【おすすめ漫画】デッドマウント・デスプレイ1~4巻の感想/レビュー【電子マンガ中毒日記/累計1,957冊目】

f:id:zrdesignlabo:20191206223429p:plain

「電子マンガ中毒日記」は、総購入数2000冊突破前に向けて、カウントダウンしながらオススメの漫画を紹介していくブログです。

・これからきそうな漫画を読みたい!
・流行りの漫画を読みたい!
・定番/王道よりも、少し外したものを読みたい!

↑↑こんな方にオススメできる記事になっています。

 

先に、第1話の試し読みをしたい方はコチラです。

 

 

電子書籍購入総数:1957冊目

購入記録:
・楽天kobo 1001
・Renta     914冊
・LINEマンガ 18冊
・ピッコマ  27作

 

 

今回のマンガ『デッドマウント・デスプレイ』

タイトル:デッドマウント・デスプレイ

著者:成田良悟(原作)、藤本新太(作画)

magazine.jp.square-enix.com

 

 

 

『デッドマウント・デスプレイ』3つのポイント

要点1

異世界を窮地に追いやった「死霊使い(ネクロマンサー)」が現代「新宿」に転生し、前世で得られなかった「平穏な生活」を手に入れようとする作品です。

 

要点2

名作「バッカーノ!」の漫画版製作コンビが再びタッグを組んだ作品です。


原作の小説家『成田良悟さん』は、大人気作品「デュラララ!!」を手掛けた方で、本作のストーリーも物語が交差し合い大変読み応えのある作品になっています。

 

要点3

登場するキャラクターは「伝説の殺し屋」「裏を牛耳る情報屋」「クセのある警察官」など魅力的でドラマに溢れています。


さらに「転生した死霊使い」は、現代では一時的に「命を何者かに狙われている大金持ちの少年」の身体を借りているため転生した時点からピンチなのです。


死霊使いと少年の両方の事情が、本作をより面白くしています。

 

 

 

感想『ネタバレあり』

第一話のはじまりでは、世界は窮地に陥っており、その原因は厄災「屍神殿」の「死霊使い」(下図左)とされています。

この「死霊使い」に立ち向かう屈強な青年は「シャグルア様」(下図右)と呼ばれ周囲から世界を救うことを期待されています。

f:id:zrdesignlabo:20191201230435p:plain

「死霊使い」と「シャグルア」の闘いの最中に、「死霊使い」の術式が発動し辺りは光に包まれます。

その後、意識を失い目を覚ますと、現代に転生しているのです。

f:id:zrdesignlabo:20191201232135p:plain

ここまで読み進めて、勇者のような位置づけの「シャグルア」が異世界転生したのかなと思っていました。

しかし、本作のタイトルは「デッドマウント・ディスプレイ」です。
(VR機器「HMD(ヘッドマウントディスプレイ)」が由来なのかな)
そのため、「死の視界」を持った人物が話の主軸になります。

つまり、現代に転生したのは………。
ここの展開には正直驚き、夢中になりました。

この後の展開も意外なことの連続なので、ぜひ、、ぜひとも読んでほしいです。

めちゃくちゃ面白い。。

 

 

 

『デッドマウント・デスプレイ』の推しコマ紹介コーナー

1~4巻まで読んで見悶えた、個人的推しコマを紹介します。

 

①サメのぬいぐるみのキャラがとにかくかわいい
時たま入る小カットの描写が最高です。

f:id:zrdesignlabo:20191201225002p:plain

f:id:zrdesignlabo:20191201224958p:plain

f:id:zrdesignlabo:20191201232128p:plain

随所に、かわいいサメが登場します。
IKEAのサメのぬいぐるみが好きな人にオススメしたい作品です。

www.ikea.com

 

②お金が好きなシャーペンさんがかわいい
好きすぎて自分の体にお札を巻き付ける姿が面白くて好きです

 f:id:zrdesignlabo:20191201233506p:plain

意思を持った筆記用具なんて好きにならざる負えない。。圧倒的無力!!

 

 

 

『デッドマウント・デスプレイ』試し読みリンク

第1話の試し読みはこちらです。

magazine.jp.square-enix.com

デッドマウント・デスプレイには他にも、ドツボにはまるクセの強いキャラクターがたくさんいるので、是非読んでほしいです。


それぞれのキャラクターが生き生きとしてる素敵な作品です。

 

 

以上です。
よろしければ
zrdesignlabo(twitter)
フォローよろしくお願いいたします。
記事公開日 : 2019年12月2日/記事更新日 : 2020年02月08日