iPad iPhone アプリの使い方

ウィジェットに4つの機能つけておしゃれにする方法 | Widgyの使い方【iPhone/iPad】

ウィジェットに4つの機能つけておしゃれにする方法 | Widgyの使い方【iPhone/iPad】

こんにちは。

 

今回は『ウィジェットをカスタマイズできるWidgyについて紹介していこうかと思います。

 

悩んでいる人

・iPhone/iPadのウィジェットをおしゃれにしたい

・iPhone/iPadのウィジェットに時計などをつけて便利にしたい

・Widgyの使い方が知りたい

 

このような方にオススメできる記事になっています。

 

ポイント

ウィジェットの基本を覚えられる

②Widgyの使い方を理解できる

 

この記事の内容は動画でも解説してます。

Widgyとは?

Widgyとは?

Widgyとは?天気・時計・写真機能が表示できる

Widgyで表示できる情報

・バッテリー情報

・曜日

・輝度

・時間

・気温

・ディスクの空き容量 など

 

このような情報をウィジェットに加えられるアプリです。

 

さらにデザインも自由にカスタマイズできるので非常にオススメできるアプリです。

 

今回説明するにあたって、わたしの方でWidgyを使って4つの機能が表示できるウィジェットを作成しました。

 

これを使って説明していこうかと思います。

 

 

Widgyの使い方01
QRコードをインストール

Widgy の使い方01 QRコードをインストール

下記ボタンのリンク先にQRコードの画像がありますので、画像長押しして「"写真"に追加」をタップしましょう。

 

iPhone用サンプルデータはこちら

iPad用サンプルデータはこちら

※このデータですが、個人のご利用するならばご自由に使ってください。ただ、二次配布等は避けていただけますと幸いです。

 

画像の追加が完了したら、Widgyのアプリを起動しましょう。起動するとこのような画面になります。

Widgyのトップ画面

この画面では、ウィジェットをつくったりインポートしたりすることができます。

 

では、先ほどダウンロードしたQRコードを使用していきます。

WidgyQRコードインストール

"Import Widgy"をタップし、"IMPORT QR CODE FROM ALBUM"を選択しましょう。

 

Widgy QRコードインストール方法

先ほどダウンロードした画像を選択しましょう。ただしくインストールできれば、ウィジェットの画像が表示されます。

 

そしたら"EDIT AS A COPY"をタップしましょう。

 

最後に画面左上の矢印をタップして"Confirm"を押しましょう。これでインストール完了です。

 

※Widgyを起動して下にスクロールすると、すでに配信されているウィジェットがあります。無料で使用できますよ。

Widgy配信ウィジェットのコピー方法

配信ウィジェットのコピー方法

①:気になるウィジェットを選択

②:EDIT AS A COPYをタップ

③:左上の矢印を押してconfirmをタップ

④:自分のワークスペースにコピーされます

 

 

Widgy の使い方02
ウィジェットのセットする方法

では、先ほどインストールしたデータをウィジェットにセットしていきます。

Widgy の使い方02 ウィジェットのセットする方法

ウィジェットのセット方法

  • 下のメニューの"Manage"を選択
  • "Small#1"を選択
  • データを選択
  • スロットが埋まればOK

 

これでWidgyでの作業は完了です。

 

注意点

Widgyではこのスロットは1つしか入れる事ができません。もしも複数セットする場合は課金が必要になります。

 

では、この状態でホーム画面にいきます。

ホーム画面でのWidgyのセット方法

簡単な流れ

  • ホーム画面を長押し
  • 画面の端の"プラス"を選択
  • Widgyを選択
  • Small#1を選択
  • ウィジェットを追加を選択
  • 自分の好きな位置に移動すれば完了

 

この状態で問題がなければ、ぜひそのままご自由にお使いください。

 

ここからの内容ですが「Widgyでの色替え方法」「Widgyでのカスタイマイズの方法」について説明いたします。

 

興味があればこのままご覧ください。

 

 

Widgyの使い方03
色替え方法

では、色替え方法について説明していきます。

Widgy の使い方03 色替え方法

先ほどインストールした"ウィジェット"を選択してください。"EDIT"を押しましょう。

 

そうすると編集画面に切り替わります。

Widgyの基本説明

初めて見ると色々あってわかりづらいかもしれませんが、基本はLayersのタブとその下のレイヤーを見ておけば問題ありません。

 

さっそく背景の色を変更していきます。

Widgyオブジェクトの色替え方法

1番下の"Solid(背景)"を選択しましょう。"Background"のタブを選択してください。

 

Widgy色の選択方法

そうすると好きな色が選択できます。

 

▼自分で色を作る方法

Widgy色の作成方法

Customのタブを選択し、右下のプラスをタップすれば、カラーパネルから自由に色を選択できます。

 

では次にアイコンの色を変更していきます。

Widgy アイコンの色の変更方法

レイヤーの上の方にあるSymbolを選択しましょう。そしたら、Colorのタブを選択しましょう。

 

先ほどと同じように色は簡単に変更できます。

 

ここで注意してほしいポイントですが、BGのタブの状態で色変更はしないようにしましょう。

Widgy 色替えの注意点

ここが少し難しいポイントですが「Colorはオブジェクトの色」「BGはオブジェクトの背景色」になります。

 

▼間違ってBGの色を変えてしまった場合

Widgy BGの色を戻す方法

Systemタブの1番下の市松模様を選択すると、元に戻ります。

 

同じ手順ですべてのアイコンを変更していけば、色替えが完了です。

 

テキストも同じ手順で色を変えることができますので、色が気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

 

以上が色替えの説明になります。

 

 

Widgyの使い方04
カスタマイズ方法

最後にカスタマイズの方法について説明していきます。

Widgy の使い方04 カスタマイズ方法

カレンダー・バッテリー・時間・気温の4つの中の、左下の「時間表示」「空き容量」に変えてみようかと思います。

 

Widgy テキストの情報を変更する方法

まず、文字を選択しましょう。"Data"のタブを選択します。

 

この画面では、デバイスから読み取れる情報をテキスト化しています。OSのバージョン・天気・歩数・言語・位置情報などが該当します。

 

Widgy データタブの説明

例えば"SystemInfo"の項目ですと、iOSのバージョン・国・輝度などが表示できます。

 

Widgy 空き容量の設定

今回は「空き容量」ですので、"SystemMemory"をタップして、"Free Disk Space"を選択しましょう。

 

そうすると、今使用しているデバイスの空き容量に切り替わります。テキストの修正はこれで完了です。

 

次にアイコンを変えていきます。

Widgy アイコンの変更方法

アイコンをタップし、"Symbol"のタブを選択します

 

ここにはたくさんのフリーアイコンが入っています。この中から、自分の好きなアイコンにカスタマイズが可能です。

 

今回は"Apple SF Symbols"の項目を選択します。

Widgy アイコンの選択方法

大量にアイコンがあるので、探すことに非常に時間がかかりますが、頑張りましょう。

 

「空き容量」ですので、グラフのアイコンにします。※グラフのアイコンはOtherの項目の下らへんにあります。

 

Widgy アイコンの太さ調整

ちなみにアイコンの太さは上のタブで選択ができます。左が細くなり、右が太くなります。

 

これでアイコンの設定が完了しました。

 

Widgy 上書き方法

画面左上の矢印を選択して、Comfirmを押せば上書き保存されます。

 

以上が、カスタイマイズの方法になります。

 

 

Widgyの使い方05
Q&A

Q:基本画面についてもっと知りたい

Widgy 基本画面の説明

主に使用する機能は上図のような感じです。

 

 

Q:編集画面のウィジェットをズームする方法

Widgy 編集画面のウィジェットをズームする方法

ズームする方法

  • 編集画面の右上の#マークをタップ
  • Pinch To Zoomを選択
  • ウィジェットをスワイプで拡縮

 

※必要な分の拡縮をしたらチェックは外しておきましょう。タップでシンボルが選択できなくなるので。

 

 

Q:1つ前の状態に戻す方法

Widgy Q:1つ前の状態に戻す方法

1つ前に戻す方法

  • Undoのタブを選択
  • 編集した時間が表示されています
  • 元に戻したい時間を選択

 

 

Q:角丸やドロップシャドウのような効果をつける方法

Widgy Q:角丸やドロップシャドウのような効果をつける方法

効果をつける方法

  • オブジェクトを選択
  • Effectsのタブをタップ
  • 効果をつける

 

この画面で様々な効果を付けることができます。

 

 

Q:オブジェクトを移動・拡縮させる方法

Widgy Q:オブジェクトを移動・拡縮させる方法

オブジェクトの移動方法

  • Effectのタブを選択
  • 矢印アイコンで移動とサイズを調整ができる

 

移動や拡縮の単位を小さくする場合は、"Step"のタブを選択しましょう。

 

 

使用品リンク

使用している一覧を載せておきます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

Widgyはまだまだたくさんの機能が隠れています。ウィジェットを活用して、素敵なiPhone/iPadライフをしてみてはいかがでしょうか。

 

壁紙を変えたい場合はコチラを参考にしていただければ幸いです。

おすすめの無料壁紙アプリTOP5 | iPad/iPhone【おしゃれ!シンプル!高画質!】
【デザイナー選Top5】おすすめの壁紙アプリ | iPad/iPhone【おしゃれ/シンプル/高画質/無料】

続きを見る

 

以上です。

ありがとうございました。

-iPad, iPhone, アプリの使い方

© 2021 ZRデザインラボ