【デザイナー選】iPadでオススメ!お絵描き・イラストアプリ比較/まとめ/ランキング

お絵かき・イラストアプリ比較まとめ

こんにちは。
zrdesignlabo(@zrdesign)です。

『オススメ無料お絵描きアプリ』
についてお話できればと思います。

・iPadのお絵かきアプリってどれがオススメ?

・iPadイラスト初心者だけど、どれが初心者向け
?

・iPadのお絵かきアプリって有料版の方がいいの?

↑↑こんな方にオススメできる記事になっています。


我が家は、2人ともデザイナーのため、それなりにグラフィックツールに詳しいです。

 

また、今回の動画のために、
『8~10種ほど無料お絵描きアプリ』を試しています。


ですので、
信頼のある情報をお話しできるかと思います。

 

 この記事のポイント

①自分に合った、お絵かき/イラストアプリがわかる

②最新のお絵かき/イラストアプリがわかる

 

この記事の内容は動画でも解説してます。

 

 

第6位
AdobeSketch【アドビスケッチ】

第6位 Adobe Sketch

 このアプリはAdobe社が作っているアプリです。

 

・軽くスケッチしたいとき
・絵画系の絵を描きたいとき

上記のようなときに、使いやすいと思います。


油絵・水彩のペンが、実際に描いているような品質
です。

 

 

AdobeSketchがオススメな方

・初めてipadで絵を描く方
・スケッチがしたい方
・Adobeユーザーの方

 

AdobeSketchは、機能自体は少ないです。
ですが、逆に画面がスッキリ
しているため初心者にオススメです。

 

Adobe Sketchの画面

お絵描き・イラストアプリに慣れるには

いい感じのアプリだと思います。


また、Adobe社のPhotoshop・Frescoとも連携がとれるため、Adobeの有料アプリを使っている方にも向いているかなと思います。

 

 

スプリットビュー

AdobeSketchスプリットビュー

スプリットビューは使用可能です。
参考画像を見ながらお絵かきができます。

 

 

AdobeSketch
気になるポイント

①ジェスチャー機能の反応が鈍い

『ひとつ戻る』が『2本指のスライド』で起動します。
こちらの機能の反応が鈍く、誤描写がおきることが多々あります。

戻したいのに指で描いている状況になるため、少しストレスでした。

 

②ブラシの最小サイズがちょっと太い

どのブラシも最小サイズが太めのため、
細かい絵が描きづらかったです。

 

③漫画・コミック系のイラスト描くことには不向き

AdobeSketchは、機能が最小限になっています。
ここはしょうがないかもしれません。

 

④デザイン系の作品づくりには不向き

こちらも同様で、AdobeSketchはその名の通り『スケッチメインのアプリ』のため
デザイン系が不向きであるのは、しょうがないポイントです。

 

 

気になる点は以上4点です。

 

 

『スケッチすることがメイン』のようです。
作品を仕上げる場合は別のツールの方がよさそうですね。


例えば、AdobeSketchで軽く描いて、AdobePhotoshop等で仕上げるような流れが丁度良さそうです。

 

 

 

第5位
AdobeIllustratorDraw
【アドビイラストレータードロー】

AdobeIllustratorDraw

こちらもAdobeSketch同様、Adobe社が作っているお絵描きアプリです。

 

Adobe IllustratorDraw作品

上図のような
『コミック調キャラクター』
を描くことに向いていると思います。
機能数自体も最小限に抑えられているためシンプルで、かなりわかりやすいです。


初心者でも簡単に描くことができます。

 

 

AdobeIllustratorDrawがオススメな方

・初めてiPadでコミック系の絵を描く方
・PC版のAdobeIllustratorのユーザーさん

 

AdobeのPC版のIllustratorは、
パス(ベクターデータ)で描く感じですが、

このアプリは、筆で描きます。

 

AdobeIllustratorDrawの画面


描いたものは、自動でパスデータ化されるようです。
そのため、拡大縮小しても作品が荒れません。

 

◆パス(ベクターデータ)とは

『線と線で囲われたエリア』で描かれたデータです。
拡大縮小をしても画質が低下しない特徴があります。
ピクセルを単位としている、画像データ(jpg/png等)とは異なる形式のオブジェクトです。 

 

 

スプリットビュー

AdobeIllustratorDrawのスプリットビュー

スプリットビューは使用可能です。
参考画像を見ながらお絵かきができます。

 

 

AdobeIllustratorDraw
気になるポイント

①ラグが多い

作業中に止まったりすることが多い印象でした。

PC版でこのデータを見てみましたが、相当量のパスがあったので、それが原因かもしれません。

Adobe Illustrator Drawのラグの原因

 

②ジェスチャー機能の反応が鈍い

『ひとつ戻る』が『2本指のスライド』で起動します。
Adobe Sketch同様に反応が鈍く、誤描写がおきやすいです。

 

 

③パス自体の編集ができない

PC版のAdobe Illustratorではパスで描きます。


ですが、こちらのアプリは、
パス(ベクターデータ)自体の編集ができないです。
作品の細かい微調整ができないのは難点です。

 

パス(ベクターデータ)

 

 

④テキストを入力機能がない

テキストを入力するツールが見つかりませんでした。
※もしかしたら、見逃したのかもしれません。

 

⑤レイヤーマスク機能がない

こちらも機能として見つかりませんでした。
イラストを描くうえ、マスク機能は必要です。
※もしかしたら、見逃したのかもしれません。

 

 

気になる点は以上5点です。

 

 

AdobeIllustratorDrawは、PC版のIllustratorのとは全く違うものと考えて問題ないと思います。

その他にも下記のようなベンリな機能があります。

・Psd/pdfに書き出し可
・AdobeIDがあれば、PC版ですぐデータが開ける

他のAdobeアプリとの連携が、かなり強い印象でした。

 

AdobeIllustratorDrawデスクトップで開いた様子

PC版でデータを開いた様子です。

 

 

 

 

第4位
Autodesk SketchBook
【オートデスク スケッチブック】

 AutoDesk SketchBook

こちらは、3Dツールで有名なAutoDesk社のアプリです。

 

AutoDesk SketchBookイラスト


このアプリは上図のような、絵画系のデッサンがサクッと描けます。
正直、どのタイプの絵・イラストでも描けると思います。


理由としては、
ブラシの量も多く、機能が豊富だからです。
相当わたしはお気に入りです!


あまりストレスを感じずに描くことができます。

 

Autodesk SketchBookがオススメな方

・iPadで描くことに多少慣れている方
・絵画/コミック調等のイラストを描きたい方

操作面にクセがありますので、
iPadでのイラスト制作に多少慣れている方は問題ないと思います。

 

スプリットビュー

AutoDesk SketchBookスプリットビュー

スプリットビューは使用可能です。
参考画像を見ながらお絵かきができます。

 

Autodesk SketchBook
気になるポイント

①操作性が独特

AutoDeskSketchBookUI

他のアプリとは、少し違う操作性になっています。


例えば『ブラシの太さ』や『透明度の調整』は、ペン横のスクロールバーのようなところで調整します。

 

その他、『ひとつ前に戻す』のショートカットが画面のコーナーのダブルタップで起動します。


他のアプリとは、異なる操作感が気になります。

 

②ジェスチャー機能が3本指 

こちらも操作性についてのお話しですが、
『ひとつ前に戻す』等が3本指スワイプです。


絵を描いている際にもっとも使用する機能の一つが、
『ひとつ前に戻す』です。

その機能が3本指だと大変です。
他のアプリですと2本指タップのため、この点は気になります。

 

③スポイトツールが独特な位置

初めてこのアプリを操作したときに、スポイトツールが探せなかったです。

この機能は、画面中央下の小さいボタンをタップすると展開され、
スポイトツールが表示されます。


この辺も少し独特ですね。

 

④テキストは打てるけど、修正できない

テキストは追加はできますが、追加後の修正ができません。
※もしかしたら、見落としたのかもしれません。

 

気になる点は以上4点です。

 

AutoDesk SketchBookは
基本的に、素晴らしいアプリだと思います。


操作性と機能性を理解すれば、良アプリです!

 

 

 

第3位
Vectornator【ベクターネイター】

Vectornator

このアプリは、
単色系や幾何学系(きかがく)のイラスト制作に向いていると思います。

幾何学とは

丸や四角など図形のこと


また、パス(ベクターデータ)をメインに使うため、
デザイン制作・ロゴ制作にも向いていると思います。


パス(ベクターデータ)を使うならこのアプリが一番良いと思います。


PC版のAdobe Illustratorが好きな方は、このアプリを使用すれば問題なさそうです。

 

 

Vectornatorがオススメな方

・パス(ベクターデータ)で絵を描きたい方
・デザインラフを作成したい方
・Adobe Illustratorユーザーの方

このアプリは、正直に言いますと、
初心者には向いていないかなと思います。


理由として

・初心者にとっては、機能性が複雑
誤タップが圧倒的に多い

↑↑↑そのためストレスを感じやすく、
途中で嫌になってしまうアプリだと思ったからです。


グラフィックツールに慣れている私も、操作に少し苦戦しました。

 

 

スプリットビュー

Vectornatorスプリットビュー

スプリットビューは使用可能です。
参考画像を見ながらお絵かきができます。

 

 

Vectornator
気になるポイント

①操作にかなり慣れが必要な点

先ほどもお話ししましたが、
他のアプリと比較しても、誤タップが圧倒して多かったのはこのアプリです。

すごい機能性のアプリですが、慣れるまでの道のりが険しいです。

 

②UI(ボタンの配置)が独特

Vectornatorの独特なポイント

『シェイプの色・線・グラデーション』の調整がわかりづらいなと思いました。


また、選択ツールの横にでているボタンですが、


紙を重ねたマークのボタンが『選択したものを複製』

チェックマークのボタンが『グループ選択』

 

↑といった機能性が少し独特です。

 

 

気になる点は以上2点です。

 

 

Vectornatorはイラストだけではなく、デザイン系のテンプレートが入っています。
今後も期待できるアプリだと思います。


もし初心者で使いたいなぁと思われたならば
塗り・影・ボカシ・ブーリアン機能をふれながら、勉強する事をオススメします。

 

 

 

第2位
MediBang Paint
【メディバンペイント】

MediBang Paint メディバンペイント

言わずと知れた有名アプリです。
初心者もプロもこのアプリ使えば全く問題ないです。


特に初心者の方はこのアプリを、覚えて損はないと思います。


機能性・素材量・フォントの量が圧倒して多く十分すぎます!


また、フォントワークス社の文字が、デフォルトで入っていることが最高です。

 

MediBang Paintがオススメな方

・絵を描きたい方全般
・特に漫画を描きたい方

 

スプリットビュー

MediBangPaintメディバンペイント/スプリットビュー

スプリットビューは使用可能です。
参考画像を見ながらお絵かきができます。

 

MediBang Paint
気になるポイント

特にありません。笑
強いて言うならば↓↓

テキストに効果がほぼつけられない点

MediBang Paintメディバンペイント/文字アウトライン

テキストには、アウトラインは使用できます。

グラデーション ドロップシャドウ エンボス

・グラデーション
・ドロップシャドウ
・ベベルエンボス

上図のような機能があったら、
デザイン系も対応できますし、無敵ではないでしょうか。

 

 

有料版について

MediBangPaint(メディバンペイント)は有料版があり、
購入することで下記の機能が解放されます。

 

解放される機能

・端末に保存した画像を見れるウィンドウがでる
※スプリットビューいらずですね
・レイヤーのフォルダ管理が可能
・作品データのフォルダ管理が可能

上記の他にも、たくさんの機能が解放されますので、検討してもよさそうですね。 

 

他のツールとの互換性について

MediBang Paintメディバンペイント/書き出し形式

書き出しに、PSD(Photoshopデータ)など様々です。

他のツールとの互換性もありますね。

 

 

第1位
ibisPaint X
【アイビスペイント】

ibisPaint X

こちらも言わずと知れた有名アプリです。


MediBang Paint同様
初心者はこのアプリ使えば全く問題ないです。
むしろ覚えるべきです。


プロでもこのアプリで問題ないと思えるくらい品質が高いです。
機能性・素材量が圧倒的に多く素晴らしいです!

 

ibisPaint X/新規キャンバス
新規キャンバスは、たくさん規格が用意されており、
ツイッターのヘッダーなどsns系に必要な素材が、簡単に作れてしまいます。

 


ブラシ数は豊富ですが、すべては使えません。


ですが…

短時間の動画広告さえ見れば

一定時間!

何度でも!

ブラシを全て使えます!

ibisPaint X/ブラシ機能解放
厚塗り・コミック・漫画等も全部描くことができます。
ほぼ描くことに必要な機能がすべてそろっている感じです。

 

スプリットビュー

ibisPaint X/スプリットビュー

スプリットビューは使用可能です。
参考画像を見ながらお絵かきができます。

 

ibisPaint X
気になるポイント

こちらもほぼ皆無です。笑
画面のデザインがちょっと今っぽくないなぁくらい

強いて言うならばMediBang Paint同様↓↓↓

テキストに効果がほぼつけられない点

ibisPaint X/テキスト効果

テキストには、アウトラインのみ使用できます。

グラデーション ドロップシャドウ エンボス

テキストにグラデーション・ドロップシャドウ・ベベルエンボスなど
このような機能があったら最強です。

 

MediBang Paintとの違い

MediBang Paintとよく比較されるアプリですが、
なぜibis Paint X(アイビスペイント)が1位かと言いますと、

 

それは、書き出しの規格数』になります。 ibisPaint X/書き出し数

①png
②jpg
③mov(動画)
④クリスタ
⑤psd

上記が無料で描きだせるため、


もし今後
有料ツールに切り替えた場合

データを移行ができる点は
長期的に見て良いと感じたからです。


機能的な面の印象では、
MediBang Paintとは、ほぼ差はないかなぁと思っています。


フィルターやフォント数の豊富さがibisPaint Xは素晴らしいので、こちらも長期的な観点からおすすめです。
※商用可能のフリーフォントが豊富で自由にダウンロードできるため非常に便利です!

 
逆にMediBang Paintが、
ibisPaint Xに勝る点は『フォントワークス社の文字が使用できる点』になります。

 

ibisPaint Paintがオススメな方

・絵を描きたい方全般
・絵画・厚塗り系のイラストを多めに描く方
※漫画を描くことが多めならば、MediBang Paintがオススメです。

 

 

初心者はどのアプリからスタートすべき?

Adobe Sketch・Adobe Illustrator Drawで描いてみることをオススメします。
機能数は少ないですが、操作性がわかりやすくからです。


1~2枚絵を描いてみると良さそうです。


多少慣れてきたら、

『MediBang Paint(メディバンペイント)』
『ibisPaint X(アイビスペイント)』
『Autodesk SketchBook(オートデスクスケッチブック)』

↑↑等に移行して問題ないと思います。


最終的に何枚も描き

『もっと機能が必要』
『イラストで副業してみたい!』

っとなれば、
『クリスタ』等の有料アプリの検討をオススメします。 

 

 

Appリンク

AdobeSketch【アドビスケッチ】

apple.co

AdobeIllustratorDraw【アドビイラストレータードロー】

apple.co

AutodeskSketchBook【オートデスク スケッチブック】

apple.co

Vectornator【ベクターネイター】

apple.co

MediBangPaint【メディバンペイント】

apple.co

ibisPaintX【アイビスペイント】

apple.co

 

 

 

購入物リンク

購入している一覧を載せておきます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。


他にも調査したアプリがあったのですが、

・基本機能を使用するのに課金が必要
・ApplePencilとの相性がよくなかった

等の理由で、取り上げませんでした。


今回は、ランキング形式でお話ししましたが、


あくまでも、個人の見解です。
参考程度にしていただければと思います。


みなさんが
『自分にあったアプリを見つけるきっかけになれれば良いな』
っと思いこういった記事を記載をしました。

 

 

以上です。
つたない文章や誤った情報等ございましたら、ご容赦くださいませ。

よろしければ
zrdesignlabo(twitter) のフォローよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

記事公開日:2020年3月7日/記事更新日:2020年5月18日