iPad iPad周辺機器

【購入前必見】iPadのキーボード選び!6つの注意点【接続方法・設定も記載します】

【5つの注意点】iPad用キーボード選び!【設定/感想も記載します】

こんにちは。
ZRデザインラボ(@zrdesign)です。

 

最近iPad用にBluetoothキーボード付きケースを購入しました。
そこで、『しまった!ここを注意すればよかった!汗』っと思ったことがあり…


『iPadのBluetoothキーボード購入前にしっておくべきこと』『購入したキーボードの感想』をまとめました。

 

悩んでいる人

・iPad(第7世代)のキーボードってどんなのがいいの?

・Bluetoothキーボードを選ぶ際の注意事項ってなに?

・キーボード選びで失敗したくない!

・iPadとキーボードの接続方法ってどうやるの?

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

この記事のポイント

①Bluetoothキーボード選びの注意点がわかる

②キーボード選びに失敗しないように防げる

 

この記事の内容は動画でも解説してます。

 

【接続方法/設定】
購入物:GreenLawのキーボード付きケース

GreenLawのキーボード

特徴

・キーボード付きケース

・ApplePencilの収納が可能

・スタンド機能

・3段階の角度調節が可能

・キーボードは磁気でくっつます

・ケース一体型で持ち運びやすい

 

全てを一緒に持ち運びできて、便利そうでしたので、こちらを購入しました。

 

 

キーボードの接続手順/設定

Bluetoothキーボードの接続方法

キーボード設定手順

①キーボードをon

②設定(長押し)からBluetoothを選択

③キーボードのConnectを押す

④画面に追加されるキーボード名を押すと番号がでる

⑤番号を入力するだけ

 

接続手順も非常にラクですね!

※他社さんのBluetoothキーボードはあまり詳しくないので、比較してお話しはできません。大半がこういった設定で終わるのですかね。

 

 

感想

結構良いです!

 

文章打つだけなら十分な品質でした。

 

磁気で滑り落ちたりせず、安心して文字が打てます。静穏性はそこまでないですね。表面は、ちょっと高級感のある素材でかっこいいです。

 

純正品やLogicoolのキーボードを検討しましたが、目的とそわない価格帯のため辞めました笑
キーボードに、2万円近くは払えないです…

 

最近発売したトラックパッドのある純正品キーボードも、もはやiPad第7世代本体と同じくらいの価格でしたね。

 

 

注意点01
キーボードOSの対応確認

キーボードOSの対応確認

購入予定のキーボードが『iPadのOSに対応しているかどうか』必ずご確認しましょう。

 

初歩的なことですが、一歩間違えると大惨事です。注意が必要だと思いました。

 

注意点02
キーボードの配列について

キーボードの配列

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、キーボードには『JIS配列とUS配列』の2種類があります。

 

Windowsの場合、JIS配列が使用されていることが多いです。

 

ですので、iPadのUS配列少し違和感を感じると思います。
※Apple製品は、US配列が採用されています。

 

 

『JIS配列とUS配列』の違い

Enterのサイズ

『JIS配列とUS配列』の違い

キーボードにもよりますが、
US配列は『Enterキーが小さい』です。

 

かな入力

『JIS配列とUS配列』

こちらもキーボードにもよりますが、US配列は『かな入力キーがない』です。

 

わたしたちが、購入したキーボードの場合ですと、かな入力は『CapsLockキー』『言語切替(地球儀)ボタン』 を押して切り替えます。

 

shiftキー+数字の記号が異なる

例として

JIS配列の場合『shift + 2 』= 『  " 』

US配列の場合『shift + 2 』= 『 @ 』

上記のような違いがあります。

 

他にも違いとしてはありますが、大きくはこの3点かなと思います。

 

こういった違いがあるので『打ちづらい!!』っとなると思います(汗

 

念頭においておくとよいです。

 

 

注意点03
ショートカットキーの有無

ショートカットキーの有無

『音量調整・スポットライト検索・ソフト終了キー』など、キーボードの中、ショートカットとなるキーがきちんと含まれているか確認しましょう。

 

あると結構便利です!!

 

キーボードにショートカットキーがない場合『キーボード操作と画面タップを繰り返す』ため、結構しんどいと思います!

ショートカットキーの有無/Bluetoothキーボード

今回購入したのキーボードには、一通り機能がついており助かりました。

 

 

注意点04
使用目的の明確化

iPadのBluetoothキーボード使用目的の明確化

『どのような場所』『どういった目的』

iPadとBluetoothキーボードの使用目的をハッキリさせる事をオススメします。

 

 

キーボードは常に持ち運びをする方

・iPadに携帯性を求める方。

・様々な場所でiPadを使用される方。

・『小さい!』『軽い!』『持ち運びがラク!』を重視する方

 

こういった方は『折り畳み型』などがコンパクトなものがよいかもしれませんね。

 

 

キーボードは打ちやすさ重視の方

・Wordやブログを、iPadで描く方

・持ち運びをそこまでしない方

・『安定感!』『打鍵感!』『キーの間隔!』を重視する方

 

こういった方は『iPadケース一体型』『ちょっと大き目のBluetoothキーボード』がよいかもしれませんね。

 

ちなみにですが、わたしたちが購入したものはケース一体型です。

購入したiPadのBluetoothキーボード

重さ 約1kg( iPad 483g +ケース/キーボード 680g )

 

重量感がありますが、一体型だとiPadの落下保護ができて安心できます。

 

 

注意点05
充電方法と駆動時間

iPadのBluetoothキーボードの充電方法と駆動時間

Bluetoothキーボードには『電池式・充電式』の2タイプがあります。
※こちらも間違えないようにご注意ください。

 

また、キーボードの駆動時間はとても大事です。出先で『充電切れ・電池切れ』は、とてもつらいです…

 

 

注意点06
iPadはPCの代わりになるのか?

iPadはPCの代わりになるのか?

iPadにキーボードを取り付けると『PC代わりになるかな?』

っと思われる方もいらっしゃると思います。

 

結論として『PCの代わりにはならない』と思います。

 

また、マウスがない場合『画面タップとキーボード操作を繰り返す』ため効率的ではないです。

 

たとえマウスがあったとしても、『Exelのようなセル/関数を使用する細かい作業』『マルチタスク』はPCの方が圧倒していると思います。

 

ただ、最新のキーボードにはトラックパッドがついております。どんどんOSも端末もPCに近づいてきているので、PCの代わりになる日も近いかもしれませんね。

 

用途が文字を打つのみでしたら、十分な使用感だと思います。
例:ブログ・Word等

 

 

使用品リンク

使用している一覧を載せておきます。

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

今回キーボードを購入してみて、結構気にいっています。

 

明らかに調査不足のまま購入に踏み切ったため、もしかしたら、お金の無駄遣いになっていたかもしれません。結果としてよかったのですが…

 

そういった経緯もありつつ、みなさんによいキーボード選びがのサポートができればと思い記事を書きました。

 

参考程度にしていただけると幸いです。

 

以上です。

つたない文章や誤った情報等ございましたら、ご容赦くださいませ。

ありがとうございました。

-iPad, iPad周辺機器

© 2021 ZRデザインラボ