

2-9:家計簿作成

MacBookAirの使い道9こめは『家計簿作成』です。

 

Googleスプレッドシート・Exelで家計簿作成ができます。(MacでのOfficeはイマイチらしいですが・・・)

 

筆者
筆者は、確定申告の際にGoogleスプレッドシートで色々まとめていました。

 

 

MacBookAirできること|仕事・学習編

3-10:メール・チャット

MacBookAirできること|仕事・学習編 3-10:メール・チャット

MacBookAirの使い道10こめは『メール・チャット』です。

 

通常のメールの送受信や、Slack・Discord・Chatworkなどのチャットツールの利用ができます。

 

ゲーム好きな人はDiscordユーザーが多いですね。

 

個人的にはSlackが1番好きです。

 

 

3-11:資料作成

MacBookAirできること|仕事・学習編 3-11:資料作成

MacBookAirの使い道11こめは『資料作成』です。

 

まず1つ言える事ですが、Office系のソフトを使用したい方は、ぶっちゃけWindowsを使用した方が良いです。

 

有料な上に、M1Macがどこまで対応しているか不透明だからです。(他の情報もしっかり確認した方が良いと思います。)

 

代わりのツールとしては、Googleワークスペース(スプレッドシート・ドキュメント)などは、無料で使用できるのでオススメです。

 

『Keynote・Googleスライド』などを利用すれば、プレゼン資料の作成も可能です。

 

 

3-12:議事録

MacBookAirできること|仕事・学習編 3-12:議事録

MacBookAirの使い道12こめは『議事録』です。

 

純正のメモアプリでも可能ですが、『Pages』を利用すれば、録音しながら会議の議事録をとることが可能です。

 

このような使い方ができるので、大学の講義にも適していると思います。

 

 

3-13:ビデオ通話

MacBookAirできること|仕事・学習編 3-13:ビデオ通話

MacBookAirの使い道12こめは『ビデオ会議』です。

 

MacBookAirは画面サイズは13inchほどなので、資料を確認しながらビデオ会議もできます。

 

 

3-14:プレゼン

MacBookAirできること|仕事・学習編 3-14:プレゼン

MacBookAirの使い道14こめは『プレゼン』です。

 

MacBookAirは外部デバイスに接続できます。

 

ただし、MacBookAir側にはUSB TypeC端子×2しかないため、TypeC端子のみ対応になります。

M1MacBookAir端子が足りない

HDMIの場合は、下図のようなハブを購入しなければ接続できません。

M1MacBookAirと購入すべきハブ

 

 

MacBookAirできること|クリエイティブ編

4-15:画像編集

MacBookAirできること|クリエイティブ編 4-15:画像編集

MacBookAirの使い道15こめは『画像編集』です。

 

MacBookAirはメモリ8GBでもM1チップの性能が高いため、Photoshopなどでの画像編集が全然できます。

 

高解像度でもサクサク動くので結構ビックリしました。

 

 

4-16:写真編集

MacBookAirの使い道16こめは『写真編集』です。

 

Macのプレビューからも簡単な編集ができます。

 

 

4-17:動画編集

MacBookAirできること|クリエイティブ編 4-17:動画編集

MacBookAirの使い道16こめは『動画編集』です。

 

M1MacBookAirであれば、フルHD(1920×1080)は問題なく編集が可能です。

 

AdobePremierePro・FinalCut・iMovieなどがオススメです。

 

動画編集をしていて驚いたのですが、想像よりも遥かにパワーがありました。

 

ただ、13inchの画面は、動画編集には小さい気がします。

 

メモリ8GBでも4Kの動画編集はできないことはないですが、エフェクトを足すと重たくなります。

 

また、解像度が高い分書き出しに結構な時間がかかります。

 

『M1MacBookAirで4K動画編集は、遅延するけど…まぁ…できない…ことはない』という濁った回答です。

 

動画自体の長さやエフェクトの量で遅延具合は変わるので。

 

短尺ならサクサク動きます。

 

とりあえず4K動画編集をする場合は、メモリ16GBにすることをオススメします。

 

 

4-18:3D制作

MacBookAirできること|クリエイティブ編 4-18:3D制作

MacBookAirの使い道18こめは『3D制作』です。

 

Blenderならば、動作はめちゃくちゃ軽いのでサクサク動きます。

 

モデリング・リグ・アニメーションデータを確認したのですが、問題なく動作していました。

 

 

4-19:オブジェクトアニメーション

MacBookAirできること|クリエイティブ編 4-19:オブジェクトアニメーション

MacBookAirの使い道19こめは『オブジェクトアニメーション』です。

 

AdobeAfterEffectsを使用すれば、図形やテキストを使用して様々なアニメーションが作れます。

 

 

4-20:プログラミング

MacBookAirの使い道20こめは『プログラミング』です。

 

筆者はゲーム・IT業界で仕事をしていますが、Macユーザーのプログラマーさんもたくさんいます。(もちろんWindowsユーザーもいます)

 

わたしはデザイナーのため、プログラミングをしないので、知人からお聞きしました。

 

Macでもプログラミングは問題なし。
Macはターミナル・スポットライト・BetterTouchToolが便利で、これに慣れると抜け出せない。

ただ、Macにこだわる必要もない。

 

とのことです。

 

 

MacBookAirできること|iPhone・iPadとの連携編

筆者
iPhone・iPadでのシームレスな連携で便利だなっと思ったことを記載します。

 

4-21:インターネット共有

MacBookAirできること|iPhone・iPadとの連携編 4-21:インターネット共有

MacBookAirの使い道21こめは『インターネット共有』です。

 

インターネット共有でワンクリックするだけで、iPhoneとテザリングができます。

 

外出先でWi-Fi環境がなくてもOK。

 

筆者
iPhoneが楽天モバイルなので、使い放題。ノンストレスで接続先を切替できるのは、最高ですね。

 

 

4-22:AirDrop

MacBookAirできること|iPhone・iPadとの連携編 4-22:AirDrop

MacBookAirの使い道22こめは『AirDrop』です。

 

AirDropはWi-FiとBluetoothを使って、様々なデータを共有する仕組みです。

 

そのため、iPhone・iPad・MacでPDFなどのデータが、ノンストレスでデータ共有ができます。

 

 

4-23:デバイス同士のコピペ

MacBookAirできること|iPhone・iPadとの連携編 4-23:デバイス同士のコピペ

MacBookAirの使い道23こめは『デバイス同士のコピペ』です。

 

AppleIDで紐づいているデバイス同士は、クリップボードが共有されているようです。

 

つまりiPhoneでコピーした画像を、Mac側でペースト(command+V)できます。

 

筆者
シームレスすぎてびびる

 

 

4-24:ショートカット

MacBookAirの使い道24こめは『ショートカット』です。

 

ショートカットも、iPhone・iPad・Macで共有することができ非常に便利です。

 

例えば、ロボット掃除機を起動と1個つくれば、どのデバイスからも簡単に起動することができます。

 

 

4-25:SideCar

MacBookAirできること|iPhone・iPadとの連携編 4-25:SideCar

MacBookAirの使い道25こめは『SideCar』です。

 

SideCarを使用すれば、MacのデスクトップをミラーリングしてiPadを液タブ化することができます。

 

ただ、この機能はまだ怪しいところが多く、ちょっと使いづらいです。

 

筆者

以上が、MacBookAirの使い道25選になります。

 

 

M1MacBookAirの懸念点

M1MacBookAir 4K動画編集での検証

筆者

M1MacBookAirの『注意点』や『苦手なこと』を記載していきます。

 

ゲーム

ゲーム目的で検討している場合は、Windowsの方がオススメです。

 

理由として、Windowsが対応しているゲームがほとんどだからです。(Steamとか)

 

そもそもWindowsがシェア率が70%~80%に対して、Macのシェア率15%程度です。

 

収益の観点からWindowsを対象にするのは当たり前かもしれませんね。

 

 

マイナーソフト・プラグイン

ゲーム同様に注意してほしい点になります。

 

もしも、「マイナーなソフト・フリーソフト・アップデートが終了しているソフト」を使用している方は、M1 MacBookAirでは使えなくなる可能性があります。

 

プラグインも同様です。

 

Rosetta 2 を使えば、Apple シリコンを搭載した Mac でも、Intel プロセッサ搭載 Mac 用に開発された App を使えるようになります。

引用元:Apple公式

このようにRosetta2を使用すれば、変換されるようですが。この辺りはなんとも言えないですね。

 

また、Windowsユーザーの方がMacに移行した際に、お気に入りソフトが使えなくて困ったというケースがあります。

 

Macに対応していてもOSとの相性がイマイチで、使いづらいこともあります。Office系でよく聞く話ですね。

 

使っているソフト・プラグインの『対応OS』『M1機でのレビュー』を必ず調査しましょう。

 

私の場合は、ワコムのお絵描き用ペンタブレットを使用しているのですが、ドライバーが古すぎるため設定ソフトがきちんと動作しませんでした。

M1MacBookAir ドライバエラー

筆者

10年くらい使っているので、しょうがないですね。

ちなみにWindowsの場合いけました。

 

 

端子2つは足りない

M1MacBookAir端子が足りない

M1MacBookAirの接続端子は、最低限に抑えられています。

 

ただ、端子がThunderbolt / USB 4ポートが2つだけなので、かなり不便です。(イヤホンジャックはあります)

 

Windowsを使用していたり、USB Type-Cを普段使用していない方は色々追加コストがかかると思います。

 

▼M1MacBookAirと購入すべきハブ

M1MacBookAirと購入すべきハブ

上図のようなハブは必ず一緒に購入した方が良いですよ。

 

 

外部ディスプレイの出力が1枚のみ

M1MacBookAir13inchと27inchモニターとの比較

M1MacBookAirは、ポートが2つありますが、接続できるディスプレイは、1台のみになります。

 

クラムシェルモードを使いながら、デュアルディスプレイの環境にしたい場合は、サードパーティー製のコネクタが必要とのこと。

 

筆者
以上がM1 MacBookAirの懸念点になります。

 

 

本音 | Windowsが良いと感じてしまう点はある

MacOSで操作していて感じたのですが、WindowsユーザーはMacの購入は避けた方がよいかなっと感じました。

 

先にも述べましたが、わたしはもともと8年ほどMacユーザーだったのです。

 

現在メイン機をWindowsに変更してからMacを操作すると、違和感を感じました。

 

MacとWindowsの操作性の違い

・マウスのスクロールがWindowsと逆

・トラックパッドの右クリックが2本指クリック

・キーボードの配列がWindowsと異なる

・ショートカットがWindowsと異なる

・ウィンドウの閉じるボタンがWindowsと逆

・ウィンドウの挙動がWindowsと異なる

などなど

 

基本操作では、このようなストレスを感じました。

 

わたしはサブ機として利用しているので、まぁ問題ないのですが

 

メイン機として検討している場合は、要注意です。

 

ゲームの時にもお話しましたが、シェア率の観点から世間的にはWindows中心になっているので、Windowsを購入しておいた方が無難かと思います。

 

Macのオシャレ感は最高ですけどね。

 

M1 MacBookAirは一般的な使い方をする上では、パワーは申し分ないのです。

 

ただ、M1チップが2020年11月にリリースされたもののため、ソフトの互換性が不安なのは今後も続くと思います。

 

そもそもM1が出る前から、Macの互換性については不安定なのはずっとですね。

 

リスク(不透明な将来性)があることも前提に検討してみると良いと思います。

 

個人的には、Apple好きならM1MacBookAirはコスパの良いデバイスです。

 

トラックパッド派ならば、BetterTouchToolをいれると基本操作をカスタマイズすることができます。

 

多少なりともストレスは解消できると思います。※筆者はマウス派・・・

 

 

M1 MacBookAirがおすすめな方

『M1 MacBookAir メモリ8GBを買うべき人』について解説します。

 

買うべき人◎

・Apple製品が好きな方

・Apple製品で統一している方

・ゲームをしない方

・USB TypeC接続のモニターを所持している方

・日常使いがメインな方(書類作成・ネット・動画閲覧)

・中解像度くらいの画像編集をしたい方

・動画編集はフルHDの方

・デバイス選びが面倒な方

買うべきでない人×

・Windowsユーザーの方

・Androidユーザーの方

・ゲーム機として使いたい方

・マイナーなソフト・プラグインを使用している方

・高負荷な作業をしたい方(エフェクト・長尺4K動画編集)

・ハイポリゴンの3Dを作りたい方(スカルプト含)

 

このような感じです。

 

MacBookAirはデメリットもありますが、無駄のないデザインと機動力の強さはピカイチなので、一度体験してみるのも良いと思います。

 

筆者が購入したスペック

M1チップのMacBookAir

メモリ:8GB

容量:256GB

CPU:8コア

GPU:7コア

※M1MacBookAirの『最低スペックでの検証記事』になります。

 

可能であればメモリは16GBにした方が良いと思います。

 

容量は、外付けSSDがコスパが良いのでそちらでもOKだと思います。

 

▼M1 MacBookAirのレビューはコチラ

Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある
Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある

続きを見る

▼動画編集での使い心地はコチラ

M1MacBookAirメモリ8GBで動画編集はできるのか?
8年目デザイナー談 | M1MacBookAirメモリ8GBで動画編集はできるのか?

続きを見る

▼ストレージの選び方はコチラ

脱後悔 | MacBookAir256GB足りる?512GBとどっちのストレージ容量がおすすめなのかを解説
脱後悔 | MacBookAir256GB足りる?512GBとどっちのストレージ容量がおすすめなのかを解説

続きを見る

 

 

商品リンク

 

 

おわりに:MacBookAirの使い道って何?|できること25選【M1チップ】

筆者
MacBookAirの使い道は、たくさんあります。

 

色々お話しましたが、購入してよかったデバイスの1つです。

 

正直M1チップの性能が高いし、バッテリー持ちが良いので。

 

サブ機の場合それだけで十分です。

 

ノートPCの場合画面サイズがネックになってくると思いますので、必ず何に使用するのかを明確にしてから検討しましょう。

 

目的に沿ったデバイスを選ばないと、痛い目に遭います。

 

この記事では、使い道は25選を紹介しましたが、実際はもっとあると思います。

 

人によって使い方が異なるので。

 

▼M1 MacBookAirのレビューはコチラ

Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある
Windowsユーザー視点 | M1 MacBookAir感想・レビュー!メリット・デメリットは明確にある

続きを見る

▼動画編集での使い心地はコチラ

M1MacBookAirメモリ8GBで動画編集はできるのか?
8年目デザイナー談 | M1MacBookAirメモリ8GBで動画編集はできるのか?

続きを見る

▼ストレージの選び方はコチラ

脱後悔 | MacBookAir256GB足りる?512GBとどっちのストレージ容量がおすすめなのかを解説
脱後悔 | MacBookAir256GB足りる?512GBとどっちのストレージ容量がおすすめなのかを解説

続きを見る

-Mac

© 2022 ZRデザインラボ