広告 iPad周辺機器 ガジェット

AOIKTYEレビュー|iPadのProcreate用左手デバイスを徹底検証!

2023年8月31日

当ページのリンクには広告が含まれています。

AOIKTYEレビュー|iPadのProcreate用左手デバイスを徹底検証!
悩んでいる人
  • iPadで使うProcreate用の左手デバイスを探しているけどオススメない?
  • AOIKTYEのレビューを知りたい。

このような人にオススメできる記事になっています。

この記事の著者

この記事の信頼性

  • 都内美大卒。ゲーム・IT業界デザイナー(歴10年)
  • iPad系Youtube登録者数40,000人
  • 複数のiPadを使用

Procreateは、iPadと親和性の高いアプリで、多くの機能と操作があり、時にはその多機能性が作業の効率を下げてしまうこともあります。

そこで注目されるのが、左手デバイスです。

本記事では、AOIKTYE Procreate用 左手デバイスの特徴から接続方法、メリット・デメリットに至るまで、詳しく解説していきます。

本記事のポイント

  • AOIKTYEのメリット・デメリットがわかる。
  • Procreateで左手デバイスを使ったときの所感がわかる。

結論:AOIKTYE(左手デバイス)はProcreateの生産性が上がる

AOIKTYE iPad Procreate

結論、AOIKTYEを使用することで、Procreateでの作業が格段にスムーズになります。

このデバイスは、多くのショートカットキーを備えており、それぞれがProcreateでよく使用する機能に割り当てられています。

例えば、レイヤーの切り替え、ブラシのサイズ調整、色の選択など、一連の作業がこの一つのデバイスで素早く行えます。

さらに、Bluetooth接続によって場所を選ばずに使用できるので、外出先でも効率よく作業ができます。

バッテリー持続時間も長いため、長時間の作業にも対応しています。

このデバイスは、作業効率を大幅に向上させることができる優れたツールです。

シンプルが故に、初めて使用する方でも、その便利さを実感できるでしょう。

AOIKTYE
価格4,199円(税込)
接続方法Bluetooth 5.0
バッテリー充電式
84時間
充電端子microUSB
サイズ14.6 x 8.6 x 2.5 cm
重さ100.4g
カラーピンク・ブラック・ホワイト
互換性OSiPad・Windows・MacOS・Linux
互換性アプリProcreate
AdobePhotoshop Illustrator
ClipStuido
Autodesk Sketchbookなど
ボタンの役割ブラシサイズ小/大・取り消し/やり直し
カラーバランス・色相/彩度・レイヤー・ブラシ
全画面表示・選択・消しゴム
変形・スポイトなど

AOIKTYEの特徴

  • 設定不要で使える。
  • 20種以上のショートカットキーの割り当てがある。
  • バッテリー持続時間が84時間で長い。
  • Bluetoothで簡単接続。
  • 軽くて持ち運びも可能。
  • OSの互換性がある。

効率UP

設定不要で使える!

AOIKTYEの評価

機能性
デザイン
使いやすさ
総合評価

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス同梱物・周辺部分

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス同梱物・周辺部分
筆者

では、AOIKTYEの同梱物・周辺部分を紹介していきます。

同梱物

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス同梱物・周辺部分

同梱物

  • AOIKTYE本体
  • 充電ケーブル(USB TypeA⇔Micro-USB)
  • 取扱説明書
AOIKTYE Procreate用 左手デバイス同梱物・周辺部分
TypeA⇔ Micro-USB
説明書

充電ケーブルはTypeA⇔ Micro-USBのためで、C端子を主に使用する方には少し使いにくいかもしれません。

周辺部分

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分
AOIKTYE
厚み2.5cm
8.6cm
高さ14.6cm
重量100.4g

サイズは14.6×8.6cmで、一般的なテンキーよりもちょっと縦長なサイズです。

質感は、プラスチックや亜鉛メッキのような印象ですね。(表現が難しいのですが、3,000~4,000円のキーボードと同じようなカチャカチャした感じがあります。)

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分

キーの大きさは16mm程で、打ち心地は非常に軽いですね。

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分

2.5cmの高さ(斜度)があるため、左手への負荷が少なくて良いですね。

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分

キーには、ツールのアイコンが印字されており、直感的でわかりやすい。

カラーバリエーションは、ピンク、ブラック、ホワイトの3色から選ぶことができます。

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分

本体側面には、電源スイッチがあります。

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分

底面には滑り止めパッドが付いており、設置した場所からズレにくい仕様です。

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分

本体上部には、充電用(Micro-USB)の差し込み口があります。

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分

充電中は、ランプが点灯します。

AOIKTYE Procreate用 左手デバイス 周辺部分

キー上の台座部分がボコっとした形状のため、コンパクトなビジュアルではないですね。(手首の負担が軽減される設計ではありますが。)

各ボタンの役割

出典:AOIKTYE商品ページ

各ボタンの役割は上図の通りです。
全25種(24種かもです)のショートカットを使うことができるので、非常に便利です。

ブラシサイズの微調整は、「⌘」キー押しながらブラシサイズ増加・減少ボタンを押しましょう。
1%ずつの調整が可能です。

接続方法

Bluetoothボタン長押し
接続するだけ

接続方法

  1. 本体のスイッチをONに切り替える。
  2. ライトが点滅するまで、左上のBluetoothキーを長押し。
  3. ペアリングモード起動(ライトが青く点滅)
  4. デバイスの設定画面から、Bluetoothをタップ。
  5. AOIKTYE」を選択。

接続方法は、上記手順になります。

AOIKTYE Procreate用 左手デバイスiPadでの使用感

AOIKTYE Procreate用 左手デバイスiPadでの使用感

使用感ですが、Procreateでよく使用する機能に割り当てられており、非常に使い勝手が良いです。

例えば、ブラシや消しゴムの切り替え、アンドゥやリドゥなどの基本操作はもちろん、レイヤーの消去やブラシサイズの微調整も一つのキーで瞬時に行えます。

特に、コマンドキーと他のキーを組み合わせることで、より高度な操作が可能になる点です。

例えば、ペンの太さ調整も1px単位で行えるので、より直感的に作業を進めることができますね。

また、ボタンは大きく、アイコンが印字されているため、どのボタンがどの機能に対応しているのか一目瞭然です。

これらのキーを使いこなすことで、作業時間を短縮することができるでしょう。

デメリット

デメリット

  • キーの配置に慣れるまで時間がかかる可能性がある。
  • 充電端子がmicroUSB。
  • 価格が少し高い。
  • キーの配置がカスタマイズできない。
  • 使用できないキーがある。
  • サイズがコンパクトではない。

まず、「AOIKTYE」のキーの配置に慣れるまでには時間がかかる可能性があります。

特にProcreateの初心者や他のデバイスからの乗り換えを考えている人にとっては、最初は操作に戸惑うかもしれません。

この点は、どの左手デバイスにも言えることですし、継続的に使用することで慣れてきます。ただし、最初のうちは操作ミスを引き起こす可能性が挙げられます。

また、「AOIKTYE」はmicroUSBを採用しています。

規格が古い端子なので、正直なところ微妙です。

特に、他のデバイスと充電ケーブルを共有する時には、不便さを感じました。

キーの配置のカスタマイズに関しても制限があります。

「AOIKTYE」はキーの配置が固定されているため、変更することができません。自分好みにカスタマイズしたい人は、別のデバイスを検討しましょう。

また、右上のキー(×)がiPadのProcreateでは、単体使用できませんでした。(Commandキーと併せて押すことで"レイヤー消去"の機能は使えます。)

類似製品のYesWord X-18と比較すると、斜度がある分、縦長のサイズになっており、コンパクトではありません。

そのため、持ち運びには少々不便。

メリット

メリット

  • Procreateの操作がスムーズになり生産性が上がる。
  • バッテリーの持ちが良い。
  • 軽量で持ち運びやすい。
  • 手首の負担が少ない。

何度もお伝えして申し訳ないのですが、AOIKTYEの最大のメリットは、Procreateでの作業を格段にスムーズにできる点です。

iPadはタッチ操作が主体のため、左手デバイスが備わることで、PCに近い生産性が期待できます。

特に、複雑な作業を繰り返し行う場面や、細かい部分の修正が必要な場面で、その効果を実感することができるでしょう。

また、キー配列「ブラシ・消しゴム・Undo/Redo」が、人差し指で押しやすい位置なのも良かったです。

次に、バッテリーの持ちの良さも、大きなメリットの一つです。

バッテリーの持続時間は84時間で、外出先でも安心して使用することができます。

バッテリーの長さは、作業の中断を防ぐ大きな要因となります。

また、デバイスには手首に負担をかけにくい傾斜が設計されているため、長時間の作業でも疲れにくいのもメリットですね。

筆者

正直な所、microUSBが採用されている点以外は、ほとんど不満を感じませんでした。

AOIKTYEとYesWord X-18|比較・違い

AOIKTYEとYesWord X-18|比較・違い
AOIKTYEYesWord X-18
価格4,199円(税込)3,980円(税込)
接続方法Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
対応OSiPadOS・Windows・MacOS・LinuxiPad
(Procreate)
対応アプリProcreate
AdobePhotoshop Illustrator
ClipStuido
Autodesk Sketchbookなど
iPad
(Procreate)
バッテリー充電式
84時間
充電式
84時間
充電端子microUSBmicroUSB
サイズ14.6 x 8.6 cm12.5 x 8.5cm
重さ100.4g64g
カラーピンク・ブラック・ホワイトピンク・ブラック・ホワイト
ボタンの役割全25種(24種?)
ブラシサイズ小/大
取り消し/やり直し
カラーバランス・色相/彩度
レイヤー・ブラシ
全画面表示・アクション
選択・消しゴム
変形・スポイトなど
全21種
ブラシサイズ小/大
取り消し/やり直し
カラーバランス・色相/彩度
レイヤー・ブラシ
全画面表示・アクション
選択・消しゴム
変形・スポイトなど

AOIKTYEには、同ジャンルの類似製品としてYesWord X-18が挙げられます。

この2製品どちらがおすすめかと言えば、AOIKTYEの方が使い勝手が良かったです。

出典:AOIKTYE商品ページ

まず、AOIKTYEは全25種(24種?)のショートカットキーに対し、YesWord X-18は全21種になります。

出典:AOIKTYE商品ページ

さらに、AOIKTYEはいろいろなアプリやOSに対応しているので、使い勝手が広がります。

特にAOIKTYEの方が魅力的に感じた点は、キーの配置でした。

AOIKTYEでは、消しゴムやペン、レイヤーのショートカットが左手の人差し指で簡単に押せる位置に配置されています。

これは個人の感想ですが、非常に使いやすかったです。

それ以外の点では、大きな違いはありませんが、YesWord X-18はよりコンパクトで軽いので、持ち運びや収納には便利です。

総じて、どちらのデバイスも使い勝手は良いですが、筆者目線ではAOIKTYEが一歩リードしていると感じました。

AOIKTYE口コミ・評判

BAD 口コミ

  • 不良品が届いた…。
  • 梱包が雑なことがある。

GOOD 口コミ

  • 非常に便利。操作性も良く快適になった。
  • キー配列が良く、ストレスが減った。
  • ブラシサイズが1%ごとに刻める。
  • 重さがあるので安定感があって良い。
  • Apple純正メモアプリにも使えた。

本記事のまとめ:AOIKTYEはProcreate(iPad)の左手デバイスとして良い!

効率UP

設定不要で使える!

AOIKTYEの評価

機能性
デザイン
使いやすさ
総合評価
AOIKTYE
価格4,199円(税込)
接続方法Bluetooth 5.0
バッテリー充電式
84時間
充電端子microUSB
サイズ14.6 x 8.6 x 2.5 cm
重さ100.4g
カラーピンク・ブラック・ホワイト
互換性OSiPad・Windows・MacOS・Linux
互換性アプリProcreate
AdobePhotoshop Illustrator
ClipStuido
Autodesk Sketchbookなど
ボタンの役割ブラシサイズ小/大・取り消し/やり直し
カラーバランス・色相/彩度・レイヤー・ブラシ
全画面表示・選択・消しゴム
変形・スポイトなど

デメリット

  • キーの配置に慣れるまで時間がかかる可能性がある。
  • 充電端子がmicroUSB。
  • 価格が少し高い。
  • キーの配置がカスタマイズできない。
  • サイズがコンパクトではない。

メリット

  • Procreateの操作がスムーズになり生産性が上がる。
  • バッテリーの持ちが良い。
  • 軽量で持ち運びやすい。
  • 手首の負担が少ない。
おすすめできる人おすすめできない人
・左手デバイスを試してみたい人
・iPadのProcreateで絵を描く人
・カスタマイズ性が欲しい人
・USB-Cが良い人

AOIKTYEは、多機能性と使い勝手が非常に高い左手デバイスと言えます。

特に、多数のショートカットキーと広範なアプリ対応が、このデバイスの魅力ですね。

キー配置も工夫されており、斜度のある形体が長時間の作業でも手首への負担が少ないのも、大きなポイントです。

筆者の個人的な経験に基づいても、iPadでのイラスト制作に産性と快適な操作性を求める方におすすめします。

-iPad周辺機器, ガジェット