【デザイナー視点】iPadは何に使う?できること・活用術についてまとめ【スマホ比較】

iPadは何に使う?できることについてまとめ

こんにちは。
zrdesignlabo(@zrdesign)です。

今回は、『iPadでできること』についてスマホと比較しつつ紹介していこうかと思います。

iPadって何に使うの?

・iPadはスマホとどう違うの?

・iPadって使い道がないんじゃない?

↑↑こんな方にオススメできる記事になっています。

 

 この記事のポイント

①iPadの長所がわかる

②iPadとスマホの違いがわかる

iPadを買うべきかどうかわかる

 

この記事の内容は動画でも解説してます。

 

【結論】iPadとスマホの差異

iPadとスマホの評価比較図

まず最初に
わたしたちの結論(上図)をだします。


使用目的がイラスト・動画編集・書類作成の方は、iPadの購入を検討しても良いかもしれませんね。


画面サイズ・ApplePencilを活用する場では、iPadにアドバンテージがあります。


こういった結論になった理由を知りたい方は、このままを記事をご覧ください。

 

この記事は

①生活編
②クリエイティブ編
③ビジネス編 

3部構成になっております。

 

今回の内容は、個人的な主観です。
読んでくださった、皆様と違う見解になるかもしれませんがご容赦ください。

 

 

iPadでできること・活用術①
生活編

まず、生活編でお話ししていきます。

電子書籍について

iPad活用『電子書籍』について

結論から言います


漫画はスマホがよく
文庫・雑誌はiPadがよいです。


これは

・漫画は文字数が少なく、絵で見せている点
・文庫/雑誌は文字数が多く、細かさがある点

上記のような
コンテンツに特徴があるためです。


漫画の場合
『移動時間・リビング・就寝時』などで読むのですが、


ポケットにいれられて、手軽さのあるスマホの方がよいです。


余談ですが
わたしは電子書籍(漫画)を2000冊以上購読しております。
そんなわたし体験談になります。

スマホ電子書籍 / 縦型マンガ

最近の漫画アプリ(ピッコマ等)は縦型の漫画も多く、上下にスワイプします。
この動作もスマホの方がラクで読みやすいです。

 

文庫・雑誌の場合は、iPadの方がよいですね。

iPadの方が実物の本に近いサイズのため、見やすいのは当たり前かもしれませんね。

iPad電子書籍 / 文庫・雑誌購読

ただ、ずっと手で持っているのは、それなりに負担があります。


リラックスできる、リビング・デスク前で読む事が多いです。
※ちなみに楽天koboを愛用しております。

 

現状感じている点としましては、スマホでの書籍購読の方が多いです。
これは軽さでスマホの方にアドバンテージがあるためだと思います。


客観的にみれば、iPadの方がコンテンツが見やすくてよいのかもしれません。


わたしの場合、漫画を読む機会が多いため


電子書籍は、スマホの方が優位かなっと感じてしまいました。
※ここは個人差が大きいかもしれませんね

 

 

動画鑑賞について

iPad活用『動画鑑賞』について
スマホでも動画や映画を十分楽しめますが、iPadの方が大画面で見やすいです。


スタンドつきのケースを活用すれば、様々な場所で動画を楽しむことができます。


わたしたちが、よく利用するアプリは『Tver・Youtube・アマゾンプライム・Netflix』です。

iPadで活用するアプリ『Tver・Youtube・アマゾンプライム・Netflix』
アマゾンプライム・Netflixは、動画を事前にダウンロードすれば、ネット環境がなくても大画面で再生できるので便利です!

 

家にはTVもあるのですが、結局自分で見たいコンテンツを選べる動画アプリを多く利用します。


電車内など状況で動画を見る場合は、スマホの方が良いです。


ですがiPadの場合
端末からの距離があっても見れます。
大きいアドバンテージですね。

 

 

ゲームについて

iPad活用『ゲーム』について
ゲームはジャンルに左右されます。


片手操作重視のパズルゲームは、スマホの方がサクっとプレイできます。


キャラゲーも同じく片手で周回イベントができてしまうので、スマホの方がよいかもしれません。

片手操作のパズルゲームはスマホ優位

『スワイプ・繰り返す操作が多い』ゲームはスマホの方が良いと思います。


手が疲れないためです。

 


ハイエンドのゲームや、『フォートナイト・PUBG等』はiPadの方が良いと思います。
iPadの方が大画面で迫力があるからです。

iPad『フォートナイト・PUBG』

iPad活用 音ゲー

音ゲーなどもタップのしやすい、iPadの方が良いかもしれませんね。

 

iPadでできること・活用術②
クリエイティブ編

つぎに、クリエイティブ編のお話しをしていきます。

デザイン・イラスト制作について

iPad活用『デザイン・イラスト制作』についてこれはiPadが圧倒しています。

iPadとApplePencilの相性が良いです。
良すぎます…


スマホ(iphone)とタッチペンで描いたみたのですが、メモがギリギリ…かなっと感じました。

スマホ(iphone)・タッチペン・クリスタで描く

その時の記事はこちら

www.zrdesignlabo.com

 

おすすめアプリですが、

イラストアプリ
・アイビスペイント(無料)
・プロクリエイト(有料)

デザインアプリ
・AffinityDesigner(有料)

iPadのオススメアプリ / アイビスペイント・プロクリエイト・AffinityDesigner

特に『AffinityDesigner』が本当に便利です。


いろんなアプリを触りましたが、テキストにここまで効果が綺麗につけられるのは珍しいです↓↓※初心者が操作を覚えるのは相当難しいかもしれません

iPadで文字デザイン / AffinityDesigner

AffinityDesignerは、PC版AdobePhotoshopとほぼ変わらない機能性です。
デザインをやるなら、このアプリがあれば問題なさそうですね。

 

また、スマホと比較して大きく違う点の一つが、『iPad専用OS』です。

iPadでスプリットビューができる

スプリットビューで開きながら、別アプリで検索ができます。
ドラッグアンドドロップもできるのもよいですね。

 

 

動画編集について

iPad活用『動画編集』について
こちらもiPadが圧倒しています。
スマホでもできますが、画面が小さいので難しいですね。


iPadで大画面で編集した方が、細かい作業もできて品質が上がります。


おすすめアプリは、

・Adobe Premiere Rush
・LumaFusion

iPad動画編集アプリ / Adobe Premiere Rush ・LumaFusion

本格的にエフェクトをいれたり、演出をつける場合はPCの方がよいです。

iPadで動画編集中

 ただ、iPadでもお手軽に動画は作れるのでオススメです。

 

 

iPadでできること・活用術③
ビジネス編

最後に、ビジネス編のお話しをしていきます。

ビデオ通話・会議について

iPad活用『ビデオ通話・会議』について

テレワークで、Zoom等のアプリを使用してMTGをしております。


その時に感じた事ですが、
スマホよりもiPadの方が断然オススメです。

 

・スタンドをつければ簡単に固定できる点
・大画面で相手サイドが見える点

上記2点が大きいメリットです。


最近はPCで仕事しつつ、サブモニター代わりにiPadでZoomをしております。

iPadをサブモニター代わりに使用 / Zoom

余談ですが、家族とのビデオ通話等で
iPad利用すると、大画面で顔を見れるのは安心しますね。
スマホでも全然問題ないですが

 

 

書類作成について

iPad活用『書類作成』について

こちらもiPadが圧倒しています。


理由としては、
スマホは細かい字を描く事が不向きだからです。


スマホでもキーボードをつければ文字は打てますが、


iPadはキーボードとマウスもつけられるので
PCライクに使用する事もでき、プラスして手描きでメモもできます。

 

メモアプリとApplePencilを使用すれば
議事録・メモ・ノート作りなど簡単に作成できます。

iPadで議事録・メモ・ノート作りに使用

さらにクラウドと連動すれば、
スマホでも確認ができるため便利です。


一番は、ペーパーレスが進む点ですね。


個人的には、Googleスプレッドシートをよく使用するのですが、マウスがあれば操作性には問題がおきないですね。

 

 

iPadでできること・活用術③
注意点

iPadはPCに代わりにはならない

最後に1点注意したいことがあります。
iPadをPCの代わりとしての購入はしない方がよいです。


iPad専用のOSになりましたが、PCほどの操作性・データの管理・安定性は無いかなっと思います。


マウス・キーボードをつけても難しいです。


iPadのコスパは良いですが、
PCはしっかりしたものを購入することをオススメします。

 

 

使用品リンク

使用している一覧を載せておきます。

 

 

 

以上です。

 

よろしければ
zrdesignlabo(twitter) のフォローよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

記事公開日:2020年6月19日/記事更新日:2020年6月19日