iPad iPad周辺機器

厳選4種|iPad第9世代(7・8世代含む)おすすめケース・ペン収納ケース

厳選4種|iPad第9世代(7・8世代含む)おすすめケース・ペン収納ケース

悩んでいる人

・iPad第9世代(7・8世代含む)でおすすめのケースを知りたい

・iPad第9世代(7・8世代含む)でペン収納ができるケースを知りたい

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

我が家では、iPad第9世代・第8世代・第7世代を使用しており、たくさんのケースを購入してきました。

 

この記事では、その中でも特に良かったケースを紹介していきます。

 

また、iPad第9世代おすすめのケースだけではなく、購入前に絶対注意してほしいポイントも記載しております。

 

ですので、時間・お金を無駄にせず、効率的にケース選びをしたい方には特に向いている内容です。

 

ココがポイント

iPad第9世代・第8世代・第7世代は同じサイズです。ですので、同じケースが使うことが可能になります。

 

この記事のポイント

iPad第9世代(7・8世代含む)のおすすめのケースがわかる。

・ペン収納ケースのおすすめがわかる。

・ケース選びで絶対注意すべきポイントがわかる。

もくじ

iPad第9世代おすすめケース
01:ESR

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR

商品名ESR iPad 第9/8/7世代 (2021, 2020, 2019) ケース
評価
価格¥1,499~1,699 Amazon価格変動あり
タイプ衝撃吸収ポリマー
カラー前面:7種
背面:半透明グレー
サイズ25.5 x 1.3 x 17.8 cm
重さ133g
iPad第9世代装着時 487+133→620g

ポイント

・iPad初心者の方

・iPadの液晶/外装など全面を保護したい方

・スタンド機能のあるタイプが良い方

・iPadを外出先に持っていきたい方

 

定番中の定番ですが、ESRのケースがおすすめです。

 

特にiPad初心者の方は、この三つ折りスタンドケースが良いと思います。

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR 表面・裏面

カバーで液晶を保護しつつ、背面はハード系の素材のためしっかり守ってくれます。

 

カバーは磁気になっているので画面にピタッとくっつき、その際にオートスリープが起動するので、無駄な電力消費が減少していきます。

 

例えば、バッグにいれても傷予防ができ、常時スリープ状態になるので誤作動を避けることができます。

 

 

リット1
スタンドが安定している

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR スタンド・磁気カバーが安定している

磁気カバーを三つ折りにするとスタンドになります。

 

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR スタンドが安定している

他社製と比較すると安定しています。

 

動画を見たい時や、ネットサーフィンをする際に首が疲れません。

 

メリット2
ビジュアル・質感が良い

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR ビジュアル・質感が良い

背面が半透明つや消しカラーになっている上に、裏面からAppleのロゴが見えるのが良い感じです。

 

細かいところまで作り込まれているので、手触りも良いです。

 

このタイプのケース全般に言えますが、撮影時が意外と便利です。

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR 撮影時カバーが取っ手になる

iPadで撮影する人はあまり多くはないと思いますが、三つ折りカバーが持ち手になるので。

 

 

ESRケースの注意点は1つ

微妙にほこりがつきやすい点

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR ホコリがカバー裏につきやすい

ESR以外のケースでも該当しますが、このタイプは、磁気カバーの裏面にホコリがつきやすいです。

 

理由としては、画面保護のためにマイクロファイバー系の素材が使われるからです。(ほとんど気になりませんが)

 

以上が注意点です。

 

iPad第9世代おすすめケース 01:ESR 外装

ちなみに、採寸ズレ・充電・ボタンなどにも、一切問題ありません。

 

iPad第9世代(7・8世代含む)ユーザーには、かなりおすすめのケースです。

 

 

iPad第9世代おすすめケース
02:ESR ペン収納付き

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き

商品名ESR iPad 9/8/7 (10.2インチ 2021/2020/2019) ケース ペンシルホルダー付き
評価
価格¥2,099~2,299
Amazon価格変動あり
タイプハード系
カラーグレー・ネイビー・ブラック・ライトグリーン
サイズ‎‎25.5 x 1.5 x 19.1 cm
重さ‎327g
iPad第9世代・ApplePencil装着時 487+20+‎327→834g

ポイント

・iPad初心者の方

・ApplePencilを収納したい

・iPadを画面/外装など全面を保護したい方

・スタンド機能のあるタイプが良い方

・iPadを外出先に持っていきたい方

 

ApplePencilを使用する方は、ESRのペンホルダー付きの三つ折りスタンドケースがおすすめです。

 

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き ApplePencilが収納できる

このタイプのケースの良いところはApplePencilを収納できます。※サイズさえ合えばサードパーティー製のスタイラスペンも収納可能です。

 

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き 表面・裏面

磁気カバーで画面を保護しつつ、ハード系の素材で背面もしっかり守れます。

 

カバーを画面に被せるとズレる製品って結構あるのですが、ESRは他社の製品と比較しても、磁気カバーにも安定感があり良い感じです。

 

メリット1
スタンドが安定している

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き スタンドが安定している

先程と同様になってしまいますが、他社製と比較するとスタンドが安定しています。

 

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き イラストスタンドとしても安定している

また、イラストを描く際のスタンド機能も不安定な感じにもなりません。

 

メリット2
誤動作がない

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き メリット2 誤動作がない

電源ボタンやボリュームボタンもケースで守られているのですが、誤動作などは一切おきません。

 

ボタンの押し心地が悪いといったこともないです。

 

メリット3
頑丈な造り

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き メリット3 頑丈な造り

衝撃吸収ポリマー製のため、かなり頑丈な造りになっています。

 

落下や傷からしっかり守れる印象です。

 

 

ESRケースの注意点は4つ

重い点

ESRのケースは、背面が衝撃吸収ポリマーでしっかり守られています。

 

その反面、重さが330gほどあります。iPad第9世代・ApplePencilと合わせると約840gになります。

 

結構ずっしりくるので、軽いケースがよければポリウレタン・シリコン系のケースが良いと思います。

 

微妙にほこりがつきやすい点

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き ホコリがつきやすい

先程同様、磁気カバーの裏面にホコリがつきやすいです。

 

保護フィルムが浮く可能性がある点

iPad第9世代おすすめケース 02:ESR ペン収納付き 保護フィルムが浮く可能性がある

ESR以外にも該当するのですが、このタイプのケースは、ピッタリ目のケースが多いです。

 

そのため、薄いタイプのフィルムを貼っているの場合、フィルムの端が若干浮く可能性があります。

 

ApplePencilのグリップはNGな点

ApplePencilのグリップはNG

ApplePencil自体にグリップを付けている方は、入らない可能性があります。

 

入ったとしても、磁気カバーをかぶせた際に盛り上がってしまうと思います。

 

以上が注意点です。

 

『重さ』さえ許容できれば、iPad第9世代(7・8世代含む)ユーザーには、おすすめできるケースです。

 

 

iPad第9世代おすすめケース
03:Ztotop ペン収納付き

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き

商品名Ztotop iPad 8世代 ケースipad 10.2 ケース
評価
価格¥1,399
Amazon価格変動あり
タイプシリコン系
カラーネイビー
サイズ25.4 x 19 x 1.3 cm
重さ240g
iPad第9世代・ApplePencil装着時 487+20+240→747g

ポイント

・iPad初心者の方

・ApplePencilを収納したい

・iPadを画面/外装など全面を保護したい方

・スタンド機能のあるタイプが良い方

・iPadを外出先に持っていきたい方

 

ApplePencilを使用する方は、Ztotopのペンホルダー付きの三つ折りスタンドケースもおすすめです。

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き

・ApplePencilの収納

・磁気カバーで画面を保護

・背面もしっかり守れる

 

先程と同じ説明になるので簡易的な説明になりますが、このタイプのケースは上記3つがおすすめな理由です。

 

メリット1
スタンドが安定している

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き スタンドが安定している

先程と同様になってしまいますが、他社製品と比較すると、スタンド部分が安定しています。

ただ、ESRと比較すると少し弱いです。(2年前に購入したので、劣化かもしれません・・・)

 

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き イラストスタンドが安定している

イラストを描く際のスタンド機能も、安定しています。

 

メリット2
採寸ピッタリで誤作動がない

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き 採寸ピッタリで誤作動がない

ケースを付けた感じ採寸ズレもなくピッタリとした印象です。

 

価格の安い中華製だと採寸ズレって結構あるので・・・ゆるかったり・・・

 

電源ボタンやボリュームボタンもケースで守られているのですが、誤動作などは一切おきません。

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き 採寸ピッタリで誤作動がない

ボタンの押し心地が悪いといったこともないです。

 

メリット3
軽くて柔らかい

こちらはESRと違い240gとかなり軽いです。素材が若干柔らかめの素材だからだと思います。

 

その代わり、ESRと比較すると衝撃吸収・耐久性とかは若干弱いと思います。

 

ただ軽い分、持ち運びに向いています。

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き 軽くて柔らかい 放熱加工

ESRと違う点は、ケースの内側が柔軟ハニカム3D構造を採用しています。そのため放熱処理に優れています。

 

 

Ztotopのケースの注意点は3つ

微妙にほこりがつきやすい点

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き ホコリがつきやすい

先程同様、磁気カバーの裏面にホコリがつきやすいです。

 

ApplePencilのグリップはNGな点

iPad第9世代おすすめケース 03:Ztotop ペン収納付き ApplePencilはグリップNG

こちらも先程同様、ApplePencil自体にグリップを付けている方は、入らない可能性があります。

 

入ったとしても、磁気カバーをかぶせた際に盛り上がってしまうと思います。

 

カラーがない点

ZtotopのiPadケースは、製造していないのかAmazonではネイビーしか販売していませんでした。

 

以前はもっと多かったのですが・・・

 

 

ESRとZtotopの違い

ESRとZtotopの違い

ESRZtotop
価格¥2,099~2,299
Amazon価格変動あり
¥1,399
Amazon価格変動あり
頑丈さ・安定感磁気カバー
ケース背面
磁気カバー
ケース背面
重さ‎ケース単体:327g
iPad第9世代/ApplePencil装着時487+20+‎327→834g
240g
iPad第9世代/ApplePencil装着時487+20+240→747g
放熱加工なしあり
カラーグレー・ネイビー・ブラック・ライトグリーンネイビー

ESRとZtotopの違いは上記です。

 

『頑丈さをとるのか』『軽さをとるのか』の2択ですね。

 

そもそもZtotopはカラーが少ないので、ESRが無難かもですね。

 

どちらもiPad第9世代(7・8世代含む)ユーザーには、コスパ良好でかなりおすすめのケースです。

 

 

iPad第9世代おすすめケース
04:MOFT X

iPad第9世代おすすめケース 04:MOFT X

iPad第9世代おすすめケース 04:MOFT X

商品名MOFT X iPadスタンド タブレットスタンド
評価
価格¥2,980
Amazon価格変動あり
タイプ樹脂, 紙
カラーグレー
サイズ21 x 15 x 0.37 cm
重さ88g
iPad第9世代装着時 487+88→575g

ポイント

・iPadを縦横で使用したい方

・複数の角度で使用したい方

・iPadをむきだしで使用したい方

・軽くてスタイリッシュなケースが良い方

 

このような方はMOFT Xがおすすめです。

 

MOFT Xはケースというより、iPad用のスタンドになります。(この記事のテーマとズレてしまい申し訳ありません・・・)

 

テーマとズレても紹介したいアクセサリーの1つです。

iPad第9世代おすすめケース 04:MOFT X

MOFT Xの装着方法は、iPadの背面に張り付けるだけです。無限ではないですが、何度も張り付けることができます。

 

 

メリット1
縦横のスタンド機能がある

iPad第9世代おすすめケース 04:MOFT X 縦横のスタンド機能がある

MOFT Xは、縦横最大6つの角度で利用することが可能です。きちんと折り目がついているので簡単に角度調整ができます。

 

スタンド機能はめちゃくちゃ安定していて、縦置きで最大3.2kg、横置きで最大5.4kgの耐荷重性とのことです。

 

メリット2
スタイリッシュでオシャレ

iPad第9世代おすすめケース 04:MOFT X スタイリッシュでオシャレ

取り付けた際の見た目が、スタイリッシュでオシャレになります。

 

iPadのビジュアルを損なわないことは、非常に良いです。

 

メリット3
軽くて薄い

iPad第9世代おすすめケース 04:MOFT X 軽くて薄い

折りたたんだ状態で厚さ0.37cm、重さは88gです。

 

持ち運びに非常に特化していて、取っ手にできるのは高ポイントです。

 

 

MOFT Xの注意点は1つ

保護機能がない点

MOFT Xは、ケースではなくスタンドの部類になります。

 

そのため、iPadの保護する機能は備えていません。もしも外出先に持ち運びする場合は、iPadの落下には注意払わなければならないのです。

 

クリアケースの上に張り付ければ、安全性は増しますが、剝がれなくなるので本当にご注意ください・・・

 

MOFT X iPad&iPhone

ちなみにiPhone用のMOFTもあるので、見た目を揃えることもできます。

 

 

紹介したケースまとめ

紹介したケースまとめ

01:ESRのケース

02:ESRのペン収納付きケース

03:Ztotopのペン収納付きケース

04:MOFT X iPadスタンド

 

これらがiPad第9世代(7・8世代含む)おすすめケースになります。

 

特におすすめは下記になります。

 

iPad第9世代おすすめケース(ペンシルホルダーなし)

 

iPad第9世代おすすめケース(ペンシルホルダー付き)

ペンシルホルダー付きのケースは、頑丈さゆえに重さ(327g)があります。軽いケースが良い方は避けた方が良いと思います。

 

ESRは結構おすすめなので、気になる方は他の製品も確認してから決めてみると良いと思います。

\ESRのショップはココ/

ESRはコチラ

 

 

iPad第9世代ケース選び
注意すべきポイント3選

もしも、今回紹介したケース以外も検討しているのでしたら、特に注意してほしいポイントをまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

注意ポイント1:フィルムとケースの相性

iPad第9世代ケース選び 注意すべきポイント フィルムとケースの相性

フィルムを張り付けた状態で、隙間のないタイトなケースをつけるとフィルムの端が若干浮いてしまうことがありました。

 

特に『薄いタイプのフィルム』や『画面端からの余白が少ないフィルム』を付けている方は、起きやすいかなっと思います。

 

これはフィルムとケースの相性次第なので防ぎようがありません。ですので、カバーを付ける際は必ず注意しましょう。

 

実体験ですが、薄いペーパーライクフィルム貼っていた際に、きつめのケースを付けたら端が浮いてしまい、隙間にホコリが入ってしまった事があります・・・

 

このような状況を絶対に避けたい方は、iPadの画面とケースが接する部分が柔らかい素材のものを選ぶと良いと思います。

 

注意ポイント2:多機能ケースの罠

たまに超多機能なケースがあると思います。

 

例えば、縦横に画面が回せて・ペンも収納出来て・スタンド機能もあるのような、一石三鳥どころか一石四鳥のようなケースです。

 

このようなケースは、辞めた方が良いと思います。

 

一見便利そうに感じるのですが、全部の機能が中途半端でケースに安定感がないことがあります。

 

例えば、このエレコムケースが該当します。

iPad第9世代ケース選び 注意すべきポイント 多機能ケース

画面が縦横に回転ができるので、一見良さそうですが、安定感がなくユルユルです。多機能にした結果で、スタンド機能なども作りが甘いため、所々すごい不安定でした。

 

撮影後に気づいたのですが、スタンドの立て方が違うようです・・・複雑でわからなくなってました汗

 

ですので、ケースを選ぶ際は、あまり多くを望まない方がよいと思いました。

 

1~2個の目的にフォーカスしたケース選びをすると良いと思います。

 

注意ポイント3:磁気の有無

iPad第9世代ケース選び 注意すべきポイント 磁気の有無

例えば、ESRのケースの場合ですが、磁気カバーのため、閉じた際に画面にピタッとくっつき安定します。

 

カバーがあるから磁気も当然あるだろうと思いがちですが、これが無い製品も存在します。

 

ですので、購入する際は必ずご確認ください。

 

以上がiPadのケースを選びで注意してほしいポイント3選になります。

 

当たり前の情報かと思われたかもしれませんが、油断すると見逃しやすくいので、みなさんぜひご注意ください。

 

 

まとめ:厳選4種|iPad第9世代(7・8世代含む)おすすめケース・ペン収納ケース

iPad第9世代おすすめケース(ペンシルホルダーなし)

 

iPad第9世代おすすめケース(ペンシルホルダー付き)

 

 

その他オススメケース

 

今までたくさんのケースを購入してきましたが、良いケースって中々出会えないですね~

 

ちなみに、最近も格安ケースを購入したのですが、サイズ感全然あってなくてカパカパしてました笑

 

ただ今回そんな中でも、特に良かった1軍ケースをピックアップしました。

 

iPadの格安ケースって結構増えてきているので、レビューを見ても真実はわからないですし、博打要素が強くなってきました。サクラチェッカーも通じなくなってきました・・・

 

そのような理由もあり、この記事を読んでくださった方が『時間・お金』を無駄にせず、効率的にケース選びができたら良いなっと思ってまとめてみました。

 

もしも、オススメのケースとかあったら、Youtubeとかにコメントください~

 

以上です。

ありがとうございました。

-iPad, iPad周辺機器

© 2021 ZRデザインラボ