【スマホ比較】iPadは何に使う?できること・活用術【生活/仕事/クリエイティブ編】

iPadは何に使う?できることについてまとめ

こんにちは。
zrdesignlabo(@zrdesign)です。

『iPadでできること』『生活での活用方法』について、スマホと比較しつつ紹介していこうかと思います。

iPadって何に使うの?

・iPadはスマホとどう違うの?

・iPadって使い道がないんじゃない?

・iPad欲しいけど…大きいスマホじゃないの?

↑↑このような方にオススメできる記事になっています。

 

 

 この記事のポイント

①iPadの生活での活用方法がわかる

②iPadとスマホの違いがわかる

iPadを買うべきかどうかわかる

 

この記事の内容は動画でも解説してます。

 

【結論】iPadとスマホの差異

iPadとスマホの評価比較図

まず最初に
わたしたちの結論をだします(上図)


使用目的が『イラスト・動画編集・書類作成』の方は、iPadの購入を検討しても良いかもしれませんね。


画面サイズ・ApplePencilを活用する場では、iPadにアドバンテージがあります。


そもそもiPadでできる事はスマートフォン・PCでもできました。
ですが、iPadOSが開発され、どんどん進化したことにより、iPadにしかできない価値がわたしたちの生活に生まれてきました。


そういった経緯もありこのような結論に至りました。

 

この記事は

①生活編
②クリエイティブ編
③ビジネス編 

3部構成になっております。

 

内容は、個人的な主観です。
iPadはユーザーさんのライフスタイル・職業によって色んな使い方があると思います。


読んでくださった、皆様と違う見解になるかもしれませんがご容赦ください。

 

iPadでできること・活用術①
生活編

まず、生活編でお話ししていきます。

電子書籍について

iPad活用『電子書籍』について

結論から言います


漫画はスマホがよく
文庫・雑誌はiPadがよいです。


これは

▼漫画
文字数が少なく、絵で見せている点

▼文庫/雑誌
文字数が多く、細かさがある点

上記のような
コンテンツに特徴があるためです。


余談ですが
わたしは電子書籍(漫画)を2000冊以上購読しております。
そんなわたし体験談になります。


漫画の場合
『移動時間・リビング・就寝時』などで読むのですが、ポケットにいれられて、手軽さのあるスマホの方がよいです。

スマホ電子書籍 / 縦型マンガ

最近の漫画アプリ(ピッコマ等)は縦型の漫画も多く、上下にスワイプします。
この動作もスマホの方がラクで読みやすいです。

 

文庫・雑誌の場合は、iPadの方がよいですね。

iPadの方が実物の本に近いサイズのため、見やすいのは当たり前かもしれませんね。

iPad電子書籍 / 文庫・雑誌購読

ただ、ずっと手で持っているのは、それなりに負担があります。

 

▼iPadの大きさと重さ

  画面サイズ 大きさ 重さ
iPadPro 12.9inch w21cm×h28cm 641g
iPadPro 11inch w18cm×h25cm 471g
iPadAir 10.5inch w17cm×h25cm 456g
iPad(無印) 10.2inch w17cm×h25cm 483g
iPadmini 7.9inch w13cm×h20cm 300g

※幅高さはおおよそです。
※重さはWifiモデルを表示しています。

 


リラックスできる、リビング・デスク前で読む事が多いです。

 

現状感じている点としましては、スマホでの書籍購読の方が多いです。
これは軽さでスマホの方にアドバンテージがあるためだと思います。


わたしが所有しているiPadは483gありますので、iPadminiでしたら300g程度ですので電子書籍向きかもしれません。


わたしの場合漫画を読む機会が多いため、電子書籍はスマホの方が優位かなっと感じてしまいました。
※ここは個人差が大きいかもしれませんね


紙の本しか読まれていない方は
ぜひお手持ちのスマホでもいいので、電子書籍を試していただきたいです。
あなたの生活が変わりますよ。

 

▼オススメ電子書籍アプリ

LINEマンガ

LINEマンガ

  • LINE Corporation
  • ブック
  • 無料
ピッコマ

ピッコマ

  • Kakao Japan Corp.
  • ブック
  • 無料
ゼブラック

ゼブラック

  • SHUEISHA Inc.
  • ブック
  • 無料

apps.apple.com

 

 

 

動画鑑賞について

iPad活用『動画鑑賞』について
スマホでも動画や映画を十分楽しめますが、iPadの方が大画面で見やすいです。


スタンドつきのケースを活用すれば、様々な場所で動画を楽しむことができます。


わたしたちが、よく利用するアプリは『Tver・Youtube・アマゾンプライム・Netflix』です。

iPadで活用するアプリ『Tver・Youtube・アマゾンプライム・Netflix』
アマゾンプライム・Netflixは、動画を事前にダウンロードすれば、ネット環境がなくても大画面で再生できるので便利です!

 

家にはTVもあるのですが、結局自分で見たいコンテンツを選べる動画アプリを多く利用します。


電車内など状況で動画を見る場合は、スマホの方が良いです。


ですがiPadの場合
端末からの距離があっても画面サイズが大きいので見れますね。
大きいアドバンテージです。


最近ではU-Next・パラビ・Huluなど月額で、ドラマ映画が見放題のVODアプリがたくさん増えてきました。
iPadでこれらを登録すると、見たいものが選び放題で忙しいです笑

 

動画を見ながら料理

iPadをキッチンのスペースにおいて、レシピ動画・サイトを見ながら料理が作れます。これはスマホだと画面サイズ的に難しいです。


iPadならではの使い方かなっと思います。
※水跳ねには注意です。


またiPadの場合、レシピサイトが大画面で見れるためスクロールせずに一画面でみれます。

動画見ながらマルチタスク

iPad 活用術 動画見ながらマルチタスク
※最大3画面が起動できます。2動画同時視聴はできませんでした。

iPadOSならではの『ピクチャ・イン・ピクチャ』機能を使用すれば、ネットフリックスで動画使用しながらネットサーフィンができたり、別のアプリを起動できます。


▼オススメ動画アプリ

YouTube

YouTube

  • Google LLC
  • 写真/ビデオ
  • 無料
Amazon プライム・ビデオ

Amazon プライム・ビデオ

  • AMZN Mobile LLC
  • エンターテインメント
  • 無料
Netflix

Netflix

  • Netflix, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

apps.apple.com

 

 

 

ゲームについて

iPad活用『ゲーム』について
ゲームはジャンルに左右されます。


片手操作重視のパズルゲームは、スマホの方がサクっとプレイできます。


キャラゲーも同じく片手で周回イベントができてしまうので、スマホの方がよいかもしれません。

片手操作のパズルゲームはスマホ優位

『スワイプ・繰り返す操作が多い』ゲームはスマホの方が良いと思います。


手が疲れないためです。

 


ハイエンドのゲームや、『フォートナイト・PUBG等』はiPadの方が良いと思います。
iPadの方が大画面で迫力があるからです。

iPad『フォートナイト・PUBG』

iPad活用 音ゲー

音ゲーなどもタップのしやすい、iPadの方が良いかもしれませんね。

 

 

 

SNSについて

iPadとスマホの評価比較図 SNS

SNSは互角かなっと思いました。
慣れによって意見は変わりそうです。


SNSは基本的にスマホ(iPhone)での使用頻度が高いです。

iPadの方が見やすい上に、複数のSNSが起動できるので便利なはずですが、慣れていないためか少し違和感を感じました。

iPadでSNS活用術
ただiPadはスプリットビューというマルチタスク機能を使用できます。
ですので図のようなTwitter(左)・FaceBook(右)の同時使用が可能です。

 

 

iPadでできること・活用術②
クリエイティブ編

つぎに、クリエイティブ編のお話しをしていきます。

デザイン・イラスト制作について

iPad活用『デザイン・イラスト制作』についてこれはiPadが圧倒しています。

iPadとApplePencilの相性が良いです。
良すぎます…

 

イラスト・漫画制作

イラストアプリがとても充実しています。
『これが無料なの?』っと何回も思ったことがあります。


多機能で有料と大きな差はないと思うレベルです。


以前、スマホ(iphone)とタッチペンで描いたみたのですが、メモがギリギリ…かなっと感じました。

スマホ(iphone)・タッチペン・クリスタで描く

その時の記事はこちら

www.zrdesignlabo.com

 

デザイン制作・画像加工

iPadはイラストだけではなくデザインの制作も可能です。
特に『AffinityDesigner』が便利です。


いろんなアプリを触りましたが、テキストにここまで効果が綺麗につけられるのは珍しいです↓↓※初心者が操作を覚えるのは相当難しいかもしれません

iPadで文字デザイン / AffinityDesigner

AffinityDesignerは、PC版AdobePhotoshopとほぼ変わらない機能性です。
デザインをやるなら、このアプリがあれば問題なさそうですね。

 

iPadでスプリットビューができる

またiPadOSならばスプリットビューでイラストアプリを開きながら、別アプリも使用可能です。ドラッグアンドドロップで参考画像を表示できるのもよいですね。

 

iPad活用術イラスト・ポスター・グラフィックデザイン・SNSの素材づくり

イラスト・ポスター・グラフィックデザイン・SNSの素材づくりなどは、iPadならサクッとつくれます。これは大きなメリットですね。

 

▼オススメのイラスト・デザインアプリ

アイビスペイントX

アイビスペイントX

  • ibis inc.
  • エンターテインメント
  • 無料
メディバンペイント

メディバンペイント

  • MediBang inc.
  • エンターテインメント
  • 無料
Procreate

Procreate

  • Savage Interactive Pty Ltd
  • グラフィック/デザイン
  • ¥1,220
Affinity Designer

Affinity Designer

  • Serif Labs
  • グラフィック/デザイン
  • ¥2,440

apps.apple.com

 

 

動画編集について

iPad活用『動画編集』について
こちらもiPadが圧倒しています。
スマホでもできますが、画面が小さいので難しいですね。


iPadで大画面で編集した方が、細かい作業もできて品質が上がります。


おすすめアプリは、

・Adobe Premiere Rush
・LumaFusion

iPad動画編集アプリ / Adobe Premiere Rush ・LumaFusion

iPadで動画編集中

本格的にエフェクトをいれたり、演出をつける場合はPCの方がよいです。
iPadはお手軽に動画は作れるます。

 

動画編集についての注意点

動画編集のためにiPadを購入する場合は、iPadPro・iPadAirを選びましょう。
また、ストレージ(容量)は256GB以上のモデルを購入しましょう。

▼理由

・相当量の容量が消費される
・スペックの高いモデルでないと編集時にフリーズしてストレスを感じる

 

もしもiPadの全モデル比較が知りたい場合はコチラ

 

▼オススメの動画編集アプリ

Adobe Premiere Rush: 動画作成 & 編集

Adobe Premiere Rush: 動画作成 & 編集

  • Adobe Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料
LumaFusion

LumaFusion

  • Luma Touch LLC
  • 写真/ビデオ
  • ¥3,680

apps.apple.com

 

 

 

iPadでできること・活用術③
ビジネス編

最後に、ビジネス編のお話しをしていきます。

ビデオ通話・会議について

iPad活用『ビデオ通話・会議』について

テレワークで、Zoom等のアプリを使用してMTGをしております。


その時に感じた事ですが、
スマホよりもiPadの方が断然オススメです。

 

・スタンドをつければ簡単に固定できる点
・大画面で相手サイドが見える点

上記2点が大きいメリットです。


最近はPCで仕事しつつ、サブモニター代わりにiPadでZoomをしております。

iPadをサブモニター代わりに使用 / Zoom

余談ですが、家族とのビデオ通話等で
iPad利用すると、大画面で顔を見れるのは安心しますね。
スマホでも全然問題ないですが

 

▼オススメのビデオ通話アプリ

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings

  • Zoom
  • ビジネス
  • 無料
LINE

LINE

  • LINE Corporation
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

apps.apple.com

 

 

書類作成について

iPad活用『書類作成』について

こちらもiPadが圧倒しています。


理由としては、
スマホは細かい字を描く事が不向きだからです。


スマホでもキーボードをつければ文字は打てますが、


iPadはキーボードとマウスもつけられるので
PCライクに使用する事もでき、ApplePencilで手描きでメモもとれます。

 

メモ・ノートまとめ

メモアプリとApplePencilを使用すれば
議事録・メモ・ノート作りなど簡単に作成できます。

iPadで議事録・メモ・ノート作りに使用

さらにクラウドと連動すればスマホでも確認ができるため便利です。
一番は、ペーパーレスが進む点ですね。

インスタントメモ機能

今すぐメモをとりたい場合
ロック画面でApplePecilでタップするとメモが起動します。(インスタントメモ機能)

 

メモとApplePecilの親和性はどんどん進化しています。

 

ノートまとめ最強アプリ

iPad定番ノートアプリ GoodNotes

ノートアプリで、用紙・ペンの種類・画像貼り付けなど多機能な操作をおこないたい場合は、GoodNotesというノートアプリが定番です。


自分だけのノートを作れる良アプリです。

 

プレゼンテーション

iPadで資料作成 KeyNote

iPadではプレゼンテーション用の資料も作成できます。
デフォルトでKeynoteがインストールされているので、おしゃれなプレゼン資料が簡単にできてしまいます。


Keynoteを使用しなくても
Googleアカウントがあれば、Googleスライドも使用できます。
資料作成にPCとパワーポイントが必須な時代は変化しつつありますね。

 

個人的には、Googleスプレッドシートもよく使用するのですが、マウスがあれば操作性には問題がおきないですね。

 

 

iPadでできること・活用術③
iPadはPCの代わりにならない

iPadはPCに代わりにはならない

最後に1点注意したいことがあります。
iPadをPCの代わりとしての購入はしない方がよいです。


iPad専用のOSになりましたが、PCほどの操作性・データの管理・安定性は無いかなっと思います。


マウス・キーボードをつけても難しいです。


たまに動画編集のために、MacBookを購入したがiPadProにすればよかったと後悔されている方がいます。


ですが動画編集やるならば、PCの方が生産性ははるかに上だと思います。
マルチタスクもPCの方がラクですね。

 

iPadは色々できる幅が広がりましたが、事務作業に向いていると思います。
手軽に持ち運びができ、資料の作成・資料のチェック・メール確認などができるからです。


iPadのコスパは良いですが
あくまでもサブ機ではないかなっと思います。
PCはしっかりしたものを購入することをオススメします。

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
iPadはOSの進化により、あたらしい価値がどんどん生まれてきています。


生活における活用術はまだまだたくさんあると思います。
ご興味があればぜひ店頭にいって触れてみたり、購入してみてはいかがでしょうか。


せっかく興味があるのに
買わない事は機会損失かもしれません。

 

使用品リンク

使用している一覧を載せておきます。

 

 

以上です。

 

よろしければ
zrdesignlabo(twitter) のフォローよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

記事公開日:2020年6月19日/記事更新日:2020年8月22日